Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>
シノワワインニュースvol.14
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
シノワ・ワインニュースVol. 14
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

シノワ銀座店 高村が食、ワインに関するニュースを私的な興味でお伝えいたします!

☆2009年ボルドーの最新評価!
前評判の高かった2009年ボルドーワインの瓶詰め後の最新評価が出てきました
パーカーさんは、なんと19銘柄に100点満点を付けたようです!“1982年以来経験したことの無い興奮”と評価
100点をマークしたシャトーは、コス・デストゥルネル、デュクリュボーカイユ、オー・ブリオン、ラ・ミッション、ラトゥール、レオヴィル・ポワフェレ、モンローズ、パプ・クレマン、ポンテ・カネ、スミス・オー・ラフィット、ボーセジュール、クリネ、ベルヴュー・モンドット、クロ・フルテ、モンドット、ル・パン、レヴァンジル、パヴィ、ペトリュスでした

☆D.R.C.コルトンの出来栄えは!?
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社が2009年よりリリースするコルトンの評価が出てきました
イギリスの輸入業者の試飲会ではコルトンはエシェゾーの次の位置付け
イギリスでの販売価格は約¥23,000
ワインアドヴォゲイトは91〜94点、ステファン・タンザー氏は91点の評価です
日本での販売はもう少し先になりますが早く試してみたいものです♪

☆クラレンス・ディロンの5番目のワインデビュー
オー・ブリオンを所有するクラレンス・ディロン社が昨年購入したテルトル・ド・ゲを名称変更して4月にデビューさせます
オー・ブリオン、ラ・ミッションに続く赤ワイン、そしてディロン社が手掛けるメルロ種ワインとして期待が集まっています
サン・テミリオンのテルトル・ド・ゲは新たに“クィントス”として2011年ものが4月のプリムール試飲会でデビューです

☆バロン・ド・ロートシルト社、中国でワイン生産!?
ラフィット・ロートシルトのバロン・ド・ロートシルト社が中国・山東省でワイナリーの建設に着工したようです
中国政府系の企業との合弁事業で約13億円の初期投資でワイナリーを建設
同社は15年がかりで栽培適地を探して中国のボルドーと呼ばれる山東省にたどり着きました

☆モエ・へネシー社、中国でワイン生産!?
シャンパーニュのモエ・エ・シャンドンで有名なモエ・へネシー社が中国・雲南省で赤ワインを生産するようです
現地のワイン事業者と提携し標高2000メートルを超す畑でブドウを栽培して中国国内向けに販売する予定です
雲南省は200年近いブドウ栽培の歴史があるそうです
ワイン業界の中国熱は、まだまだ続きそうです

☆ブルゴーニュが世界遺産になるかも!?
ブルゴーニュのクリマがフランス政府によって世界遺産候補に正式登録されたようです
世界遺産登録運動を進めてきた中心人物はD.R.C.のヴィレーヌ氏
今後は国際審査に向けての活動を展開していくようです
続報があれば引き続きお伝えしていきます

今回のニュースは以上になります。お楽しみいただけましたか?
続報、新ニュースが届き次第お知らせしてまいります!


シノワワインニュースvol.11
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 シノワ・ワインニュースVol. 11
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

シノワ銀座店 高村が食、ワインに関するニュースを
私的な興味でお伝えいたします!

※毎月配信しているメールにてご案内しているニュースです
 ご興味あればシノワメール登録をおすすめいたします♪
 ブログトップ画面Linksより“メルマガのご登録”でどうぞ!
※過去の2011.10月バックナンバーより抜粋して紹介です♪

★世界ソムリエコンクール、日本で開催決定!★
2013年の世界最優秀ソムリエコンクールが
東京で開催されることが決定しました
東京で開催されるのは1995年に
田崎真也さんが優勝して以来、2度目です
今回も日本人の優勝者に期待しましょう!

