Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>
渋谷店おすすめワイン
こんにちは!

渋谷店おすすめワインです。
今週はこちら‥


2009
Chateauneuf-du-pape Les Cailloux / Andre Brunel
シャトーヌフデュパプ レ カイユ/アンドレ・ブルネル
ボトル¥8700


ドメーヌの歴史は250年以上ある南ローヌの老舗ドメーヌ
A.ブルネル氏が1971年から父親の仕事であるワイン
造りに参加するようになってからワインの評価をメキメキ
あげて、今では南ローヌを代表する生産者の一人になりました。

2009年は今世紀入って指折りの素晴らしい年ですが、
A・ブルネル氏は上級キュべの「サントネール」をあえて
造らなかったためこのスタンダードキュべ「レ・カイユ」に
ブレンドしています。
そのため過去最高評価だった2007年の「レ・カイユ」を
遥かに凌駕するワインに仕上がっています。

某世界的ワイン評論家もこのワインをスタンダードキュヴェ
では考えられない95点と高い評価を付けています。

完熟したプラム、ブラックベリー、カシスにナツメグや黒胡椒
などのスパイスや甘いハーブが食欲をそそります。
かなり強い果実味ながらタンニンなシルキーでなめらか
とても力強いエネルギッシュなワインですが、味わいのバランス
が取れているのでスタイリッシュで上質なワイン。

ワイン単体でも充分楽しめますが、ジビエなどの肉料理に
合わせたら最高です。是非この機会にお試しください!!


渋谷店蔵原


限定!!イノシシ登場☆
肉食女子必見びっくり

限定!お勧め料理☆☆

長崎対馬から木の実をたーくさん食べた
イノシシ肉が届きました!!

5皿限定です!!



対馬産イノシシ肉とあんぽ柿のロースト
カカオ風味の赤ワインソース 3,150円

猪は豚の祖先と言いますが、
この赤身の色はどう見ても豚とは別物!!

さらにおいしいところは脂身豚

ドングリなどの木の実をたくさん食べているので
猪の脂は焼くとナッツ系の甘い香りとコクが広がります。

原種にとても近いと言われるイベリコ豚を
更に濃厚にした味わい。

イノシシのナッツの様な香ばしさに
蜜のような甘みを持つ干し柿と
カカオのビターなコクを加えた濃厚赤ワインソースを合わせて。

豚の原種。

イノシシ肉の濃密な味わいをこの機会に!!

肉食女子
タカギ豚








冬の人気メニュー!
  • 2013.01.28 Monday
  • -
  • 11:43
  • -
  • -
  •  
★渋谷店情報★

みなさん、こんにちは。渋谷店草食男子ストウです。

今日は、冬の人気メニューを紹介したいと思います楽しい


大根のポートワイン煮 ウズラのあんかけ グランマニエ風味 ¥1,050-

毎年沢山のお客様からご好評頂いている、シノワの冬の風物詩とも言える定番料理です!

3時間以上ポートワインでじっくり煮込み、芯まで味のしみ込んだ大根は濃厚な味わいで、ワインとの相性も良く、ついついグラスに手を伸ばしてしまいます楽しい

こちらの料理のマリア―ジュワインはニューワールドのピノノワール種の赤ワインです。中でもおススメなのが、カリフォルニアのオーボンクリマが造るトップキュべの「イザベル」です。エレガントで上品な香り、木苺のような果実味、柔らかい酸味が大根の風味をより広げ、グランマニエの風味と合わさって料理の味わいを引き立てます拍手

まだ召し上がった事のない方も、ファンの方も是非シノワでご賞味下さい!








カリフォルニアのピノノワール
1月27日の渋谷店サンデースペシャルワインは!!

2009 フラワーズ・キャンプ・ミーティング・リッジ・ピノ・ノワール
2007 パッツ&ホール・ピゾーニ・ヴィンヤード・ピノ・ノワール

2Glass SET (60cc) ¥ 3,150


今回はカリフォルニアのピノ・ノワールを代表する2本をご用意しました。
フラワーズはソノマコーストを一躍有名にした生産者です。
中でもキャンプ・ミーティング・リッジというカリフォルニアの銘醸畑です。

パッツ&ホールは自社畑こそ持たないワイナリーですが、その分醸造に力を入れてる生産者です。
中でもゲイリー・ピゾーニ所有のピゾーニ・ヴィンヤードの買いブドウで造ったワイン
このピゾーニ・ヴィンヤードですが、一流の生産者ではないとブドウを売らないという、
特異な所有者です。このワインを造れることは非常に名誉なことでもあります。

カリフォルニアの最高の銘醸畑のピノ・ノワール!!
この機会逃せませんよ

イベリコ豚・ベジョータ登場!!
渋谷店・肉食女子部より耳より情報ですひらめきひらめき

コース料理でお選びいただける
メインディッシュ・本日の豚肉のロースト
今回の豚肉はこちらです!

