Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< March 2010 >>
LatestEntry
シノワ銀座店4月のおすすめ料理♪
こんにちはシノワ銀座店 高村です

今日はシノワ銀座店 4月のおすすめ料理をご紹介します♪

★鹿島灘の焼きハマグリ ¥1,260★

春といえばハマグリ!今年はもう召し上がりましたか?
銀座店でご用意するハマグリは特大です!
スーパーで購入できるような小さいやつじゃありません!!
なんと!一粒12cmオーバーの鹿島灘産です。

シェフの高橋の顔じゃなくてハマグリを見てください(笑)

鹿島灘産のハマグリはその大きさが特徴で
貝殻は碁石や貝合わせに使われるほどです。
その大きさに見合うだけのしっかりとした旨味があります。


これだけ立派なハマグリに小手先の調理はいりません。
ただシンプルに網で焼くのみ!
旨味をストレートに味わう最善の方法でお召し上がりください♪

凝縮された旨味と引き締まった身をもつ鹿島灘のハマグリにはリースリング種の白ワインが相性抜群です!

【クロ・ド・ラ・ロシュもお試し!】ドメーヌ・デュジャック!!
28日(日)の渋谷店サンデー・スペシャルは
話題のイギリス産スパークリング・ワインと
ブルゴーニュ、モレ・サン・ドニ村のスター
ドメーヌ・デュジャックが登場!
・・・・・・・・・・・・・・・・
☆Funコース
お花見がてら、楽しい泡の英仏対決

02  ナイティンバー<イギリス>
N.V. エリック・ロデス<フランス/シャンパーニュ>

2Glassセット 1,995円 (各60cc)

Funコースはお花見のウキウキ気分を引き立てる
泡ものの対決!
話題のイギリス産スパークリング「ナイティンバー」の
ヴィンテージ入り上級品をどうぞ!

・・・・・・・・・・・・・
★Advanceコース
やっぱり凄い ドメーヌ・デュジャック

07 モレ・サン・ドニ (デュジャック)
07 クロ・ド・ラ・ロシュ (デュジャック)

2Glassセット 4,410円 (各60cc)

Advanceはフランス、ブルゴーニュ地方モレ・サン・ドニ村の
スター生産者、デュジャックが登場。
資産家の息子にしてパリの銀行マンであったが、、
ブルゴーニュの農民として生きる道を選んだ
ジャック・セイス氏。
今や地元でも尊敬の的となっている、スターです。
本拠地モレ・サン・ドニの村名ものと、
彼の代表作クロ・ド・ラ・ロッシュを
並べてお楽しみください。

シノワ銀座店 店内完全禁煙化のお知らせ
こんにちは シノワ銀座店 高村です

今日は皆様にシノワ銀座店よりお知らせがございます

来る4月1日(木)より
シノワ銀座店 店内完全禁煙とさせて頂きます
(店外に灰皿を設置いたします)

何卒、皆様 御容赦いただけるようお願い申し上げます

3月27日シノワ銀座店サタデーワイン♪
毎週末のお楽しみ♪シノワ銀座店サタデーワインのご紹介です。

今週は、ボルドー1997年の飲み比べ

リリース直後は過小評価されていたヴィンテージですが
柔らかなタンニンと口当たりが特徴の味わいが再評価されているようです

いやー ワインの作柄は判らないものですね・・・


3月27日(土)
SPECIALコース
1997年 ボルドーの真実


1997 シャトー・ランシュ・ムーサ (ポイヤック)
1997 シャトー・ラ・コンセイヤント (ポムロール)
1997 シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン
               (ペサック・レオニャン)

3グラスセット¥5,300  各70cc

まずは、小手調べ ポイヤックのランシュ・ムーサ
優しすぎるくらいの口当たりです

ポムロールを代表するコンセイヤント
持ち前のシルキーさが特に顕著に出ている1997年
“ポムロールのラフィット”の渾名は伊達じゃないです

そして男性的なワインと言われるラ・ミッション
1997年は硬さが中和され現在ほど良い熟成感で美味です!

【究極の甘口・・・】1959年の甘口をどうぞ!
22日(月、振り替え休日)も渋谷店は
スペシャル・グラスワインをご用意!

注目は何と言っても1959年のイタリア、プーリア州の
甘口です!

