Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>
LatestEntry
渋谷店6月ワイン会のご案内です。
皆様こんにちは。
本日開催の渋谷店6月ワイン会にご用意可能なお席が2席のみございますのでご案内させていただきます。
大変貴重なシャンボール・ミュジニー村の一級畑レ・ザームルーズを並べてのワイン会、お見逃し無く!!

6月のシノワ渋谷店ワイン会は…な・なんと!!レ・ザムルーズ会!!
もちろんあの希少な生産者のレ・ザムルーズも登場します。
気になるラインナップはこちら!!
ご予約はお早めに!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           6月22日(月)

     シャンボール・ミュジニーに潜む乙女の微笑
      〜グランクリュをも凌駕する神秘の畑〜

      ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
  TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
   ¥49,800(税込¥53,784)【コース料理付き】

2011 シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ
(フランソワ・ベルトー)
2011 シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ
(ロベール・グロフィエ)
2011 シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ
(J・F・ミュニレ)
2011 シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ
(C・G・ヴォギュエ)
2001 シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ
(C・G・ヴォギュエ)
1994 シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ
(ジョルジュ・ルーミエ)

ワインは各60佞任里完篤發任后

時間 ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。


シノワ渋谷
渋谷区宇田川町28−4 A2ビル8F
TEL : 03−5457−2412
FAX : 03−5457−2413
info@chinois.jp
http://www.chinois.jp

続きを読む >>

渋谷店5月ワイン会のご案内です。
皆様こんにちは。シノワ渋谷店5月ワイン会のご案内です。

5月のシノワ渋谷店ワイン会は!!
初夏にぴったりなこの企画!!
フランス・ロワール地方の異端児『ディディエ・ダグノー』特集です。日中の暑さを感じ始めたこの季節に爽やかなソーヴィニヨン・ブランが染み渡るはず…♪貴重なダグノーのラインナップはこちら!!ご予約はお早めに!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          5月25日(月)

      『ディディエ・ダグノーは永遠に…』
      〜ロワールワインの革新から確信へ〜

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
      ¥29,800(税込32,184)【コース料理付き】

2011 サンセール・レ・モン・ダネ
2007 サンセール・レ・モン・ダネ
2011 プイィ・フュメ・シレックス
2004 プイィ・フュメ・ピュール・サン
2003 プイィ・フュメ・ビュイソン・ルナール
2009 アステロイド
(すべてディディエ・ダグノー)

ワインは各60ccでのご案内です。

時間 ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。


続きを読む >>

渋谷店10月ワイン会のご案内です。
シノワ渋谷店の10月のワイン会のご案内です。

10月のシノワ渋谷店ワイン会は!!
イタリア、トスカーナ州の珠玉のワイン『ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ』特集!!
トスカーナ州の小高い丘に囲まれた『モンタルチーノ村』…
葡萄はサンジョヴェーゼの極上品『ブルネッロ』…
ワイン生産地としては歴史の浅い地区ですが、たえず変化し続けるブルネッロの今を垣間見てみましょう!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         10月 20日(月) 

 ☆『新時代!!ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ』☆
  〜極上生産者からみえるモンタルチーノの未来〜

     ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
 TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
【コース料理付き@¥25,000(税込27,000ー)】

2008 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(ポッジョ・ディ・ソット)
2003 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(サルヴィオーニ)
2001 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ウゴライア(リジーニ)
1997 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ポッジョ・アッレ・ムーラ(バンフィ)
2006 トスカーナ・サンジョヴェーゼ(カーゼ・バッセ)
1999 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ(カーゼ・バッセ)

(各60佞任里完篤發任后)

時間 ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。

続きを読む >>

ソノマ2大生産者の銘醸畑
こんにちは!
1月26日の渋谷店サンデーワインはこちらです…

『ソノマ2大生産者の銘醸畑』
2009 フラワーズ・キャンプ・ミーティング・リッジ・
ピノ・ノワール
2007 キスラー・キスラー・ヴィンヤード・
ピノ・ノワール
2Glass Set ¥4,500