スペイン産イベリコ豚ベジョータ



豚肉の花がた、イベリコ豚の登場です星

生ハムで有名なイベリコ豚、
きっとワインのお供にお好きな方も多いはず♫
ベジョータ=どんぐりを意味する最高ランク
渋谷店ではご用意しております☆
イベリコ豚はどんぐりを食べて育つ豚、
というイメージが強いですが、
実は、特有の飼育法とランクづけがあります豚

スペイン、イベリア半島の黒豚、イベリコ豚は
成長するのがとにかく遅い豚です。
他の豚の何倍もの飼育期間を必要とします。
秋〜冬にかけては、モンタネラという
放牧期間があり、イベリコ豚の品質を決める
大事な時間となりますニコニコ
イベリコ豚はこの期間に、樫の森で
1日になんと10kgものどんぐりを食べるそう!
そして半年で50kgほど増量し、
大きく大きく育ちます。
このように天然の食物のみを食べ、
モンタネラで60%以上増量した豚が
正式にベジョータにランクづけされます。
その数は全体の僅か2%ほどとのこと豚豚

どんぐり由来の良質なオレイン酸を含み、
滑らかで芳香な肉質のイベリコ豚☆
広大なスペインの原生林、
ダイナミックな自然環境が生み出す味わいです。

直球勝負のこちら一皿、
シンプルにマスタードを添えたスタイルに
仕上げていますディナー
ぜひ、ひと口ソースレスでお楽しみくださいパクッパクッ

フクオカ



渋谷店オススメワイン
こんにちは!

今週の渋谷店オススメワインのご紹介です。


今回はイタリアからの一本。



テヌータ デッレ テッレ ネーレ グアウディオーラ
ボトル ¥9600−


長年モダンバローロの造り手を束ねてきたグラツィア兄弟が自ら畑を購入し立ち上げたワイナリー。
イタリアでも屈指のテロワールを持つといわれるシチリア、その中でも最高の土地を求めた結果エトナ山の北方斜面に位置する畑に出会いました。

この土地はフィロキセタに犯されていない非常に樹齢の高いブドウの樹を見つけることのできる唯一の土地でした。
またエトナ山の50万年以上に渡る噴火活動の結果多様で特殊な土壌を得たこの一帯は、ブルゴーニュ地方によく似た畑の特徴が顕著で、筋肉質のワインが多い他地域とくらべてもすばらしいフィネスを持ったワインを産出できるのです。

グラツィア兄弟はそのテロワールを最大限に生かしたワイン造りを目指しています。

そんなテッレネーレが造る、単一区画のグアウディオーラ。
標高の高い区画より造られるこちらのワインは、フレッシュな赤い果実に、繊細でみずみずしい味わい。
細身ではあるが、優美な印象。
塩っぽさがこの畑の特長です。


これから、「エトナ ボーイズ」が一大旋風を巻き起こすであろう、エトナ。

是非、シノワ渋谷店にてお楽しみください!


渋谷店 林


厚岸のカキ!!
★ シノワ渋谷店 ★

ホッとするHOTな1品♪

厚岸カキと銀杏 ほうれん草のグラタン
1,470円

カキといえば。
北は北海道から南は長崎県まで至るところで収穫されて
いて、まさに日本を代表する味覚と言えますね(*^^*)
今回、海の幸が豊富な北海道の
厚岸(あっけし)カキを使用したグラタンの登場っひらめき

厚岸のカキは、
身をより成長させる為に厚岸湾へ。
成長したカキを、より美味しくさせるために厚岸湖へ。

なぜ、この様な工程をとるかと言うと。
厚岸湾は餌となるプランクトンが豊富で、
カキの身がプックリと成長します。
そして、厚岸湖は上流にある豊かな森や湿原から豊富な栄養分が
含んでいます。また淡水が混ざっている為、塩分が低いんです。
そのため、塩辛さ・磯臭さが抜け味がマイルドになります。

この手間ヒマかけられる作業が
厚岸のカキを育てる時の最大の特徴拍手

そして、グラタンのベシャメルソース!!
このソースの中に、卵黄 + パルメザンチーズを合わせた
モルネイソースをたっぷりとかけ、オーブンに入れます☆
よりクリーミー感や、コクを出してくれるキ・メ・テときめき

オーブンから出たアツアツの状態で
すばやくご提供いたします〜GO!
まだまだ寒い日が続きますが、
渋谷店で温まる一品をどうぞ♪


オガタ

黒トリュフの香り高い誘惑♪
シノワ銀座店にフランス産黒トリュフが入荷しました♪
フランスの黒トリュフは今が旬!

奥久慈の卵に香りを移して・・・


黒トリュフを贅沢に使用したオムレツの出来上がりです♪
ソースももちろん黒トリュフ入りのペリグーソース
写真で香りをお伝えできないのが残念なくらい、
黒トリュフの香りが豊かに立ち上がります!

★フランス産黒トリュフのオムレツ ¥3150★

冬の味覚の黒トリュフを香り豊かに楽しめます♪

バローロ頂上決戦
1月20日の渋谷店サンデースペシャルワインは!!

2006 バローロ・カシーナ・フランチャ(G・コンテルノ)
2006 バローロ・ブルナーテ(R・ヴォエルツィオ)

2Glass SET(60cc) ¥5,880


渋谷店サンデーワインで何回か取り上げてます。
バローロのクラシックVSモダン
ついに…終止符が打たれます!!

古典派の超大御所『ジャコモ・コンテルノ』バローロファン憧れのワインですよね…超高額で取引されてるワインの一つではないでしょうか…

モダン派代表は『ロベルト・ヴォエルツィオ』私、上野がイチオシしてる生産者です。
モダンバローロのエレガントの極みでもあり、イタリアでも数少ないテロワール主義者です。

さぁこのバローロ対決最終章の見逃すわけにはいきませんよー

北海道白糠町のマボロシの仔羊♪
シノワ銀座店に北海道白糠町から仔羊が届きました

自然豊かな白糠町で酒井さんが育てた仔羊
知る人ぞ知る幻の仔羊として業界では有名なものです

今回は写真のように半頭買いです!