★日本人初のマスター・オブ・ワイン誕生!★
とうとう?やっと?
日本人初のマスター・オブ・ワイン合格者が現れました
イギリスでフリーワインコンサルタントとして活躍している田中麻衣さんです!
ワイン界の最難関資格合格者は世界中で約300人だけです!

★一級に匹敵する注目ボルドーワイン★
ロバート・パーカーさんが開くセミナー“マジカル20”の
試飲アイテムとして一級並み品質ワインが発表されました
二級格付けが中心ですが、ポンテ・カネ、マレスコ・サン・テグジュぺリ、パプ・クレマン、オー・バイィ、クロ・フルテ、ラ・フルール・ペトリュス、ル・ゲイなど今後注目に値するシャトーの名前も入っています

★ポマールにグランクリュが誕生するかも!?★
ブルゴーニュのポマールの一級畑リュジアンとエプノをグランクリュ格上げに申請準備中です
過去にはクロ・ド・ランブレ、グラン・リュがグランクリュに格上げされたことがありますが後に続けるでしょうか?
ちなみにニュイ・サン・ジョルジュのレ・サン・ジョルジュもグランクリュ申請中です

★高品質ワインは手摘みがスタンダード?★
ブルゴーニュの5つのグランクリュの単独所有畑で2011年からの機械収穫が禁止になりました
(ラ・ロマネ、グラン・リュ、ロマネ・コンティ、ラ・ターシュ、クロ・ド・タールの5つ)
世界的に高品質ワインは葡萄の手摘みが当たり前になっています
2014年を目標にすべてのグランクリュで機械収穫禁止を目指しているそうです
ワインの質の向上を狙った機械収穫禁止で今後ますますグランクリュの品質が向上します!


今回のニュースは以上になります。お楽しみいただけましたか?
続報、新ニュースが届き次第お知らせしてまいります!

シノワワインニュースvol.12
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  シノワ・ワインニュースVol. 12
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

シノワ銀座店 高村が食、ワインに関するニュースを
私的な興味でお伝えいたします!

※毎月配信しているメールにてご案内しているニュースです
 ご興味あればシノワメール登録をおすすめいたします♪
 ブログトップ画面Linksより“メルマガのご登録”でどうぞ!
※今回は過去のバックナンバーを抜粋しての紹介です♪

★2011年NO.1ワイン!★
ワイン雑誌ワイン・スペクテイターが選ぶ2011年ワイントップ100が発表されました
NO.1に輝いたのはカリフォルニアのソノマコーストでコスタ・ブラウンが造るピノ・ノワール2009年でした。2位はナパヴァレーのホールが造るC.Sキャスリン・ホール2008年、3位はフランス・ロワールのユエが造るヴーヴレイ・モワルー・クロ・デュ・ブルグ プルミエ・トリ2009年、
このトップ100の企画は、その年に新発売されたワインで品質、お買い得感、入手しやすさが評価の基準です

★香港、中国のワイン熱さらに加速!?★
香港のワインオークションではボルドー熱が収まりつつありブルゴーニュ熱が上がっているようです。
D.R.C.やアンリ・ジャイエなどブルゴーニュの有名銘柄が高値で取引され始めています。
その影響で日本に入ってくるブルゴーニュの有名銘柄が残念ながら減り始めています。
また世界中のワイン商社もこぞって出店中。日本ではエノテカさんが香港、中国にあわせて8店舗展開中です。

★ブルゴーニュのクリマが世界遺産になるかも!?★
ブルゴーニュのクリマを世界遺産候補に申請する書類が本年度末に提出されるようです。
現地ブルゴーニュではすでに2万人以上が支援の意志を示しているそうです。
具体的には正確に境界を区切られた畑の一画をクリマとして提出するようです。

★マルゴー東日本大震災のチャリティーオークション開催★
一級シャトーのマルゴーが東日本大震災の復興支援の為にオークションを東京で開催しました。
蔵出しの1868年やフランスのシャトー・マルゴーでオーナーを交えての試飲ディナー権が落札されました。
その他、1961年マグナムボトルなど10ロットが落札され約1400万円が寄付されます。