今回は、カルフォルニアでもブルゴーニュ系品種の
ピノ・ノワール、シャルドネで大きな成功を収めた
2つの偉大な生産者の銘醸畑を紹介します。

フラワーズの看板畑の『キャンプ・ミーティング・リッジ』
は収穫した最初の年にキスラーに売られました。
キスラーはそもそもブレンドに使う予定でしたが、
あまりにもクオリティが高いためにシングルヴィンヤード
でリリースしたという逸話があるほど。
太平洋から僅か2kmの立地にあり
日差しは強烈ながら霧がたちこめ
太平洋からの冷気で夏の間でも冷涼さが保たれています。
そういった気候が故に酸の綺麗なエレガントかつ力強い
ワインに仕上がります。
フラワーズはワイナリーとしては97年より元詰めを
始め今ではソノマを代表するトップ生産者の1つです。

キスラーからは、クオリティの高い
自社畑(エステートワイン)で自社の名の付いた
『キスラー・ヴィンヤード』をご用意しました。
1978年に設立され一気にカリフォルニアを代表する
スター生産者の1人になりブルゴーニュのトップ生産者も
一目置く存在で、今でも
世界にその名を轟かす極上のピノ・ノワールと
シャルドネを生産続けています。

世界最高峰のブルゴーニュスタイルで造った偉大な
2つのワインで素敵な週末をお過ごしください。

渋谷店 蔵原

『グラン・クリュ・クロ・ド・ヴージョ』
こんにちは。
シノワ渋谷店1月ワイン会のご案内です。
新年一回目の渋谷店ワイン会はズバリ!!
『クロ・ド・ヴージョ』です。
皆様もご存知通り50ヘクタールにも及ぶ広大な特級畑
その広さ故畑の位置や生産者によって
味わいや評価が全く異なる特異な特級畑。
この広大な50ヘクタールに犇めく60名近くにも及ぶ所有者
生産者の中から一流生産者の物ばかりを取り揃えてお届けする
新年最初のワイン会にふさわしいスペシャル・ラインナップ。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         1月 27日(月) 

    ◇ グラン・クリュ・クロ・ド・ヴージョ ◇
  〜 広大な特級畑の一流生産者たちの実力と真価 〜
      
    ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
 TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
  【コース料理付き@26,800ー(消費税込)】

2007 クロ・ヴージョ・ル・グラン・モーペルテュイ(A・グロ)
2006 クロ・ド・ヴージョ(ドニ・モルテ)
2001 クロ・ド・ヴージョ(メオ・カミュゼ)
1999 クロ・ヴージョ・ミュジ二(グロ・フレール・エ・スール)
1990 クロ・ド・ヴージョ(ジャン・グリヴォ)
1978 クロ・ヴージョ(モメサン)


               (各60ccのご案内です。)
時間 ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。
続きを読む >>

渋谷店年末スペシャルワイン会2013
★渋谷店恒例 『年末スペシャルワイン会』のご案内★

こんにちは

今年もいよいよ残すところ一週間を切ってしまいました
年末恒例のワインの祭典と言えば・・・
もちろん渋谷店
『年末スペシャルワイン会』
このワイン会無しでは一年を締めくくる事は出来ません!!
今年も究極と至高の2つのプランをご用意いたしました。
究極は恒例のDRC
今年は2009年の優良年で期待も高まりますが
何と言っても2009年ヴィンテージから新たに加わった
『コルトン』も一つのお楽しみです。
モンラッシェを含めた全9種類の豪華競演!!

続いての至高はこちらも恒例熟成の真価
『超古酒』
今年のテーマはボルドーワインの伝説
1920年代をフィーチャーした至高の極みです。

この究極と至高のワインたちをお楽しみ頂けるのは
シノワのゲストの皆様だけの本当に貴重なワイン会です。
どちらのワインもこの機会を逃すと二度と味わう事の出来ない
ワインばかりです!!

皆様のご参加心よりお持ち申し上げます。


※プランAの詳しい内容はバナーをクリック!!


※プランBの詳しい内容はバナーをクリック!!