色々な部位を一皿に盛り込んでお楽しみ頂けます♪
(使用する部位が日により変わります)

★北海道白糠町産仔羊のロースト ¥3150★

写真ではモモ肉、バラ肉、前足とトリッパのトマト煮
3種盛になっています♪

シノワ銀座店1月19日サタデーワイン♪
毎週末のお楽しみ♪シノワ銀座店サタデーワインのご紹介です
今週はフランスとアメリカの共演です♪

1月19日(土)

Fanコース
アメリカvsフランス 白ワイン編

2010 シャルドネ・ロス・カーネロス(マボロシ)
2010 ピュリニー・モンラッシェ(ポール・ペルノ)
2グラスセット¥2,600  各70cc

ファンコースはシャルドネ種の白ワインの飲み比べ
カリフォルニアの日本人生産者、私市さんがナパで造る
マボロシ・ワイナリー、99年設立でこれからのワイナリー
エチケットの絵は私市さん自身が描いたものです
対するフランスからはピュリニーのいぶし銀ポール・ペルノ
常に高評価を与えられるピュリニーを代表する生産者です
国は違えど期待の新人と大御所のシャルドネ対決です



Advanceコース
アメリカvsフランス 赤ワイン編

2006 カベルネ・ソーヴィニョン
      ・サンタ・ヤヌス・ヴァレー(スター・レーン)
2006 ドメーヌ・ド・シュヴァリエ(ペサックレオニャン)
2グラスセット¥2,600  各70cc

アドヴァンスは赤ワインの対決です
アメリカ、サン・バーバラに96年設立のスター・レーン
ソムリエなどが集まるブラインドテイスティングで高評価を
いきなり与えられ注目されるようになった期待のルーキー
対するフランスからはぺサック・レオニャンで最も歴史の長い
ドメーヌ・ド・シュヴァリエ、深みのある落ち着いた佇まい
白ワイン同様、国は違えど期待の新人と大御所の対決です

開催まで1ヶ月を切りました〜!!
Chinois Shibuya Presents
『 クラリネット 天上の響き 』



●出演 松本健司・藤原亜美
●会場 シノワ渋谷店
●日時 2013年 3月 17日(日)
●日時 13:00(12:30開場)〜16:00(コンサート 13:00〜14:00)
●定員 40名様限定
●金額 17,800円
   (ワイン、食事代、消費税・サービス料込み)
※事前振り込みをお願いしております。
●お申込み TEL03-5457-2412
E-mail/ info@chinois.jp (担当:上野、高木)
● ランチの営業はお休みです。
ディナータイムは18:00より通常営業いたします。

いよいよ開催まで1ヶ月を切りました
渋谷店サロンコンサートVol.20『クラリネット 天上の響き』
プログラムに一部変更がありましたのでお知らせいたします。
よりクラリネットの魅力を堪能していただくため
もちろん内容アップでお届けいたします!

そして、既にご予約を頂いてる皆様にはさらに
当日お楽しみ頂けるよう
まだ迷っていらっしゃる皆様には
サロンコンサートの魅力をより一層感じて頂けるよう
オーガナイザーの幅氏による
『プログラム解説』
を載せましたのであわせてご一読ください。

前半2曲はシノワ初登場のN響首席クラリネット奏者
松本健司氏によるクラリネットの名曲をピアノの伴奏で
後半はシノワが誇るミューズ、ピアニスト藤原 亜美さん
ヴィルティオジティー溢れる演奏をご堪能ください。
フィナーレではオーガナイザーがシノワのために選んだ
特別のプログラムをご用意しています。

日本では全く演奏される機会のない
貴重なオリジナル楽譜
(ショパンのピアノコンチェルト/バックハウス版)
による演奏や
オーケストラ部分をピアノ版に編曲した
モーツアルトのクラリネット・コンチェルト
(とっても綺麗です♪)など
サロンという形態でしか聴く機会がない曲ばかり
盛り沢山の内容でお届けいたします。


【プログラム解説】

.ラリネット・コンチェルト
 イ長調K.622 第1楽章&第2楽章〈モーツァルト〉
数あるクラリネットのレパートリーの中でも
最も有名なものの一つで
シノ ワのホームページでも流れている
モーツアルトの《クラリネットコンチェルト K622》
この有名なコンチェルトの第1、第2楽章を
ピアノ伴奏版でお送りします。
クラリネットの名曲、ピアノ版でも相性が良く
クラリネットの音の響きと
自然なハ ーモニーを作り出します。
ピアノ版で聴けるのも
サロン・コンサートの醍醐味の一 つです。

▲薀廛愁妊・イン・ブルー
 〈ジョージ・ガーシュイン〉
こちらもクラリネットにぴったりの
ガーシュイン作曲の《ラプソディ・イ ン・ブルー》
冒頭からガーシュインらしいメロディーを
クラリネットが奏でてゆ きます。
リズム感溢れるおしゃれな曲で
クラリネットの音色に酔いしれで下さい。

ピアノコンチェルト第1番より2楽章「ロマンチェ」〈ショパン〉
 (ウイルヘルム・バックハウスによるピアノ・ソロ編曲)
ショパンのピアノコンチェルト第1番より、第2楽章
《ロマンチェ》をピ アノ・ソロ版で。
編曲したのは往年の名ピアニスト
ウイルヘルム・バックハウスで す。
ロマンティックという単語を絵に
いや音符で描いたような名曲です。
いかに もショパンらしい旋律を
ピアノ・ソロで堪能して下さい。

ぅ▲襯魯鵐屮蕕了廚そ〈タレガ〉
 (ペンソンによるピアノ・ソロ編曲)
ギターの名曲《アルハンブラの思い出》をピアノ・ソロで。
ギターのトレ モロの旋律が
ものの見事にピアノで表現されています。
編曲はパリ、ソルボンヌ大 大学の教授 A.Penson。

