Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2012 >>
2012年No1!ジビエ☆
今年も残すことあとわずかです!!

肉好きの皆様は
今年、ジビエ料理はもうお召し上がりになりましたか?

まだ・・・。という方に

私が今年一番!美味しかったジビエ料理をご紹介拍手

コチラ↓


スコットランド産山鳩のロースト 
サルミソース   ¥2,730−


野鳥のガラとコニャック、赤ワインをベースに
山鳩レバーやフォアグラで濃度をつけた
濃厚なサルミソースをたっぷりつけて。

写真左下から
柔らかく上品なササミニコニコ

きめが細かくもっちりと跳ね返ってくる弾力と
噛んだ分だけ味がでるムネ肉ラッキー

そして一番は・・・モモ肉ラブラブ
骨の周りの旨味が半端ない!!
絶対に手で持ってかぶりついて下さいねグッド

ワインはもちろんシラー種で。

今年最後の締めくくりに
美味しいお肉と赤ワインで乾杯星
なんていかがでしょう?

肉食女子豚
タカギ

寒ブリ!
  • 2012.12.22 Saturday
  • -
  • 13:48
  • -
  • -
  •  
皆さんこんにちは楽しい

今回も草食男子ストウが、渋谷店の冬にしか味わえないおすすめの前菜を紹介します!



寒ブリとケッパーのタルタル ディル風味 トマトコンソメゼリー添え ¥1,680-

「寒ブリ」とは11月から2月に日本海で水揚げされるブリの事をいいます。荒波にもまれ身が引き締まり、脂がたっぷりとのった寒ブリは、北陸の冬の代名詞とも言えます!

この寒ブリを細かくカットし、香草の香りとシェリーヴィネガーで味を調え、タルタル仕立てにしました。まわりに添えた透明感のあるトマトのコンソメゼリーが、よりブリの甘みを引き立ててくれます。

こちらの料理のマリア―ジュワインはカリフォルニアのシャルドネ種の白ワインです。なかでもおすすめはワイナリー「オーボンクリマ」が作り出す「ニュイブランシュ」です。酸味とミネラルのバランスがとれていて、芳醇な香りと味わいが寒ブリの旨みをより広げてくれます。

シノワでぜひ冬の海の幸とワインのマリアージュをお楽しみください!

シノワ銀座店スペシャルワイン会第2弾!!
年に一度のシノワ銀座店ワイン会スペシャルバージョン!
12月23日(日)開催分まだ若干空席がございます
レアワインだけを集めたワイン会、お早目のご予約を!

---------------------------

☆12月23日(日)『 フランスワインの頂点 』☆
☆ワインリスト 
■1982 クリュグ (シャンパーニュ)
■1976 ロマネ・サン・ヴィヴァン
         (ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)
■1976 リシュブール
         (ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)
■1963 シャンベルタン(アルマン・ルソー)
■1952 クロ・ド・タール(モメサン)
■1955 シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン
                      (グラーヴ)
■1942 シャトー・ムートン・ロートシルト(ポイヤック)

7グラスセット各60cc
日程 12月23日(日)
時間 ご自由 但しワインは全て17:00に抜栓させて頂きます
             (23日は開店時間17時の為)
場所 シノワ銀座店 各テーブルにてお楽しみください。
定員 12名様 1人様より承ります
料金 98,000円 消費税込み・サービス料別・料理別

---------------------------

12月23日は、フランスワインの頂点と銘打って
3つの地域の最高のワインを集めました
シャンパーニュ地方から誰もが認める最高の生産者クリュグ、
ヴィンテージは戦後最高の評価をされている82年です
レアなクリュグのバックヴィンテージで
最高の当り年、まさに頂点です!


ブルゴーニュのひとつの頂点、
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ、優良年76年の
ロマネ・サン・ヴィヴァンとリシュブールの飲み比べです
隣り合う畑でD.R.C.の中で常に比較される運命の2つの畑、
キメ細やかで繊細で洗練されたサン・ヴィヴァンと
濃密で恵みゆたかな味わいのリシュブール、
飲み比べで輝く個性をお楽しみ下さい


現在ブルゴーニュで最も高名で人気の高いアルマン・ルソー
その名前を高めた時代が50、60年代でした
当時を知る人は現在のルソーのワインは50、60年代の
水準に達していないと言います
その絶頂をきわめていた63年のルソーの
看板畑シャンベルタンをご用意しました!