・・・・・・・・・・・・
☆Funコース
ドメーヌ・アルローによる3村縦断

07 ジュヴレ・シャンベルタン (アルロー)
07 モレ・サン・ドニ (アルロー)
07 シャンボール・ミュジニィ (アルロー)

3Glassセット 3,150円 (各60cc)

Funコースは、ブルゴーニュ期待のドメーヌ、
アルローによる村ごとの飲みくらべ。
ジュヴレ、モレ、シャンボールの
コート・ド・ニュイ人気の3村を同じヴィンテージで
飲み比べて、村ごとの微妙な味のちがいを
ひろってみてください。

・・・・・・・・・・・・・
Advanceコース

南イタリア奇跡の甘口1959


59 ソラリア・イオニカ (アントニオ・フェッルーガ)

3,980円 (45cc)

究極の甘口…と言われれば
真っ先に思い浮かぶのは、シャトー・ディケム等の貴腐ワイン。
しかし今回登場するこの甘口は、
知名度こそありませんが全くひけをとりません。

酷暑の1959年イタリア、プーリア州。
樹齢90年のプリミティーボは木になったまま干からび、天然の干しブドウ状態に。
それをワインにしたてたのち、
樽で10年、
コンクリートタンクで30年、
計40年熟成させたのち、リリース。

自然と時間の結晶ともいうべき、奇跡の甘口です!
超希少!
これを逃すと、たぶんもう飲めませんよ!







春といえば・・・VOL.3
こんにちは シノワ銀座店 高村です

春といえば・・・このシリーズも3回目(笑)

春は旬の食材が豊富なので話のネタがつきません♪

今回の “春といえばこれでしょう!!”は、これです!



ナンじゃこりゃ?と、お思いかもしれませんが
これは春の到来を告げるマストアイテム!

艶やかに輝く白い肌
シェーヴルチーズのフレッシュタイプです

山羊の出産時期は冬の間
ミルクは赤ちゃんに飲ませるものです
だ・か・ら 美味しいミルクが絞れるのは2〜3月ぐらい
絞りたてのミルクで作った熟成させない
フレッシュタイプは3〜4月が旬なのです
(熟成させたものは夏ぐらいが旬)

チーズに詳しくなりフレッシュシェーヴルが市場に出回ると
“あー、もう春なのか もう一年経ったのかー”
などと、感慨深く一年の反省などしてしまうのです・・・

そんなことで、今が旬のシェーヴルフレッシュチーズ
3月は毎日、ご用意してご来店お待ちしてまーす♪

【誰もが知ってるあのワイン】オーパス・ワン、お試し!
21日(日)の渋谷店サンデー・スペシャルは
カリフォルニアの高級ワインとして
知名度No1のオーパス・ワンが登場!
気になってた…という皆様、お試しのチャンスです!
・・・・・・・・・・・・・・・・
☆Funコース
ローヌのスタートリオ、ヴァン・ド・ヴィエンヌ

07 コンドリュー (ヴァン・ド・ヴィエンヌ)
04 シャトーヌフ・デュ・パプ (ヴァン・ド・ヴィエンヌ)
04 ソタナム (ヴァン・ド・ヴィエンヌ)

3Glassセット 3,150円 (各60cc)

Funコースは、フランス、ローヌ地方から。
イヴ・キュイロン、フランソワ・ヴィラール、ピエール・ガイヤールの
3人のローヌトップ生産者のジョイントベンチャー
「ヴァン・ド・ヴィエンヌ」の白と赤2種の飲み比べ。
各品種の個性もよく出てローヌのアウトラインも把握できます。

・・・・・・・・・・・・・・
★Advanceコース
仏&米夢のタッグ オーパス・ワンをお試しあれ


06 ロバート・モンダヴィ・カベルネソーヴィニヨン
06 オーパス・ワン

2Glassセット 4,200円 (各60cc)

advanceはオーパス・ワンが登場!
ロバート・モンダヴィとシャトー・ムートン・ロートシルトの
ジョイントベンチャーのこちらは
ワインの入門書等でも必ずでてくる
カリフォルニア高級ワインの代名詞的存在ですよね。

知ってはいるけど、飲んだことない…という皆様に
お気軽にお楽しみいただけるようにいたしました。
この機会をおお見逃しなく!



シノワ・オリジナルブレンド・ハーブティー
  • 2010.03.17 Wednesday
  • -
  • 15:16
  • -
  • -
  •  
シノワでハーブティーをお召し上がりになったことはございますか?