ヌ瓦里△箸〈ガブリエル・フォーレ〉
(セルジオ・フィオレンティーノよるピアノ・ソロ編曲)
ガブリエル・フォーレの有名な歌曲
《夢のあとで》をピアノ・ソロで。
編曲したのは
A.ベネディッティ・ミケランジェリをして
「彼こそ真のピアニストである」と言わしめた
イ タリアの名ピアニスト、
セルジオ・フィオレンティーノ。
彼もバックハウスのように クラシックの名曲を
ピアノ・ソロに編曲しコンサートで演奏していました。
その中 でも出色の出来の《夢のあとで》
切なくも美しい旋律が胸に響きます。

子犬のワルツ〈ショパン〉
 (レオポルド・ゴドフスキ編曲)
ガラッと雰囲気を変えて《仔犬のワルツ》
のコンサート用編曲版。
編曲はあ のラフマニノフさえが畏怖していた
ヴィルティオーゾ・ピアニスト、ゴドウスキー。
仔犬が時には豹のように躍動します。

Р于〈モシュコフスキ〉
藤原さんといえばこの曲
モシュコフスキの《火花》。
文字通りピアノが火 花を散らしながら躍動します
目も眩むようなスリリングな難曲です。

┘灰鵐ールのためのソロ〈アンリ・ラボー〉
コンサートの最後を飾るのはフランス人
アンリ・ラボー(1873-1949)作曲の
クラリ ネット曲《コンクールのためのソロ》。
ラボーはパリで生まれ
フォーレの次にパ リのコンセルヴァトワール
の学長をつとめました。
約5分の曲の中にクラリネット
の特徴が凝縮した名曲です。

以上全8曲の豪華ラインナップ
ため息が漏れるほど美しい曲ばかりです。
そして皆様には、シャンパーニュを片手に
日本を代表するお二人の演奏を
息づかいをも感じられる距離でご体感頂けます。
コンサートホールには無いサロンならではの
贅沢な音楽に溢れる珠玉ひとときを
この機会に是非お楽しみ下さい。

最強タッグ!鴨葱☆
厳しい寒さが続きますね!!
こんな寒い時こそ美味しいお肉!
身体が芯から温まるお料理をご紹介。

まず主役は網取り天然真鴨です。



見ての通り
合鴨と比べて肉の色が全く違います。
天然鴨肉は濃厚な深紅色。
味と香りがかなり濃厚。

あえてレアに焼き上げ、
薄くカットして食べると
旨味がじわじわ溢れてきますラブラブ

天然鴨を一番美味しく味わえる食べ方です。

さらに!鴨のお供と言えばコレしかないですね!
葱です。
ここは、熱を加えるとトロリと甘みが出る
下仁田ネギを使用。





鴨の脂身はとっても良質で。
「不飽和脂肪酸」が多く含まれていますので
血中コレステロール値を低下させ、
体温上昇作用があります。

さらに!!
ネギにも「アドレナリン」の分泌を促進させる
ニオイの成分がありますので
この成分が交感神経を刺激することで、
これもまた、体温を上昇させる働きをします。

鴨が葱を背負ってくるとは
まさにこのことですねニコニコ

この寒さに負けないように
美味しいお肉を食べて、
身体を芯から温めましょう!!

茨城産天然真鴨と下仁田ネギのロースト
   サルミソース  ¥3,150−

    


肉食女子
タカギ豚


渋谷店オススメワイン
こんにちは!

渋谷店オススメワインです。

今週はこちらです・・・


2002 Nuits-St-Georges Clos De La Marechale
Domaine Faiveley
ニュイサンジョルジュ クロドラマレシャル


ニュイサンジョルジュを代表する銘醸畑の一つ
「クロドラマレシャル」
この町に本社を置くドメーヌ兼ネゴシアン「フェブレ」
この畑は縦長なニュイサンジョルジュの最南端にあります。

ニュイサンジョルジュらしい硬さや力強さもありますが、
タンニンは10年以上の熟成によりしなやかさがあり
とても繊細な味わいに仕上がっています。

実はこのワインはすでに販売は終了しています。
長年この銘醸畑は小作契約により借りていて、
2004年からはシャンボールミュジニーの老舗ドメーヌ
「ジャック・フレディック・ミュニレ」が栽培、醸造を
手掛けています。

今、まさに飲み頃の素晴らしいグレードヴィンテージの
ワインを是非この機会に!

渋谷店蔵原


祝杯は『アルゴンヌ』
本日1月14日は祝!!成人の日ということで、
ホリデースペシャルワインやってます。

2002 アルゴンヌ・グラン・クリュ・ブリュット(アンリ・ジロー)

1Glass (60cc) ¥4,200


日本人にファンの多いシャンパンメゾン『アンリ・ジロー』
満を持してリリースされたキュヴェ『アルゴンヌ』

名のごとく、アルゴンヌ産の高級樽で12ヶ月&瓶内熟成8年という
永い熟成期間を経てリリースされるトップキュヴェ
是非このリッチなシャンパンで祝杯をあげてください。

ドゥニ・モルテ!!
1月13日渋谷店サンデースペシャルワインは

2010 ジュヴレ・シャンベルタン(D.モルテ)
1997 ジュヴレ・シャンベルタン(D.モルテ)

2Glass Set (60cc) ¥2940


もちろんそう!!(笑)企画内容は父と息子の飲み比べです!!
息子は父を超えているのか??
乞うご期待!!