☆ プランA ☆ 『2009年D.R.C.の全貌9種』
☆ プランA ☆ 『2009年D.R.C.の全貌9種』

12月29日(日)※プランAのみの開催。
   30日(月)※プランA・プランBともに開催。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓        
■2009 モンラッシェ            
■2009 プルミエ・クリュ・デュヴォーブロシェ
■2009 コルトン
■2009 エシェゾー         
■2009 グラン・エシェゾー     
■2009 ロマネ・サン・ヴィヴァン   
■2009 リシュブール  
■2009 ラ・ターシュ
■2009 ロマネ・コンティ
(すべてドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)

           ※ワイン9種類 各60cc

開催日 12月29日(日)
       30日(月)
時間  ご自由    (全て18:00 抜栓予定)
場所  シノワ渋谷店 (各テーブルにてお楽しみください)
定員  限定12名様
料金  118,000円(税込み・サービス料別・料理なし) 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    

もちろん今年もやります!
ロマネ・コンティを含むD.R.C.全アイテムの飲み比べ!
世界最高峰の白ワイン、モンラッシェから
ロマネ・コンティまでのすべてのアイテムを
一堂に飲む機会はシノワのお客様だけの特権です!
今回皆様にご用意いたします2009年ヴィンテージより
新たにラインアップに加わった『コルトン』を含む全9アイテムの競演。
ヴィレーヌ氏によると1959年の出来に匹敵する2009年は
『ほぼ完璧な年』
ブドウは美しく小さな房や
ミルランダージュ(極小ぶどう)が多くあり
普段ほとんど実をつけないような古木からも
多くの小さなブドウ粒が収穫されたようです。

話題のコルトンは
DRCのオーナーの一人オベール・ド・ヴィレーヌ氏と親交が深かった
ドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メロードの所有する3つの畑
『クロ・デュ・ロワ』『ブレッサンド』『ルナルド』から造られたもの。
30年間DRCが賃貸耕作契約を結び、初ヴィンテージの2009年は
この3つの畑の古木の優良区画のみをアッサンブラージュして造られました
生産量が8,500本程度で、既に市場で見かける事がほとんどなく
将来的には畑ごとのキュヴェになるこの『コルトン』は
非常に希少なワインになりつつあります。



有無を言わせぬ美味しさに圧倒されるモンラッシェ


たっぷりとした果実味が豊潤なコルトン


華やかで明るく赤いバラの香りが一面に漂うエシェゾー


どっしりとした厚みと力強さを兼ね備えたグラン・エシェゾー


そして近年とんでもなく品質が向上しほとんど球体のバランスを保つロマネ・サンヴィヴァン


目を瞑ると地層が見えてくる、テロワールを最も体現したリシュブール


ゴージャスでスケールが大きくこのうえなく複雑なラ・ターシュ


全くの無垢でまさに天上の響きを奏でるロマネ・コンティ

ロマネ・コンティ・・・。
このワインだけは機会があるごとになんとしても飲まなければなりません。
世界中のワインの頂点
比類なき唯一絶対の存在
誰をも魅了して止まない甘美な液体の中に
悠久のロマンと輝きを感じてください。

☆ プランB ☆ ボルドーワイン伝説“黄金の1920年代”
☆ プランB ☆ ボルドーワイン伝説“黄金の1920年代”
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■1920 シャトー・グリュオ・ラローズ
■1924 シャトー・パルメ
■1925 シャトー・オー・ブリオン
■1926 シャトー・マルゴー
■1928 シャトー・ムートン・ロートシルト
■1929 シャトー・ラトゥール
             ※ワイン6種類 各55cc

開催日 12月30日(月)
時間  ご自由   (全て18:00 抜栓予定)
場所  シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員  限定12名様
料金  138,800円<税込み・サービス料別・料理なし>
   
※Bプランのワインは大変デリケートな為、19:00までのご来店をおすすめいたします。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    