※当日使用ワインとはヴィンテージが異なります

ブルゴーニュで優良年となった52年からは
単独所有畑クロ・ド・タール、1250年から
畑の面積も変わらず常に単独所有畑でした
由緒正しい歴史に彩られた畑で50年代は
ミュジニ、ロマネ・コンティと並び評されていました
52年のような当り年には霊感を受けたかのような
傑出したワインが生まれました


パーカー氏100点満点のパーフェクトワイン、
1955年のラ・ミッション・オー・ブリオンと
故フィリップ男爵のライフワークと言える
戦中42年のムートン・ロートシルトの登場です
熟成をした100点満点ワインは出会えないレアアイテム、
パーフェクトな味わいに酔いしれてください


そして戦中42年という激動の時代に
生まれたムートン・ロートシルト、この時期でも
故フィリップ男爵は品質改良の手を休めなかったそうです
その努力はワインの品質となって形となり
後に第一級として評価されます

※当日使用ワインとはヴィンテージが異なります

お宝ワイン、レアワインだけをチョイスしました
夢のようなラインナップのワイン達に酔いしれてください♪

※お問い合わせ、ご予約はシノワ銀座店までご連絡下さい

クリスマスまであと4日!!
こんにちは!
今年もついに、クリスマスまであと4日!!
みなさん、楽しい予定や準備で忙しい時季でしょうか??
渋谷店でも着々と準備は進行中てれちゃう
店内も見事に
クリスマスヴァージョンに飾りつけされました☆
女性のお客様に1番人気なのはこちらのツリー♪


お料理ももちろんスペシャルコースをご用意しています!
お魚、お肉料理は数種類から
お選びいただけるクリスマスコースパクッパクッ
特におススメのメインディッシュを1品ご紹介ですひらめき



シャラン産鴨肉のロースト
キンカン風味のビガラードソース


鴨のローストとビガラードソースという王道の組み合わせ
オレンジの甘酸っぱさとほろ苦さが
美味しいビガラードソースですが
今回は『金柑』も加えたシノワの冬ヴァージョンモグモグ
上品な金柑の味わいと、香りの広がりは
シャラン産鴨肉のとキレイに寄り添います
じっくり火を通した金柑も添えています
中は甘く柔らかく、皮はビターに大人の味わい♪

肉食女子のみなさん豚
クリスマスもぜひ!
シノワのお肉料理をご堪能くださいね☆

フクオカ

渋谷店おすすめワイン
こんにちは!

渋谷店のオススメワインのご紹介です。

今週の一本はこちら。





2009 Chambolle-Musigny 'Les Athets' Domaine Jean TARDY &Fils
シャンボール ミュジニー レ・ザテ ドメーヌ ジャンタルディ
Bottle ¥8800-



1963年創業、ヴォーヌ・ロマネ村に本拠地を持つブルゴーニュのドメーヌ。
創始者であるヴィクトル・ダルディによって、ヴォーヌ・ロマネ村の名門メオ・カミュゼ家とのメタヤージュ(ぶどう畑の分益小作賃貸契約)からスタートしたドメーヌです。

後を継いだジャン・ダルディがドメーヌ拡大に尽力し、現在は、若き醸造家ギヨーム・タルディがドメーヌに参加。
現当主のギヨーム氏は、以前のクラシカルなスタイルだったジャン・タルディのイメージを変え、評価が急上昇しています。

畑仕事を重要視して造られるワインは果実の丸みが詰まっており、エレガントで艶やかなワインに仕上がっています!

口に含むと深く、甘みの乗った艶っぽい旨みが印象的で、シャンボール・ミュジニーらしい柔らかさ、しなやかさがあり、味わいに一体感があります。
非常に滑らかな口当たり、滑らかな喉ごしで、ピノ・ノワールの旨みが体に浸透していくワインです。


お料理はブルゴーニュワイン定番の鴨肉、少し柔らかい食感のお肉や煮込み料理と、是非お楽しみください!

渋谷店 林




若き女王!!
12月16日 本日は今年最後の渋谷店サンデーワイン!!

2001 シャトー・マルゴー
1Glass (60cc) ¥6,800


今年最後のサンデーワインは『シャトーマルゴー』に締めくくっていただきます。もちろんまだまだ若いですが、今朝デキャンタージュをして
いつでも美味しく召し上がっていただけるように準備万端です。
まだまだ高価な5大シャトーをグラスで是非!!
売り切れ必死ですよ。

シノワ銀座店スペシャルワイン会開催日迫る!
年に一度のシノワ銀座店ワイン会スペシャルバージョン!
ボルドー古酒のワイン会12月16日(日)
明日開催!まだ空席がございます
ご興味のある方は早めのご予約を!