お食事とワインの後に、そして一日の終わりに、
とっても心安らぐ香り高いハーブティー。
お店ではご注文頂いてから6種類のハーブを調合して
皆様にお出ししております。

↑カモミールを中心に6種のブレンドになっています


こちらのハーブティー、
お持ち帰り用の販売も致しております。

シノワ・オリジナルブレンド・ハーブティー
1000円 (税込)


一つ一つスタッフが丁寧に調合し、手作業で作っています
一回で4名様分淹れられる分量のパックが5包入っています。
ご自宅でお気軽にシノワと同じ味わいのハーブティーをお楽しみください。


↑ご自宅で、またプレゼントなどにもどうぞ!


春といえば・・・VOL.2
こんにちは シノワ銀座店 高村です

3月に入り徐々に花粉や桜など春らしい事柄が
シノワブログでも大流行みたいですが

春といえば・・・

花粉症?
お花見?
始業式?

いやいや、春といえばこれでしょう!!



今回は何処からともなく、賛同の拍手が聞こえる・・・

そう!春の到来を告げる白アスパラガス!!

シノワ銀座店にはフランス ロワール産が春と共に届きました!

まだそれほど太さはありませんが
シンプルに茹で上げてオランデーズソースでどーぞ♪
あわせるワインはもちろん!ロワール産の白ワインです!!

極太が入荷次第また情報をお届けしまーす♪

3月20日シノワ銀座店サタデーワイン♪
毎週末のお楽しみ♪シノワ銀座店サタデーワインのご紹介です。

今週は、ワイン通なら絶対興味を惹かれる白ワインと
当り年のオールドヴィンテージ!!

素敵なセットで週末を楽しんでください♪


3月20日(土)

Fanコース
赤ワインの名手の白ワイン


2005 クラレンドル・ブラン (ボルドー)
2004 オー・コート・ド・ニュイ・ブラン
      ・クロ・サン・フェリベール (メオ・カミュゼ)
2005 エルミタージュ・ブラン (ギガル)

3グラスセット¥2,800  各70cc

オー・ブリオン所有のムーシェ家が手掛けるクラレンドル
メオ・カミュゼが手掛ける唯一の白ワイン
ローヌ地方の帝王ギガルの白のエルミタージュ

どれも、何だか美味しそうじゃありませんか?


Advanceコース
当り年1988年 ブルゴーニュVSボルドー


1988 ボーヌ・レ・トゥーロン (ジャック・ジェルマン)
1988 シャトー・ボーセジュール・ベコ
                  (サン・テミリオン)

2グラスセット¥4,200  各70cc

ブルゴーニュからはボーヌの一級畑トゥーロン
造り手はボーヌといえばこの人、ジャック・ジェルマン!
ヨーロッパのミシュラン星付きで必ずリストオンのドメーヌです

ボルドーからはサン・テミリオンのボーセジュール・ベコ
80年代の格付け見直しで降格されましたが90年代でまた昇格
いろいろと物議がありましたが飲めば納得の美味しさ

輝かしい評価の1988年是非お試しください。

【ヴォーヌ・ロマネ一級】七つも!並べてお楽しみあれ
月イチ恒例の渋谷店ワイン会。
毎回趣向を凝らしたワインの飲み比べをご提案しております。
ひとつひとつのワインももちろん素晴らしいものばかり。
お料理もついていて、大変お得な、楽しいイベント。
今月は、ブルゴーニュ、ヴォーヌ・ロマネ村のワイン7種の
おいしく楽しい飲み比べです!

☆3月の渋谷店ワイン会☆
<地球が生んだ奇跡の村 ヴォーヌ・ロマネ一級>
3月23日(火)開催

ワイン:ヴォーヌ・ロマネ村一級畑7種
・02 ヴォーヌ・ロマネ・レ・ショーム (メオ・カミュゼ)
・01 ヴォーヌ・ロマネ・オー・ブリュレ (M・グロ)
・01 ヴォーヌ・ロマネ・クロ・デ・レア (M・グロ)
・99 ヴォーヌ・ロマネ・レ・ブリュレ (ルネ・アンジェル)
・99 ヴォーヌ・ロマネ・レ・ルージュ (ジャン・グリヴォ)
・96 ヴォーヌ・ロマネ・レ・スショ (C・コトティド)
・82 ヴォーヌ・ロマネ・ラ・グラン・リュ (F・ラマルシュ)

各60cc
19,500円
お料理つき
お時間はご自由です。(但しワインは18時に抜栓します)

・・・・・・・・・・・・・・
ロマネ・コンティやラ・ターシュ、リシュブールだけが
ヴォーヌ・ロマネではありません!
「ヴォーヌに並のワインはない」とは
よく言われる言葉。
ここで産するすべてのワインが際立った味わいを持っています。
世界中のピノ・ノワールファンを虜にし、
世界中のワイン生産者を嫉妬させる
まさに「奇跡の村」なのです!