もう1つのプランは、今年もシノワが総力を挙げて揃えた渾身のオールドヴィンテージ6本です!
ボルドーワイン伝説“黄金の1920年代”を思う存分ご体感ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トップ・バッターを努めるのは1920年産『シャトー・グリュオ・ラローズ』、1757年に騎士であるジョゼフ=スタニスラス・グリュオが所有していたテナック、サルテニャックおよびル・メルルの畑を統合し「フォンブドー」または「グリュオ」とも呼ばれる葡萄園がこのシャトーの始まりです。
1771年にグリュオ氏が亡くなりギュイヤンヌ地方の家令管区代理官であったラローズ氏にワイナリーは受け継がれ1781年新旧の所有者の名前を取り『シャトー・グリュオ・ラローズ』が誕生します。
ご用意する1920年はその後1871年にバルグリー家とサルジェ家の後継人らによって分割され『グリュオ・ラローズ=ベトマン』と『グリュオ・ラローズ=サルジェ』という2つのシャトーになっていた時代、1935年11月8日にグリュオ・ラローズ=サルジェのオーナーであったデジレ・コルディエによって合併統合するまでの間に生産された大変貴重な物で、今回は『グリュオ・ラローズ=サルジェ』物をお楽しみ頂きます。


2本目は1924年産『シャトー・パルメ』、1814年イギリス軍少将チャールズ・パルマーがフランス旅行中にマリー・ド・ガスク未亡人 と知り合い、彼女からメドックに所有するブドウ園とそのシャトーを購入し所有者となった事が始まりです。
その後1853年6月フランス第2帝政時代の大銀行家で、ロスチャイルド家のライバルであったイサック・ぺレールとエミール・ぺレールの兄弟が、41万3千フランの巨額を投じてこのシャトーを購入しました。
シャトー・パルメはペレール兄弟の生涯を賭けた作品となり1853年以後、ぺレール兄弟は葡萄畑の再整備に注力し、1855年の格付けでシャトー・パルメを1級にする事は出来ませんでしたが、その品質の高さは当時から非常に評価されていました。ペレール兄弟とその子孫は、うどんこ病やフィロキセラと戦い、1870年の普仏戦争や第一次世界大戦をも乗り越えましたが1930年代の大恐慌には勝てず、シャトーの譲渡が余儀なくされました。
そして、今回ご用意するシャトー・パルメはまさにペレール家が所有する1924年産、第一次世界大戦を乗り切り1930年代の譲渡されるまでのベレール家晩年の作品をお楽しみ頂きます。


3本目は1925年産『シャトー・オーブリオン』、1423年にこの地に葡萄が植えられたのが始まりで、シャトーの歴史は、本日ご用意したワインが生産されたちょうど400年前の1525年に遡ります。ジャン・ド・ポンタックとオー・ブリオン領主のリブルヌ市長の娘であるジャンヌ・ド・ベロンが結婚する際、持参金として地所をジャンにもたらし、この場所にシャトーが建てられた起源とされています。
その後1694年のフランソワ・オーギュスト・ポンタックの死後、オーブリオンは分裂を余儀なくされ不運の時代を迎えます。1841年にジョゼフ・ウージェーヌ・ラリューによって再び一つのシャトーとして生まれ変わりましたが、相続問題によって銀行、倉庫会社へと転売されていきます。
そして今回ご用意した1925年から【シャトー・オーブリオンに相応しい維持管理を行い、その輝きを保つべく努力する者】と自ら誓い、品質に絶対の自信を持つアンドレ・ジベールが所有者となった、記念すべきファースト・ヴィンテージをお楽しみ頂きます。


4本目は1926年産『シャトー・マルゴー』、このシャトーの歴史も古く16世紀まで遡り、その頃は「ラ・モット・ドゥ・マルゴー」と呼ばれていましたが、今日のようになったのはピエール・ドゥ・レストナックが、この地を1572年から10年かけてブドウ畑として再構築してからの事。
その後フランス革命によってシャトーは荒廃し、敷地に植えられたオレンジの木ですら霜枯れする程にひどい状態になっていました。
1879年にスコットランド人のエミリー・マクドネルが所有していたシャトー・マルゴーをピレ・ウィル伯爵に売却し、生産は徐々に再開され、1890年代にはフィロキセラ以前の伝説的ヴィンテージ1870年をしのぐ程のワインを産み出すまでになりました。
また、この頃に新たに植えられた若木からパヴィヨン・ルージュ・ドゥ・シャトー・マルゴーが造られるようになりました。
1924年に「Mise en bouteille au chateau」を初めて義務付けたのもこのシャトー。今回ご用意した1926年産にもしっかりと刻まれ、品質へのこだわり・誠実さ・自信が感じられます。