---------------------------

★12月16日(日)『 ボルドー グランヴァンの集い 』★
★ワインリスト 
■1970 シャトー・シュヴァル・ブラン
               (サン・テミリオン)
■1970 シャトー・ラフィット・ロートシルト
                (ポイヤック)
■1964 シャトー・ラトゥール(ポイヤック)

■1953 ヴュー・シャトー・セルタン
                (ポムロール)
■1947 シャトー・マルゴー (マルゴー)

■1933 シャトー・ムートン・ロートシルト
                (ポイヤック)
■1919 シャトー・オー・ブリオン(グラーヴ)

7グラスセット 各60cc
日程 12月16日(日)
時間 ご自由 但しワインは全て17:30に抜栓させて頂きます
場所 シノワ銀座店 各テーブルにてお楽しみください
定員 12名様 1人様より承ります。
料金 98,000円 消費税込み・サービス料別・料理別

---------------------------

12月16日は、ボルドーの熟成した優良年のみを集めました
完璧なバランスと言われ近年でも人気のある70年飲み比べ、
サン・テミリオンの雄、シュヴァル・ブランは
完璧なバランスに優雅さを併せ持ちます
対するラフィットは驚くほど魅力的なブーケで
ポイヤックを体現しています


優良年64年の中でもトップの出来栄えとなったラトゥール、
収穫時の豪雨の前に摘み取りを完了させたことが勝因でした
当り年のラトゥールは感動をもたらしてくれます


59年と並んで50年代最高の評価を受けている
53年からはヴュー・シャトー・セルタン、
今でこそペトリュスが有名ですがポムロールといえば
このヴュー・シャトー・セルタンが最高のワインです
格付けの無いポムロールを代表するワインとして
40年代から常に第一級シャトーと渡り合ってきました


戦後三大ヴィンテージのひとつ超優良年47年からは
女王マルゴーの登場です
78年以降の高評価に目を奪われますが
真に偉大と言われていたのは、この40年代です
ボルドーの中で最も官能的なマルゴーの真髄を体験して下さい


戦前の優良年33年からはムートン・ロートシルト、
1923年に故フィリップ男爵が所有者になって
めざましい品質改良が行われていた時期です
この時代は第二級格付け筆頭でしたが、
すでに第一級の風格が備わっています


そして93年前の優良年1919年の登場です!
現在とは所有者も違い1855年に唯一メドック以外で
第一級格付け入りした絶好調の時代の作風です
偉大なワインが熟成して初めて見せる本当の表情をご覧下さい


お宝ワインだけをチョイスしました
夢のようなラインナップのワイン達に酔いしれてください♪

※お問い合わせ、ご予約はシノワ銀座店までご連絡下さい

旨いっ!白いジビエ!!
11月末にご紹介しました

『真っ赤な足の山うずら』

ついに登場です!!

ジビエ料理と言えば赤身のお肉に濃厚なソース。
そんなイメージですが、

山ウズラは白身のお肉。

白身ならではの上品な旨味を堪能して頂く為、

シンプルにタイムの風味と
山ウズラの香り詰まった出汁のジュのソースで。



山ウズラのロースト タイム風味
           2,940−


ジビエでも白身と言うことはたいしたことない?
と思われることもありますが、

血肉感はないですが、旨味量は赤身には負けません!!

野生ならではの締まった肉質は
噛み締めると跳ね返るようなプリプリ感。

噛むたびに肉汁とタイムの香りが
口いっぱいに溢れ出します。

ジビエは赤身だけではないのです。

香ばしく焼き上げた赤いベリーに
黒コショウを振りかけた様な香りを持つ赤ワイン。

北ローヌ地方のシラー種と一緒に。

最高のジビエマリアージュを…ハート

肉食女子
タカギ豚





渋谷店おすすめワイン
こんにちは!