2013年1月の渋谷店【水曜倶楽部】のご案内
ご好評頂いております渋谷店
水曜倶楽部1月23日開催のご案内です。

第2・第4水曜日限定(今月は第4週のみ)のお楽しみ
ちょっぴり贅沢に・・・そして気軽に
お料理とワインをシノワの雰囲気でお楽しみ頂けます!!


          ▼ワインリスト▼

NV  コード・ノワール・ロゼ(H・ジロー)
土着品種『プティ・ドレ』にこだわり
遺伝子レベルで品種の神秘に迫ったロゼ・シャンパーニュ

2009 サンセール・ジャディス(H・ブルジョワ)
サンセールの歴史を造った老舗
1億5千万年前に育まれたキンメリジャン土壌のミネラル感!!

2011 シャブリ・グラン・クリュ・ブーグロ(P・ピウズ)
華々しい実績を持つ新進気鋭の実力派メゾン
特級畑の中でもミネラル感有る土壌を表現したワイン

2006 ジュヴレ・シャンベルタン(C・デュガ)
R・パーカー氏曰く『五感を奪い去られるほど』
と言わせる凝縮した味わいの同村を代表する生産者の一人

2006 ジュヴレ・シャンベルタン・V・V(B・デュガ・ピィ)
ピノ・ノワールのエレガントさを体現する
同地方で望みうる最良のワインを産するドメーヌの一人

NV ラタフィア・ド・シャンパーニュ(H・ジロー)
同地方で古くから作られる酒精強化ワイン
オーク樽で熟成させソレラ方式をとる特異なラタフィア


※ワインは最後の甘口が30cc、他は全て60ccとなります

料金 ¥12,600-(コース料理付き・消費税込み・サービス料別)
日時 1月23日(水)【1月は第4週のみの開催です。】
時間 お好きな時間にどうぞ(但しワインは18:00に抜栓します)
場所 シノワ渋谷店お客様それぞれのテーブルにてお楽しみいただけます
定員 12名様 お1人様より承っております

※当日、ワインのコンディションよっては同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。
※お申し込み、キャンセルは開催の3日前までにお願い致します。
※定員に満たない場合は延期または中止の場合もございます。

開催日迫る!シノワ銀座店2013年ワイン会第一弾♪
開催日が迫ってきました、
シノワ銀座店 新年第一弾ワイン会のご案内です♪

まだ空席がございます、
お迷いの方は早目のご連絡をお待ち致しております

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  1月13日(日)
  『 新年シャンパン ワイン会 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2013年第一弾のシノワ銀座店ワイン会は、
新年の門出を祝うシャンパンワイン会です♪

まずは偉大なヴィンテージ1996年飲み比べ、
55年以来の世紀のヴィンテージと言われています
英国王室御用達の名門ランソンの逸品ゴールド・ラベル、
5年以上の熟成を経て出荷されました
そしてクリュグのヴィンテージ96年、
偉大な生産者が造り上げた偉大な作柄、
コメントなんか必要の無いワインです!


続いて1995年飲み比べ、96年に比べて果実味が
あり美味しさの上では評価の高い優良年です
今回は1152年から歴史が続く名門ドラピエの
15年熟成された後、出荷されたカルト・ドールと
ワイン雑誌で軒並み高評価を得ているアンリオの
最高峰キュヴェ・アンシャンテルールの飲み比べです


お祝い事と言えば、やはりクリスタルが登場です!
良年83年、クリスタルは抜群の出来栄えでした
そして最後を飾るのはドン・ぺリニョン1982年、
シャンパーニュでは当時完璧と評されたヴィンテージ、
今回のドン・ぺリニョンも味わい、香り、
余韻と完璧な仕上がりです


新年一月から豪華なシャンパーニュを味わって、
華やかな一年の門出にして下さい♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★新年シャンパン ワイン会★

■1996 ゴールド・ラベル ランソン
■1996 クリュグ・ヴィンテージ
■1995 カルト・ドール ドラピエ
■1995 キュヴェ・アンシャンテルール アンリオ
■1983 クリスタル ルイ・ロデレール
■1982 ドン・ペリニョン モエ・エ・シャンドン

6グラスセット 各70cc

日程 1月13日(日)※定休日変更1月14日(月)休み   
時間 ご自由 但しワインは全て17:30に抜栓させて頂きます
場所 シノワ銀座店 各テーブルにてお楽しみください
定員 10名様 お一人様より承ります
料金 ¥28,900円 消費税込み・サービス料別・料理別

お申し込み、お問い合わせはシノワ銀座店までお願い致します

シノワ銀座店1月12日サタデーワイン♪
毎週末のお楽しみ♪シノワ銀座店サタデーワインのご紹介です

1月12日(土)

スペシャルコース
ブルゴーニュの真髄 グランクリュ

2006 エシェゾー (ジャック・カシュー)
2006 クロ・ヴジョ (アンリ・ボワイヨ)

2グラスセット¥4,000  各70cc

今週は“ブルゴーニュの真髄 グランクリュ”です
2006年のグランクリュ、
エシェゾー、クロ・ヴジョの贅沢な飲み比べ

エシェゾーはクラシックな造り手ジャック・カシュー、
作為的な所が無く自然体のワイン造りで定評があり、
このエシェゾーも綺麗な仕上がりになっています

対するはアンリ・ボワイヨのクロ・ヴジョ、
白ワイン、赤ワインともにパーカーさんが5ツ星評価をしている
数少ない実力派の生産者です
ワインはモダンな仕上がりでボリューム感ある風味が印象的です
クラシック、モダンテイストお好みはどちらでしょうか?