5本目は1928年産『シャトー・ムートン・ロートシルト』、ロンドン・ロスチャイルド家の祖ネイサン・メイアー・ロスチャイルドの三男にあたるナタニエル・ド・ロスチャイルドが1853年にシャトー・ブラン・ムートンを購入したのがこのシャトーの始まりで、その後シャトー・ムートン・ロートシルトと改名しました。皆様もご承知の通り1855年格付けで当時価格ではシャトー・ラフィット・ロートシルトと肩を並べていたにもかかわらず、2級の座に留まる事になったこのシャトー、しかし1973年6月21日、当時農業大臣であったジャック・シラクが第1級への昇格を認める省令に署名より1855年の格付け以降第1級への昇格を成し得た唯一のシャトーです。
今回ご用意した1928年は黄金の20年代のフィナーレを飾る、連なるビック・ヴィンテージの一つ、未だに色褪せぬ、色鮮やかな深紅の輝きと味わいをお楽しみ下さい。


6本目は1929年産『シャトー・ラトゥール』、このシャトーの歴史は1331年まで遡ります、1331年の10月18日メドックの富豪ゴーセム・ド・カスティヨンがこの地に要塞を築く事からラトゥールの歴史は始まります。1378年には農園も作られ、シンボルである塔は14世紀頃築かれました。百年戦争時にフランス王の軍隊により要塞は完全に破壊され、当初の塔の姿を見る事は出来なくなってしまいましたが、有名なセギュール家によってフランス革命まで守られていました。1842年に一族以外の資本を受け入れ、一族は株主となりシャトーの経営は安定をして行きます。そんな中1855年の格付けで見事第1級に格付けされ、より評価を高める事になります。
黄金の20年代を締めくくる1929年のシャトー・ラトゥール、1928年と連なるビック・ビンテージの真価、まだ若々しさを保持しています。84年もの間、人知れず深い熟成を経て初めて見せる真実、このワインを生み出した者ですら味わう事が叶わない貴重な体験を是非お楽しみ下さい。


1920年〜1929年までの6本をお楽しみ頂く年末スペシャルワイン会Bプラン、1914年〜1918年の第1次世界大戦と1929年に起こる世界大恐慌の間に訪れた奇跡的に恵まれた10年、さらにその後に訪れる第二次世界大戦を含め、このワイン達が歩んできた熟成の時間は激動の時代です。
1世紀近くの熟成をしたワインここまで一堂に会して飲み比べる最後のチャンスです。まさにワインを飲むというより歴史を飲む。2013年シノワ渋谷がお届けする最後で最高のワイン会です、是非皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

15周年記念ワイン会第三弾『シノワからの挑戦状!!』


シノワ渋谷店は8月28日で15周年を迎えます。
そこで、日頃のご愛顧に感謝いたしまして
シノワが持つワインコレクションの中より
特別にセレクトしたワインにて
スペシャルワイン会を開催いたします。
続きを読む >>

15周年記念ワイン会第一弾『シャトー・ラフィット・ロートシルト』


シノワ渋谷店は8月28日で15周年を迎えます。
そこで、日頃のご愛顧に感謝いたしまして
シノワが持つワインコレクションの中より特別に
セレクトしたスペシャルワイン会を開催いたします。

記念すべき第1弾はフランス・ボルドー地方を代表する
“シャトー・ラフィット・ロートシルト”
『品格・高貴・格式・そして富』の代名詞と言える存在です。
近年では驚く程価格が高騰しているため
目にする事さえ少なくなったプレミアム・ワインですが、
そんなワインを贅沢にも
ヴァーティカル(垂直)でお楽しみ頂きます。

当日のラインナップは
ラフィットにとって特別な年
1994年からスタートです。
カベルネ・ソーヴィニヨン100%で造られた
異端なヴィンテージ、その出来とは?