渋谷店オススメワインの紹介です。
今回も土日祝にお楽しみいただける
シャンパンブランチのフリードリンクの中から
新たに加わったこちらのワインを
紹介します。


Touraine Sauvignon Blanc
Jean-Marie PENET
トゥーレーヌ ソーヴィニヨンブラン
ジャン・マリー・ペネ



「冬にも欲しくなる上品でキリッとしたシャープな
酸と充分なミネラル感」

パリ南西、約1000kmに渡って緩やかに流れる
自然豊かなロワール川。古城が多く点在して
ルネッサンス文化が開花した歴史ある地方です。

そのロワール川中流にあるトゥーレーヌ地区。
ラベルのお城も「シャトー・ド・ラ・ペスル」
とう名の優雅なお城で、現在もこのドメーヌの
事務所兼住居として使用しています。

フレッシュハーブや白い花の様な
上品で華やかな香りやライム、グレープフルーツなど
のフレッシュな香りが食欲をそそります。
また、この地方の春の名産のホワイトアスパラを思わせる
瑞々しい香りも感じられます。


�ぎたてのシトラスを思わせるようなキリッとした
爽やかな酸が口いっぱいに広がり、余韻も長く
後味には花の蜜の様な仄かな甘みがより上質な
印象を与えます。

今、フリードリンクで一番人気の白ワインです。
晴れたシャンパンブランチで是非愉しんで頂きたい
ワインです。

渋谷店蔵原

千葉・特産のやさい♪
さて、私が持っているのはなんでしょう???
木の枝ではありませんよ(*^^*)


正解は、千葉県匝瑳市大浦地区の特産品の大浦ごぼうです。
江戸時代以前から栽培されていたといわれる歴史があり、
直径30cm、長さ1m近くにも及ぶ大っきなごぼうですっびっくり
生産量が少ない、あまり市場には出回らない希少なお野菜〜。

「勝つごぼう」「勝ちごぼう」と呼ばれていて、
成田山新勝寺の精進料理に欠かせないそうです。
匝瑳(そうさ)市の「指定天然記念物」で、
野菜が文化財として指定されるのは珍しい事です!!

見た目はごっついのですが、繊維質が少なくて
肉質はとても柔らかい美味しいごぼうなんですひらめき

この大浦ごぼうと、群馬県産の甘い下仁田ネギを香ばしく
ローストし、シェリービネガーソースを和えた温製サラダ
に致しました。本日の野菜料理で登場しております♪♪

オガタ

品種の個性より‥
12月9日渋谷店サンデースペシャルワインは!!

2009 ケイマス・コナンドラム
2009 エンゲルガルデン(M・ダイス)
2000 リンシエメ(E・アルターレ)

3Glass Set(60cc)¥3,150
 

今回は葡萄品種ごちゃ混ぜワイン達です。(笑)
ワインの醍醐味はやはり品種の個性!!

‥ですが、今回のワインは自分が造りたいテーマによって
品種を選んでる生産者のワインです。

カリフォルニアのケイマス・ヴィンヤードが造る白ワイン『コナンドラム』
なぞなぞの言う名のこのワインは‥品種は5種類以上混ぜられたワインです

フランス・アルザスの革命児ジャン・ミッシェル・ダイスが、
造る『天使の庭』と名づけられたワインも5種類の品種が混ざってます

最後はイタリア・ピエモンテの巨匠『エリオ・アルターレ』のリンシエメ
仲間との絆の元に造られたこのワインは地葡萄『ネッビオーロ』に
こだわることなく、国際品種カベルネ・ソーヴィニヨンもブレンドした
新感覚のワインです。


生産者の熱い想いが込められているワインを飲みにきてください。

シノワ銀座店12月8日サタデーワイン♪
毎週末のお楽しみ♪シノワ銀座店サタデーワインのご紹介です

12月8日(土)

スペシャルコース
アメリカvsフランス ピノ・ノワール編

2006 シー・ヴュー・リッジ・ピノ・ノワール
             (フラワーズ)
2006 クロ・ヴージョ (アンリ・ボワイヨ)

2グラスセット¥4,000  各70cc

今週は“アメリカvsフランス ピノノワール編”です
アメリカ産ピノ・ノワールのカルトと言えばフラワーズ、
1989年にフィラディルフィアで苗木屋をしていた
フラワー夫婦が新聞広告でソノマコーストに
土地を購入したことからフラワーズの歴史が始まります
最初に収穫された葡萄はあのキスラーに売られましたが、
その葡萄のクオリティーの高さにキスラーが
驚き単一畑としてリリースしたことで、フラワーズの
名前が知れ渡り評判になったのです
そのフラワーズから単一畑のシー・ヴュー・リッジが登場です

対するフランスからはアンリ・ボワイヨのクロ・ヴージョ、
白ワイン、赤ワインともにパーカーさんが5ツ星評価をしている
数少ない実力派の生産者です

アメリカ産とフランス産お好みはどちらでしょうか?