★ブルゴーニュワインで東日本大震災の慈善オークション★
フランスでブルゴーニュの生産者達が寄贈したワインによって慈善オークションが開かれました。
ブルゴーニュの栽培農家、ドメーヌ、ネゴシアンがセラーに眠るレアワインを寄贈して開催されました。
2300本のワインが3回に分けてオークションにかけられ計11万9000ユーロの義援金が集まりました。

★ミシュランガイド北海道!?★
2012年4月にミシュランガイドより北海道版が発行されることが発表されました。
関東、関西に続き日本第3弾に選ばれた北海道にはフランス版3つ星の提携店ル・バエレンタル、
ミシェル・ブラスや京都の3つ星吉兆などがあり期待と注目が集まりそうです!

※引き続きバックナンバーを順次アップしてまいります♪

シノワワインニュース vol.13
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 シノワ・ワインニュースVol. 13
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

唐突にはじまりましたが、
シノワ銀座店 高村が食、ワインに関するニュースを
私的な興味でお伝えいたします!

※毎月配信しているメールにてご案内しているニュースです
 ご興味あればシノワメール登録をおすすめします♪
 ブログトップ画面Linksより“メルマガのご登録”でどうぞ!

★2009年ムートンロートシルトのエチケットデザインは?★
ムートンの2009年エチケットが発表されました
優良年になった2009年はインド出身の現代彫刻家アニッシュ・カプア氏がデザインします
カプア氏はロンドン在住で2012年に開催されるロンドン五輪の彫刻制作も担当するようです

★2010年ブルゴーニュワインの出来栄えは!?★
優良年になるであろうと予測されていた2010年ブルゴーニュの有名評論家の評価が発表されています
イギリスのロビンソン女史、アメリカのインターナショナル・ワインセラーズのタンザー氏ともに高評価
タンザー氏の2010年評価でロマネ・コンティは96〜99点、ルソーのシャンベルタン96〜98点、
ラ・ターシュ、ラ・ロマネ、ヴォギュエのミュジニ、デュジャックのシャンベルタンなどが95〜98点をマークしています

★ドメーヌ・ルロワ バタール・モンラッシェ購入!?★
ブルゴーニュのトップ中のトップ、ドメーヌ・ルロワがバタール・モンラッシェの畑を購入したようです
ドメーヌ・ルロワとしてはモンラッシェ付近で初めて白ワインのグランクリュ購入です
リリースは何年からか解りませんが今からドメーヌ・ルロワが手掛けるバタール・モンラッシェのリリースが楽しみです

★クリュグ、クロ・ダンボネ新ヴィンテージ登場★
世界で最も高いブラン・ド・ノワールとして2007年に登場したクロ・ダンボネが新ヴィンテージをリリース
95年、96年に続いて98年が販売されました。95年が50万円、96年が40万円、98年は27万円での販売です
初回リリースの約半額で買いやすくはなりましたがそれでも27万円です・・・

★中国の次なるターゲットは!?★
ラフィットを中心としたボルドーワインが人気だった中国ワイン市場に変化が現れてきているようです
ボルドーワインの人気に陰りが見えはじめ代わりにロマネ・コンティの需要が増大しているようです
需要が高まり値段もうなぎのぼり!アジア全体のブルゴーニュワインの値段にも影響が出そうです・・・

★アメリカでワインを造る中村さん★
マボロシの私市さんに続きカリフォルニアでワインを造る日本人中村さんのワインがリリースされました
中村さんは日本でソムリエとして働き渡米し栽培・醸造学を学び自身の中村セラーズを興しました
カリフォルニア・ソノマコースから2010年シャルドネとピノ・ノワールをリリース。販売価格は約5000円です

今回のニュースは以上になります。お楽しみいただけましたか?
続報、新ニュースが届き次第お知らせしてまいります!

※今回vol.13からはじまりましたが
 過去のワインニュースも順次アップしてまいります♪


 

ワインバー