この村のワインは、
独特の甘美でエキゾチックな香りを持っていますが
一級畑のものは、
更にその畑独特の「テロワール」を
明確に感じることができます。

現在は特級に昇格した
「ラ・グラン・リュ」の古酒を含めた7本の
贅沢極まりない飲み比べで、
眩暈のするような香りに包まれつつ、
ヴォーヌ・ロマネの全体像に迫ってみてはいかがでしょう?

3月は桜月間!!
春といえば・・・
別れがあり、
そして、
出会いもある季節。

桜が咲くと・・・
ウキウキ気分と
少し切ない思い出に
胸がキュッとしめつけられる。
そんな気がします。

さて、3月のシノワ渋谷は「桜月間」です。
テラス席前に飾ってある大きな活け込みが桜になります!
今週は山形県の啓翁桜。



吉永啓太郎さんという方が
2種の桜を交配して誕生させたそうです。
名前から一字をとって啓翁桜。
冬でも咲くという早春を告げる桜です。
うす紅色の花が愛らしいですね。

シノワで一足早いお花見。
ワイン片手に思い出話に
華を咲かせてみてはいかがですか?

渋谷店の高木でした。



















【シャトー・マルゴーの弟】パヴィヨン・ルージュ
3月14日(日)ホワイト・デーの渋谷店サンデースペシャルは
ブルゴーニュの気軽な飲み比べと
最もロマンティックなシャトー、
シャトー・マルゴーのセカンドワイン
パヴィヨン・ルージュの飲み比べです!
・・・・・・・・・・・・・
☆Funコース
巷で噂の新生ドメーヌ・ブシャール

06 ムルソー・レ・クルー 
05 ボーヌ・デュ・シャトー・ルージュ
02 ヴォルネイ・タイエピエ
  (すべてドメーヌ・ブシャール)

3Glassセット 2,835円 (各60cc)

Funコースはブルゴーニュの楽しい飲み比べ
理想の高い新オーナーの惜しみない投資で
みごとに生まれ変わった
ドメーヌ・ブシャールのものを
お楽しみください。

★Advanceコース
シャトー・マルゴーの美意識を気軽に
〜パヴィヨン・ルージュ〜

05 パヴィヨン・ルージュ・ド・シャトー・マルゴー
94 パヴィヨン・ルージュ・ド・シャトー・マルゴー

2Glassセット 3,675円 (60cc)

Advanceコースは最も華麗なシャトー
シャトー・マルゴーの弟分、
パヴィヨン・ルージュの飲み比べ。
スーパーヴィンテージと言われる2005年と
熟成した飲み頃の1994年を
並べて較べてみてください。

春といえば・・・これ!
こんにちは
3月に入り、日射しも柔らか春を感じる今日この頃

春といえば・・・
苺?
桜?
卒業式?

いやいや、春といえばこれでしょう!!


そう!ホタルイカです!!

え!ちがう?なぜか反論の声が聞こえてきますが・・・
気にしないで先に進みます(笑)

産卵の時期(3〜5月)にあわせて旬とされるホタルイカ
富山湾など日本海側がメジャーな漁場です

ホタルイカ漁を見たことありますか?
夜、暗闇の海の中、うっすらと輝くホタルイカ
けっこう幻想的な世界・・・
(そういえばホタルイカの寿命は1年らしいです
精一杯子孫を残すために輝いているのでしょう・・・)

前フリが長くなりましたが
そんな、旬のホタルイカをリゾットでお召し上がりください!

ホタルイカのワタを確りと効かせた風味たっぷりの料理です

見た目は良くありませんが味は折り紙付です!!

3月いっぱい毎日ご用意いたしております♪
合わせるワインはロワールのヴーヴレなんてどうでしょう?

シノワ銀座店3月21日(日)ワイン会♪
3月のシノワ銀座店ワイン会は
“シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ”ワイン会です!