シノワ銀座店1月のおすすめ牡蠣料理♪
シノワ銀座店1月のおすすめ料理です♪

★北海道厚岸産カキのリゾット ¥1,680★

冬の味覚といえば、フグなどいろいろありますが、
牡蠣を忘れちゃいけません!
鍋やフライなどが一般的ですが、
シノワ銀座店ではリゾットにしてお楽しみいただけます♪

北海道厚岸で獲れたぷりぷりの牡蠣を焦げ目が付くまで
よく焼いて、その後にハマグリのだし汁でベーコンと一緒に
軽く煮ます この下処理で牡蠣の旨味を増幅させます!

後はハマグリのだし汁と一緒に牡蠣の身が残る程度に
ハンドミキサーで荒めにまわしお米を入れて炊くだけ♪

牡蠣をふんだんに使用しているので色合いも
ワタの緑色が翡翠のように見えるんです♪

余計なものが入らない分、牡蠣本来の旨味がストレートに
楽しめるリゾットに仕上がっています
このリゾットを召し上がっていただければ牡蠣の新しい
食べ方に目ざめること請け合いです!

マリアージュは王道の組み合わせですがシャルドネ種の
シャブリがピッタリです
一級、特級畑クラスの味わいが深いもので
牡蠣のミネラル感をお楽しみ下さい♪

北海道の どろ(泥)豚!?オススメです☆
こんにちは☆
渋谷店・肉食女子部より、お肉料理をご紹介ラッキーラッキーラッキー
プリフィクスコースでお選びいただけるメインディッシュ
『本日の豚肉ロースト』
本日はこちら!!


北海道どろ豚と大浦ゴボウのロースト
3種のマスタード添え


北海道・十勝からお届けするこちらの豚豚
どろ‥??と聞きなれない変わった名前の由来は、
実はそのまま、どろ(泥)です!

土を食べ、どろんこ遊びをしながら育つどろ豚達…
想像するとちょっとびっくりする光景ですが、
生産者の方が試行錯誤を繰り返して辿り着いた飼育法です。

1番のこだわりは、注目の飼育法、放牧にあります!
十勝の広大な大地、山、川を自由に走りまわって
のびのびと育ちます
ストレスなく育つ大自然の環境と、
その運動量から、引き締まった上質な肉質が生まれます

そして、野菜やホエー等のこだわりの飼料だけでなく、
この放牧期間に天然の土を食べます。
干し草や木の根、ドングリ、青草を食べ、
通常より50kgほど大ぶりにひらめき
オレイン酸やビタミンなど、栄養価もたっぷりに!!

やわらかくジューシーさが売りの豚肉とはひと味違う、
一本筋の通った、均一性のある肉質は
どろ豚ならではの美味しさディナー

付け合わせには、大浦ごぼうの登場です♪
豊かな土の香が加わり、
3種のマスタードを添えて完成です!
スパイシーさ、クリーミーさ、香り高さ、
お好みで自由にご一緒させて、
大地の恵みをお楽しみくださいパクッ

フクオカ

伝統と誇りの『モノポール』
  • 2013.01.08 Tuesday
  • -
  • 20:55
  • -
  • -
  •  
シノワ渋谷店1月のワイン会は
テーマは、フランス ブルゴーニュの『モノポール』

『モノポール』・・・人間(動物)としての本能である独占欲、他の誰にも手にする事の出来ない狎擦覆詆鯑哉瓩修靴討修海ら生まれる唯一無二のテロワールを心行くまで楽しみください。

1本目はシャトー・ド・シャンボール・ミュジニーを所有する爛献礇奪・フレデリック・ミュニレ瓩僚衢するニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ『クロ・ド・ラ・マレシャル』からスタートです。
この畑は2003年11月まで爛侫Д凜讚瓩膨垢に渡りフェルマージュ(耕作契約)をしていた畑、2004年ヴィンテージよりミュニレが生産をし
はじめて訪れたビック・ヴィンテージ2005年で新たな刷新された『クロ・ド・ラ・マレシャル』の姿をお楽しみ下さい。

2本は1本目にご紹介した『クロ・ド・ラ・マレシャル』を2003年に失った側爛侫Д凜讚瓩了つ『コルトン・グラン・クリュ・クロ・デ・コルトン・フェヴレ』です。
120haもの広大な畑を所有する大ドメーヌ、所有するグラン・クリュ畑の中にはシャンベルタン・クロ・ド・ベーズ始めマジ、ラトリシエールやミュジニー、エシェゾーまでも所有するほど
しかしながらある意味で同ドメーヌを代表するワインとして君臨する『クロ・デ・コルトン』1999年と90年代後半のビック・ヴィンテージでお楽しみ下さい。

3本目はモレ・サン・ドニ村のモノポール『クロ・ド・タール』です、ディジョン近郊のシトー派の修道院ノートルダム・ド・タールによって1125年に石垣(クロ)で囲われ今なお、ほぼ面積も変わらず、単独所有を守り続けられている、ブルゴーニュでもトップ・クラスの由緒正しい特級畑。1932年より爛皀瓮汽鷁鉢瓩砲茲蠅修療租を守り継がれています。このワインはとっても玄人さん向け、若いうちに飲んでしまうと果実味や特にタンニンが荒々しく強すぎて、常に熟成が必要と言われるワイン、今回は97年をご用意いたしました。
90年代で特にエレガントなヴィンテージ、15年の熟成を経て初めて見せる、調和した味わいをお楽しみ下さい。