本日の豚肉ロースト、金華豚登場♪
12月より、プリフィックスコースでは
こんなお料理がお選びいただけます!

本日の豚肉のロースト

お肉派に嬉しい項目が増えましたチョキ
本日はこんな一皿に仕上がっています↓↓

金華豚のロースト ビーツのソース

世界三大ハムと言われる
中国の金華ハムで有名な金華豚豚
他の豚肉にはないコクと香りが特徴です。

中国の金華地方では、穀物の代わりに
お茶の葉や白菜を発酵させたものをえ
飼料として与えるとのこと!

今回お楽しみいただけるのは
そんな金華豚が山形ですくすくと育った
日本バージョンです☆
山形では穀物飼料に米も含むそうひらめき
まさに日本育ちの金華豚は、
優しく、ほっとする甘みを持っていますニコニコ

さらに、色鮮やかなビーツのソースと
かぼちゃを添えて
金華豚にお野菜の甘みが寄り添います☆

最後にほんの少しの粒マスタードを
アクセントに加え
美味しく完成したオススメの一皿です!

コース料理のメインディッシュに
ぜひどうぞ♪

フクオカ

フリット!
  • 2012.12.04 Tuesday
  • -
  • 16:38
  • -
  • -
  •  
みなさんこんにちは楽しい

今日は草食男子ストウが渋谷店のこの冬イチオシの前菜をご紹介します!



厚岸カキと長野産きのこのフリット ガラムマサラ塩添え1,680円

「カキ」といえば広島や三陸の牡蠣も有名ですが、今回使用しているのは北海道厚岸産のカキです。厚岸のカキは身が盛り上がっていて、弾力性があり、甘みのある濃厚な味わいが特徴です。

その旨みたっぷりのカキ、長野産アワビ茸とハクレイダケにサクサクの衣をまとわせフリットに仕上げました。添えてあるガラムマサラ塩を付けることによってスパイスのアクセントが加わり味に奥行きを与えてくれます!

このお料理のマリア―ジュワインはフランス ロワール地方のセルジュ・ダグノーが造るプイィ・フュメです。ソーヴィニョンブランの特徴であるレモンやライム、ハーブを思わせる爽やかな香りときりっと締まった酸味がカキの味わいを広げます。

是非、シノワで冬の海の恵み、山の恵みの共演の一皿を最高のマリアージュワインと一緒にお楽しみください!






冬と言えば・・・黒トリュフ!!
シノワ銀座店では黒トリュフを確り召し上がって頂くのに
ブガティーニを使ったパスタ料理をご用意いたしました!

冬と言えば・・・
牡蠣、ジビエ、クリスマスと色々連想されますが
冬の味覚の代名詞“黒トリュフ”を忘れちゃいけません♪

★黒トリュフとフォアグラ 茄子のブガティーニ
                 ¥2,415★

見てください、このトリュフの量!
びっくりです!驚きです!!

トリュフで隠れて見えませんが(笑)
フォアグラコンフィを小さくカットしたものと
みじん切りのトリュフがパスタに絡んでいます

フォンドヴォー、マデラ酒、ポルト酒、ポルチーニ茸、
ブイヨンを味わいのベースにして
黒トリュフのみじん切りをたっぷりと入れちゃいます♪

そこに味わいの深みを出すために贅沢にも
フォアグラをコンフィして投入します!

最後の仕上げは黒トリュフのスライスを
表面が見えなくなるくらいまでかけて完成です!
黒トリュフの味わいと香りを
堪能して幸せになれること請け合いです♪

ワインは熟成したブルゴーニュやポムロールが抜群です!
トリュフをしっかり食べて冬をマンキツして下さい♪

イタリアの真髄!!
12月2日の渋谷店サンデースペシャルワインは!!

2004 バローロ(バルトロ・マスカレッロ)
2007 サッシカイヤ(テヌータ・サン・グイド)

2glass(60cc) Set ¥ 4,800


イタリアワインを牽引している産地といえばやはりピエモンテ州&トスカーナ州があげられます
この中でも、ピエモンテ州のバローロは歴史あるワインの銘醸地。
今回は伝統的な生産方法を受け継いでいる『バルトロ・マスカレッロ』

トスカーナからはボルゲリという未開の産地を一躍有名にした『サッシカイヤ』
ボルドー系の品種をイタリアで成功させ評価を得たイタリアの最高峰ワインのひとつです。

贅沢なイタリアワインの飲み比べぜひ堪能しにきてください。



 

ワインバー