ジュヴレ・シャンベルタン村で
シャンベルタンと共に並び立つ巨頭です。

歴史的にシャンベルタンより古くクロ・ド・ベーズから
シャンベルタンが生まれたようなものです。

昔からロマネ・コンティ、ミュジニと
並ぶ最高のブルゴーニュワイン、クロ・ド・ベーズ。

今回は90年代から70年代!まで、
皆さん大好きなアルマン・ルソーが2本も入ってます!

7世紀にベーズ修道院の僧侶達が発見した偉大な畑
クロ・ド・ベーズ、歴史に思いを馳せながらお楽しみください。



★3月21日(日)
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ ブルゴーニュ最古の畑★

■1997 CHAMBERTIN CLOS DE BEZE (BRUNO CLAIR)
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ (ブルーノ・クレール)
■1996 CHAMBERTIN CLOS DE BEZE
               (ARMAND ROUSSEAU)
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ (アルマン・ルソー)
■1988 CHAMBERTIN CLOS DE BEZE
                (ARMAND ROUSSEAU)
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ (アルマン・ルソー)
■1986 CHAMBERTIN CLOS DE BEZE (PIERRE DAMOY)
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ (ピエール・ダモワ)
■1972 CHAMBERTIN CLOS DE BEZE
                (JOSEPH DROUHIN)
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ 
             (ジョセフ・ドゥルーアン)
各70cc
日程  3月21日(日)
営業日が変更となり22日(月)がお休みとなります。
時間 ご自由 但しワインは全て17:30に抜栓させて頂きます。
場所 シノワ銀座店 各テーブルにてお楽しみください。
定員 10名様   お一人様より承ります。
料金 39,800円 <消費税込み・サービス料別・料理別>

ご興味のある方、ご連絡お待ちいたしておりまーす♪

3月13日シノワ銀座店サタデーワイン♪
毎週末のお楽しみ♪シノワ銀座店サタデーワインのご紹介です。

今週末はホワイトデー♪
チョコのお返しにワインはどうでしょうか?

サタデーワインセットやデザートワインなど
グラスワインをいろいろ楽しめるシノワの週末、
皆様のお好きな味わい方でお楽しみください♪


3月13日(土)

Fanコース
2001年 隠れた優良ヴィンテージ


2001 ヴォーヌ・ロマネ・オー・ブリュレ
               (ミシェル・グロ)
2001 シャトー・プリューレ・リシーヌ (マルゴー)
2001 コート・ロティ (ジャン・ミシェル・ステファン)

3グラスセット¥3,800  各70cc

リリース直後はケチョンケチョンな扱いを受けていた
2001年ですが近年再評価され始めています

確かに全体としての線は細いのですが洗練された
上品な口当たりと適度な熟成感が堪らない年です



Advanceコース
ニュイ・サン・ジョルジュのスター★


2004 ニュイ・サン・ジョルジュ・ブラン・ラ・ジェルボ 
                    (ラルロ)
2001 ニュイ・サン・ジョルジュ・
      クロ・ド・フォレ・サン・ジョルジュ (ラルロ)

2グラスセット¥3,200  各70cc

モレのデュジャックで修行した醸造家がワインを造り
最近はプティ・D.R.C と呼ばれ程、
高品質ワインを造り上げるラルロ、
ニュイの白ワインと看板畑の一級をお楽しみください♪

現在グランクリュ昇格申請中の畑があるニュイの村
今更ながら再注目です!!

渋谷店久保岡のスイーツ日記vol.1
こんにちは!!渋谷店(・・・通称)スイーツ番長久保岡ですっ
3月に突入しましたね(^_^)
街へ繰り出すとパティスリーにはパステルカラーのマカロン、いちごをぎっしりつめたタルト、定番桜餅などショーケースは春満開ですっ
3月よりシノワのメニューも春真っ盛りです!!!
春大好きラブ久保岡のおすすめスイーツは「桜のシフォンケーキ」です!
ほんのり桜香るふわふわなこのシフォンケーキは桜リキュールや桜花を練りこんで焼き上げた生地にバニラ風味のソースと桜色のホイップクリームをトッピング・・・
驚く程の軽い生地と鼻からぬける桜の心地よい香りとバランスのよい桜花の塩気に春を感じずにはいられませんっ
とにかくご賞味下さい!!!
春を心待ちにしている女性のみなさま!桜シフォンで女子力UP間違いなしです!!!
お菓子を愛するスイーツ男子のみなさま!桜シフォン食べずして春スイーツは語れません!!!
シノワ渋谷店も春満開です!!!