4本目はヴォーヌ・ロマネ村を代表するモノポールの一つ『クロ・デ・レア』ヴィンテージは89年ですので作り手はもちろん爛献礇鵝Ε哀蹲畉では次男のミッシェル・グロに引き継がれている爛哀躇貘沖瓩大切に守り続ける畑、89年とこれまた優良ヴィンテージものでお楽しみ下さい。

5本目はヴォルネイ村のトップ・生産者の1人爛泪襯・ダンジェルヴィーユ瓩離皀離檗璽襦悒ロ・デ・デュック』、説明は不要ですよね・・・ヴォルネイ好きにはたまらない1本、こちらも一級畑ながら格付け改定がなされれば、必ず特級に昇格すると言われるヴォルネイ村きってのテロワール、ヴィンテージも88年と、作り手・畑・ヴィンテージの三拍子揃ったワインです。

そして、最後はロマネ・コンティの西側で接する特級畑『ラ・ロマネ』1972年、この時代は(当時)ヴィコント・リジェ・ベレールが所有しブシャールが醸造を担当し、シャトー・ヴォーヌ・ロマネの名でリリースされていました。今はリジェ・ベレール家が自ら栽培から醸造までを担当し、さらに評価を上げブルゴーニュ・ワインの中でも入手困難なワインの一つになってしまいました。このフランス最小のアペラシオン(0.85ha)の秘められた大きなテロワールをお楽しみ下さい。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         1月 15日(火) 

       “伝統と誇り『モノポール』”
     〜守り継がれる唯一無二のワインたち〜
      
      ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
  TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
  【コース料理付@26,800(消費税込)】
2005 クロ・ド・ラ・マレシャル(J・F・ミュニレ)
1999 クロ・デ・コルトン(フェヴレ)
1997 クロ・ド・タール(モメサン)
1989 クロ・デ・レア(J・グロ)
1988 クロ・デ・デュック(M・ダンジェルヴィーユ)
1972 ラ・ロマネ(シャトー・ド・ヴォーヌ・ロマネ)
                   (各60cc)
時間 ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。

<おすすめポイント>
・J・F・ミュニレとフェヴレのモノポール対決
・早熟ヴィンテージのクロ・ド・タールの真実
・連なる優良ヴィンテージの88年、89年のクロ・デ・デュックとクロ・デ・レア
・熟成のラ・ロマネ

新年よろしくお願いいたします。
  • 2013.01.07 Monday
  • -
  • 19:07
  • -
  • -
  •  
2013年!!

本年もよろしくお願い申し上げます。

今年もたくさんの
美味しいワインと料理。
そして、
さまざまなイベントを紹介してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします!!

シノワ渋谷店には春一番の季節花。

木瓜の花 が咲いています。




花言葉は “妖精の輝き”

今年も皆様にとって 輝き ある1年となります様に。

思いを込めて…。

タカギ




渋谷店 サロンコンサート Vol.20
Chinois Shibuya Presents
『 クラリネット 天上の響き 』



●出演 松本健司・藤原亜美
●会場 シノワ渋谷店
●日時 2013年 3月 17日(日)
●日時 13:00(12:30開場)〜16:00(コンサート 13:00〜14:00)
●定員 40名様限定
●金額 17,800円
   (ワイン、食事代、消費税・サービス料込み)
※事前振り込みをお願いしております。
●お申込み TEL03-5457-2412
E-mail/ info@chinois.jp (担当:上野、高木)
● ランチの営業はお休みです。
ディナータイムは18:00より通常営業いたします。

2002年10月に始まったサロンコンサートですが、今回は記念すべき20回目。ゲストには第1回から出演していただき、通算9回目のサロンコンサート登場となる、ピアニストの“藤原亜美”さんと、初出演のN響主席クラリネット奏者“松本健司”さんをお招きして、たっぷりとピアノとクラリネットの共演を楽しんでいただきます。


 今回初登場のクラリネット、そのまるで暖かな春の陽射を思わせる、透明で清らか、そして、すべてを包み込むような優しい音色を、極めつけの名曲で聴いていただきます。サロンコンサート最多出演の亜美さんのピアノの調べに乗って、クラリネットの奏でる天上の響きをご堪能ください。また、ピアノソロでは、オーガナイザーの幅さんの膨大な楽譜コレクションから、日本では滅多に演奏されない、貴重な編曲シリーズをお届けします。ショパンの「子犬のワルツ」超絶技巧バージョンなんて、この機会を逃したら聴けないかも?


 そのお二人による素敵な演奏を、今回もシャンパーニュのグラスを傾けながら、たっぷり聴いていただきます。これがシノワ・サロンコンサートの楽しいところ。サロンコンサート・ファンのお客様のみならず、音楽好き、ピアノ好き、シノワ好き、そしてワイン好きな方々、普段あまりコンサートには行かないけれどサロンコンサートってどんなんだろう?って思っていた方、絶対にオススメです♪ わずか40名のお客様のためにおこなう究極の贅沢なコンサート。至福の時間をご提供させていただきます。


 そして、コンサート後には、季節の食材を使ったコース料理とこの日のために選び抜いたワインをお楽しみください。満足していただける事、私たちスタッフ全員が保証いたします!皆様のご予約を心よりお待ち申し上げております。


”オーガナイザー幅氏より” 

 今回で20回目を迎える記念すべきサロンコンサートは、初回よりシノワのコンサートを支えてきた、日本を代表するヴィルトゥオーゾ・ピアニストの“藤原亜美”さんが再登場します。また共演者にはN響の首席クラリネット奏者の“松本健司”さんをお呼びしました。お二人は共にフランスで研鑽を積まれ現在日本で活躍中です。