【モンラッシェに限りなく近いバタール】ピュリニィの隠し玉、ポール・ペルノ
3月7日(日)の渋谷店サンデー・スペシャルは
イタリアの銘醸地を仮想旅行するFunコースと
ブルゴーニュの白ワインの優良生産者の飲み比べのAdvanceコースです。

・・・・・・・・・・・・・・・
☆Funコース
イタリアを代表する銘醸地

08 サン・ヴィンチェンツォ (アンセルミ)
04 バローロ・ゾンケッラ (チェレット)
05 キャンティ・クラシコ (カステロ・デッラ・パネレッタ)

3Glassセット 2,835円 (各60cc)

Funコースはイタリアワインを3種
ヴェネト州の白、
ピエモンテ州の、そしてイタリアを代表する赤、バローロ
もう一つイタリアを代表する産地、トスカーナ州のキャンティ
三つ並べて気楽にお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・
★Advanceコース
ピュリニィの隠れた至宝、ポール・ペルノ

07 ブルゴーニュ・ブラン(P・ペルノ)
07 ピュリニィ・モンラッシェ (P・ペルノ)
07 バタール・モンラッシェ (P・ペルノ)

3Glassセット 4,410円

Advanceコースは
フランス、ブルゴーニュ地方から
世界最高の白ワイン「モンラッシェ」を産する
ピュリニィ・モンラッシェ村の生産者、
ポール・ペルノをフューチャー。
ネゴシアンに多くを売ってしまう為
知名度はさほど高くありませんが、
品質には定評があります。
特にバタール・モンラッシェは
モンラッシェと接する絶好の区画を所有。
限りなくモンラッシェに近いバタールと言われています。

シノワ銀座店3月お勧め料理♪
シノワ銀座店 3月のお勧め料理は
これからが旬のトコブシを使った冷たい爽やかな料理。

★トコブシとスナックインゲン フルーツトマトのサラダ
           ラヴィゴットソース ¥1,890★

アワビと一緒にされてしまうトコブシですが
この時期はアワビなんかより断然美味しい食材です!

甘みののったあの独特の噛み応え・・・
他の食材では感じられない旨味です。

そのトコブシを和だしで味を含ませながら
柔らかく煮て冷まします。


お供は瑞々しいスナックインゲンと
栃木県産の“ミストマト”


このトマトは農家の方が丹精込めて育てた
甘みと酸味のバランスが良い絶品の食材です。

味をまとめ上げるのは白ワインヴィネガーが
ベースのラヴィゴットソース。

一足先に春の爽やかさを料理で感じてください♪

サロンコンサート情報!「サロンで聴くバッハ ガット弦による無伴奏チェロ」
皆様〜ッ、お知らせです!

春爛漫真っ只中の4月18日(日)のお昼に、渋谷店でサロンコンサートの開催が急遽決定しました!第18回目の今回は、ちょっと凄いゲストです。サロンコンサート初登場の鈴木秀美さんです!当日はチェロを片手に引っ提げて、バッハの無伴奏チェロ組曲を演奏しに来てくださいます。


クラシック好きな方ならすでにご存知かと思いますが、お兄さんはあの有名なバッハ・コレギウム・ジャパンの指揮者鈴木雅明さん。弟の秀美さんもチェロ界の第一人者、そして指揮者としても大変有名です。


そして、渋谷店のサロンコンサート、実はコンサートホールの演奏会とは全く違うんです。それは・・・、
.轡礇鵐僉璽縫紊魄みながら演奏を聴いて頂けます。
■苅或佑箸い少人数で独占しちゃいます。だから、臨場感たっぷり!演奏家の息遣いまで聴こえてきます。


どうですか?シャンパーニュのグラスを傾けながら、チェロの音色に浸りきる・・・、こんなのって・・・、他のコンサート会場では絶対、無理無理!ですよね?


音楽好き、チェロ好き、バッハ好き、シノワ好き、そしてワイン好きな方々、もちろん普段あまりコンサートには行かないけれどサロンコンサートってどんなんだろう???って思っていた方、今回は絶対オススメですよ♪
とにかく少しでもご興味があれば、ぜひ参加してみてくださいね。至福の時間をご提供させていただきます。そして、コンサート後には、季節の食材を使ったコース料理とワインをご用意しています。お申し込みは是非お早めに!スタッフ一同、皆様のご予約を心よりお待ち申し上げております。                                                                  


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     第18回シノワ・サロンコンサート  
“サロンで聴くバッハ、ガット弦による無伴奏チェロ” 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
”オーガナイザー幅氏より”

今回のシノワ、サロン・コンサートは日本を代表するチェロ奏者の鈴木秀美さんをお迎えして“サロンで聴くバッハ”と題して、シノワ初登場となるチェロの音色を堪能して頂きます。鈴木さんと言えばその抜群のチェロの腕前にとどまらず、自ら率いる『オーケストラ・リベラ・クラシカ』の指揮者、室内楽の内外の名演奏家との数々の共演、また兄上、鈴木雅明さんの主宰する『バッハ・コレギウム・ジャパン』の創設以来の主席チェロ奏者を務めるなどその業績は輝かしいばかりです。今までにリリースしたCDも常に高い評価を受け、またその著書『ガット・カフェ』でも話題をさらっています。更に最近出版されたバッハの『無伴奏チェロ組曲』ではバッハの音楽に関する造詣の深さを披露しています。

さて今回そんな鈴木さんが満を持してのシノワ・サロンコンサートへの登場となりました。鈴木さんの演奏スタイルは何と言っても“ガット弦”の魅力を最大限に引き出した「当時のスタイルによる楽器と弓によって新鮮に語られるバッハ」といえましょう。また今回のコンサートに際して自らの演奏に対し次のようなコメントも頂きました『いわゆる一般的なチェロではなく、バロック当時のスタイルによるもので、ガット弦を用いエンドピン(床に突き刺す棒)はないこと、弓も「弓形」をしたもので、バッハの音楽が要求する音楽の発音や語りかけを容易にするものであること』。バッハの室内楽の魅力は『無伴奏チェロ組曲』に集約されると言っても過言でなく、その音色は金属弦ではなくガット弦で奏でられたときに本来の姿を現します。6曲のなかから鈴木さんはシノワのサロンの雰囲気に合わせ「第1番 ト長調BWV1006」「第4番 変ホ長調BWV1008」を演奏します。

そのダンディーな風貌と相まって、バッハへの深い思いと造詣に裏打ちされた鈴木さんの創造する音楽世界は、年を経て醸成されてゆくヴィンテージ・ワインの放つ芳醇な味わいにも通じるものがあります。そんな鈴木さんのチェロによるバッハがここシノワのサロンを満たします、それも限られたお客様だけに。こんな贅沢な演奏に出会える今回のサロン・コンサート、オーガナイザーも大いに期待しています。いつものようにコンサートの後はシノワ厳選のワインとお料理を楽しんで頂きます。スタッフ一同皆様のご参加を心よりお待ちしております。


当日のプログラム
バッハ:無伴奏チェロ組曲より「第1番 ト長調BWV1006」「第4番 変ホ長調BWV1008」全曲



☆プロフィール/鈴木秀美(チェロ/指揮)
神戸生まれ。チェロを故井上頼豊、安田謙一郎ほか諸氏に、指揮を尾高忠明、秋山和慶に師事。84年文化庁在外研修員としてデン・ハーグ王立音楽院に留学、アンナー・ビルスマ氏に師事。「18世紀オーケスト」(1985~1993)、「ラ・プティット・バンド」(1986~2001)のメンバーとして活躍「バッハ・コレギウム・ジャパン」の通奏低音奏者。91年村松賞大賞を受賞。1994~2000年まで ブリュッセル王立音楽院バロック・チェロ科教授を務めた。 ヴァイオリンの寺神戸亮、ドミトリー・バディアロフ及びソフィー・ジェント、ヴィオラの森田芳子と共に「ミト・デラルコ」を結成水戸芸術館の専属クァルテットとして活動した(1999~2008)。録音では、バロックのソナタや協奏曲のほか、通奏低音としてA. ビルスマほか数多くと共演。95年《バッハ/無伴奏チェロ組曲全曲》で平成7年度文化庁芸術作品賞を受賞、05年春に新録音。《シューベルト/アルペジオーネ・ソナタ》《ベートーヴェン/チェロ作品全集》《ロマンス》(ピアノ小島芳子)等をリリース、《ハイドン/チェロ協奏曲集》では第36回レコード・アカデミー賞(協奏曲部門)を、2000年にはベートーヴェンのCDでフランスのディアパゾン金賞を受賞。平井千絵との「メンデルスゾーン:チェロとピアノのための作品集」で06年文化庁芸術祭優秀賞受賞。08年秋には同じく平井千絵と「ショパン/ツェルニー・チェロ作品集」をリリースした。バッハ・コレギウム・ジャパンでは殆ど全ての録音で通奏低音を務めている。2001年に古典派を専門とするオーケストラ・リベラ・クラシカを結成、《アルテ・デラルコ》レーベルより、そのライヴ録音をリリース。同レーベルには室内楽も含まれ、30枚を越える。著書に「『古楽器』よ、さらば!」とその改訂版、「ガット・カフェ」、バッハの組曲の詳説に楽譜を加えた「無伴奏チェロ組曲」。第37回サントリー音楽賞受賞。東京芸術大学古楽科非常勤講師。