 そこで今回のプラグラムですがホワイトデーにちなんで、シノワらしく【粋でオシャレな大人の愛のプレゼント】をイメージしました。シノワ初登場のクラリネットの素晴らしさを、ホームページでも流れているあのモーツァルトのクラリネット・コンチェルト、そして華やかなガーシュインの小品を、松本さんの演奏で堪能します。一方ピアノの方は、ピアノ・ソロ編曲の醍醐味を藤原さんの演奏で楽しみます。ショパンのピアノ・コンチェルト第1番より第2楽章「ロマンチェ」を名ピアニスト“バックハウス”のピアノ・ソロ編曲で。更にギターの名曲「アルハンブラの思い出」、フォーレの歌曲「夢のあとに」、フォスターの名曲「ビューティフル・ドリーマー」をそれぞれピアノ・ソロ編曲で愛の贈り物としてお届けします。極めつけはショパンの「子犬のワルツ」のヴィルトゥオーゾバージョンと超絶技巧の名曲、モシュコフスキの「エトンセル=火花」を予定しています。どの曲目でも藤原さんの技巧が冴え渡ります。普段のコンサート会場ではほとんど接することのない、シノワならではの選りすぐりのプログラムです。

 クラリネットの暖かく、そして力強い音色と繊細でかつダイナミックなピアノの音が融合してここシノワのサロンをミューズで満たします。素晴らしい音楽で「耳」を満足させた後は、いつものように今回のプログラムをイメージしたお料理と厳選されたワインを楽しんでいただきます。ここシノワのサロンでしか味わう事の出来ない贅沢なひと時、どうか皆様こぞってご参加下さい。スタッフ一同お待ちしております。
          
2013年1月吉日 音楽オーガナイザー Itaru HABA


【プログラムですが、以下の曲目を予定しています。】

モーツァルト:クラリネット・コンチェルト イ長調K.622 ジョージ・ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー(予定) ショパン:子犬のワルツ(レオポルド・ゴドフスキ編曲) ピアノコンチェルト第1番より2楽章「ロマンチェ」(ウイルヘルム・バックハウスによるピアノ・ソロ編曲)ガブリエル・フォーレ:夢のあとで(セルジオ・フィオレンティーノよるピアノ・ソロ編曲)タレガ:アルハンブラの思い出(ペンソンによるピアノ・ソロ編曲)モシュコフスキ:火花

☆演奏者プロフィール☆

藤原亜美(ピアノ)
札幌市出身。東京芸術大学附属高校を経て1996年東京芸術大学、並びにパリ国立高等音楽
院を審査員満場一致の1等賞で同年に卒業。1998年フランスで行われた第3回オルレアン20世紀音楽国際ピアノコンクールにて第1位受賞。在仏中、各地での演奏の他、国営放送ラジオ・フランスの音楽番組にソロ、伴奏で出演するなど活発に演奏活動を行う。日本国内では札幌交響楽団(1995年)、東京交響楽団(1999年)と共演。1998年帰国。現在東京を拠点に各地でピアノソロ、室内楽の分野において活動中。また、数多くの日本初演に携わる。東京シンフォニエッタのメンバーとして2004年ドイツ、2005年ヴェネズエラにおいて公演。東京シンフォニエッタ、Ensemble sans-limiteの各メンバー。現在東京音楽大学、日本大学芸術学部講師として後進の指導にもあたっている。ソロCDとして1999年「エチュードの妙技-20世紀の作曲家による」/2000年「モシュコフスキピアノ作品集」/2001年「モシュコフスキピアノ作品集供/2002年「ポーランド現代ピアノ作品集」/2004年「エネスコ&リパッティピアノ作品集」/2005年「ドビュッシー前奏曲集第1巻/ベルガマスク組曲」/2007年「ジョリヴェピアノ作品集」(レコード芸術特選盤)を「レグルス」より、2010 年/長尾洋史とのピアノデュオ「メシアン:アーメンの幻影」を「ALM Records」より、2011年ジュリアン・ユー作曲「青少年のための作曲法入門〈きらきら星〉の主題によるピアノのための変奏曲」(レコード芸術特選盤、2011年度第49回レコードアカデミー賞受賞)を「Fontec」よりリリース。各方面より好評を博す。今までにテオドール・パラスキヴェスコ、故神野 明、ダリア・ホヴォラ、故ジャン・ケルネール、故アンリエット・ピュイグ・ロジェ、マリア・クリスティアン、ピオトル・パレチニ、ジャン・クロード・ペヌティエ、オルトンス・カルティエブレッソン、故堀江孝子、佐藤安子の各氏に師事。

藤原亜美さんのHPはこちら↓
http://members3.jcom.home.ne.jp/peces/


松本健司(クラリネット)
東京都立芸術高校、国立音楽大学を経て1997年にパリ国立高等音楽院クラリネット科を“レオン・ルブラン特別賞”を得て卒業。1998年、同音楽院室内楽科を卒業し、本格的な演奏活動を始める。クラリネットを角田晃、浜中浩一、二宮和子、竹森かほり、ミシェル・アリニョン、アラン・ダミアンの各氏に、室内楽をピエール=ロラン・エマール、ジャン=ギアン・ケラス、ダリア・オヴォラの各氏に師事。
第6回日本木管コンクール、第4回日本クラリネットコンクール、第22回トゥーロン国際音楽コンクール等で上位入賞後、2002年にNHK交響楽団に入団。現在、首席クラリネット奏者として活躍するほか、洗足学園音楽大学、東京音楽大学、上野学園大学、国立音楽大学、沖縄県立芸術大学において後進の指導にあたっている。

松本健司さんについて↓
http://www.nhkso.or.jp/library/interview/130/


 

ワインバー