鈴木秀美さんのHPはこちら↓
http://www.hidemisuzuki.com/

------------------------------------------------------------------
●会場/シノワ渋谷店
●日時/2010年4月18日(日曜日)
●開場/12:30/コンサート 13:00〜14:00 
          お食事 14:00〜16:00
●料理/コース料理、シャンパン、ワイン2種付き 
●定員/40名様限定
●金額/16,800円(ワイン、食事代、消費税・サービス料込み)
※事前振り込みをお願いしております
※ご入金後のご返金、キャンセルにつきましては、
 誠に勝手ながら応じられません。
 ご了承下さいますようお願いいたします。
●お申し込み/TEL 03−5457−2412
       またはメールで info@chinois.jp                                      



シャンパンブランチ⇒ロゼ・シャンパンブランチ!
3月に入りましたね〜!
春も間近?!と思いきや、まだまだ寒い日が続いてますね。。。
早く、ウキウキ♪な春の到来が待ち遠しいですね!

しか〜し!!
シノワ渋谷では、ちょっぴり早く春を感じる事ができるんですョ

それは・・・

シャンパンブランチです(^▽^)/

シャンパンブランチ??と思う方。。
ご説明しましょう。

シノワ渋谷では、土・日・祝日と、ちょっと贅沢なブランチの営業をしているのです。
プリフィクスの3皿のコースの始めに、グラスのシャンパンが
ついて、なんと?!
3,980円でご用意してるのです!
しかもそのシャンパンが、3月〜5月の間は、ロゼシャンパンに
変わるのです!
桜の季節に合わせてロゼシャンパンなんて、まぁ〜なんてオシャレじゃないですか♪



更に、ワイン好きの方には、もっとお得なプランがあるんです!
食事のコースに、プラス1,900円で、ワインのフリードリンクが楽しめるんですョ!
どうです??魅力的でしょう?!

太陽の光が差し込む午後の休日。。。
桜色に輝いたシャンパングラスを傾けながら、ちょっと素敵な
お花見気分になること、間違いなし!ですよ。

ぜひ、今度の休日は、シノワ渋谷店に、一足早い春を感じにいらして下さい!

シノワブログ初登場の、渋谷店タカハシ♀が、春の便りをお届けしました(^-^)☆

シノワ銀座店3月6日サタデーワイン♪
毎週末のお楽しみ♪シノワ銀座店サタデーワインのご紹介です。

3月も気軽に、ディープに、わかりやすく、マニアックに、

毎週末、いろいろな味わい方でお楽しみください♪


3月6日(土)

Fanコース
2007年 白ワインいろいろ♪


2007 トゥーレーヌ・アゼ・ル・リドー・ユーフラジ 
            (ロシュ)
2007 ピュリニー・モンラッシェ (ポール・ペルノ)
2007 シャトーヌフデュパプ・ブラン (セネシュー)

3グラスセット¥2,800  各70cc

今回のファンは2007年産白ワインでフランス巡りです♪
北はロワールから南はローヌまで色とりどりのワイン達です。

一口に白ワインといってもその味わいは千差万別!


Advanceコース
2006年ブルゴーニュ 注目の生産者


2006 モレ・サン・ドニ (フランソワ・フュイエ)
2006 ヴォーヌ・ロマネ・コロンビエール
              (ファブリス・ヴィゴ)
2006 サヴィニ・レ・ボーヌ・セルパンティエール
              (ミシェル・エカール)

3グラスセット¥3,200  各70cc

造り手の力量が如実に現れた2006年ブルゴーニュ

今回は新世代と言われる実力者ばかりを集めてみました。
デヴィ・デュバンの別名義ラベル、フュイエ
アンリ・ジャイエが認めたファブリス・ヴィゴ
サヴィニのトップ、モーリス・エカールの相続者

世界中が注目している造り手ばかりです!


 

ワインバー