その後に続く3本は
連続する“黄金の3年間”の飲み較べ、
古典的なスタイルを感じさせる88年
類い稀な果実の豊かさを享受した89年、
まさに球体の完璧なバランスといえる90年
この連なる3つのヴィンテージから
ラフィットのあらゆるスタイルと
品格の秘密を掘り下げます。

4本目は隠れたヴィンテージ81年
派手さはないが知的で官能的。
この難しい年にできたボルドーの最高峰
ラフィットの到達したノーブルな美しさを
最も感じさせてくれます。

最後を飾るのは無駄なものを全て削ぎ落とし
本来の高貴さを身に纏った70年。
40年あまりの熟成を経て初めて見えてくる
ラフィットのエレガンスの真髄をお楽しみください。

このラインナップをお楽しみ頂けるのは
シノワのゲストの皆様だけの特権です。
ご参加心よりお待ちしております。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          8月 26日(月) 

     THE CHINOIS COLLECTION Vol.1
    ~ ザ・シノワ・コレクション V o l . 1 ~

       ◇ Chateau Lafite Rothschild ◇
~ 点と点を結んだ垂直線上に浮かぶボルドーワインの頂点~
      
      ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
  TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
   【コース料理付@58,800ー(消費税込)】

1994 シャトー・ラフィット・ロートシルト
1990 シャトー・ラフィット・ロートシルト
1989 シャトー・ラフィット・ロートシルト
1988 シャトー・ラフィット・ロートシルト
1981 シャトー・ラフィット・ロートシルト
1970 シャトー・ラフィット・ロートシルト
(各60cc)

時間 ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

シノワ渋谷
渋谷区宇田川町28−4 A2ビル8F
TEL : 03−5457−2412
FAX : 03−5457−2413
info@chinois.jp
http://www.chinois.jp

渋谷店 8月のワイン会のご案内
こんにちは。
渋谷店8月ワイン会のご案内です。

フランス・シャンパーニュ地方優良メゾン熟成の
プレステージをテーマにお楽しみいただきます。

1本目はプレステージ・シャンパーニュの代表的メゾン
クリュッグ社のヴィンテージ1998年
同シリーズの中でもシャルドネ種の比率が高く
『シャルドネ・オマージュ』と呼ばれる
特異なヴィンテージの『繊細さ・正確さ・エレガンス』
を持ったシャンパーニュからスタートです。

2本目は映画007でも御馴染みのボランジェ社の
プレステージシャンパーニュラ・グランダネ1995年
グラン・クリュ75%プルミエ・クリュ25%のブレンドで
その内62%がピノ・ノワールの厚みのある味わいに
熟成を重ねた秀品。

3本目から5本目までは同一ヴィンテージ1983年産の
30年熟成品、ラインナップも豪華な三本、
エミール・ガレのアネモネの花が目を引くボトルで御馴染み
ペリエ・ジュエ社のベル・エポックと
シャンパン界の偉大なる女性ことマダム・クリコへのオマージュ
ヴーヴ・クリコ社のラ・グランダム、現行品とは違うクラシカルで
おしゃれなボトルも必見です。
30年熟成の最後はテタンジェ社のフラッグシップシリーズ
コレクション、毎回著名な芸術家がボトルをデザインする1本
83年は第4作でポルトガル出身の女流画家
ヴィエイラ・ダ・シルヴァがデザインした
ブルーのボトルが印象的な1本です。

最後は83年の30年熟成の後にさらに熟成を重ねた
シャンパーニュをお楽しみいただきます。
遡る事43年前1970年産ボランジェ社ラ・グランダネです。
大阪で万国博覧会が開催され、日本の高度経済成長が加速し
ビートルズの解散や映画にもなったアポロ13号の
奇跡的な生還に沸き立った年。
赤・白ワインでは感じる事の出来ない繊細な泡と
豊かな味わいの共存した官能的な世界を・・・

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         8月 12日(月) 

    『円熟のプレステージ・シャンパーニュ』
   ~ 熟成のシャンパーニュ黄金色に輝く泡の秘密 ~

      
      ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
 TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
  【コース料理付@29,800(消費税込)】

1998 クリュッグ・ヴィンテージ(クリュッグ)
1995 ラ・グランダネ(ボランジェ)
1983 ベル・エポック(ペリエ・ジュエ)
1983 ラ・グランダム(ヴーヴ・クリコ)
1983 テタンジェ・コレクション(テタンジェ)
1970 ラ・グランダネ(ボランジェ)
 
                   (各60cc)
時間  ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所  シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員  限定12名様
料金  表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。


6月ワイン会『Vin Blanc Battle Royale』
★渋谷店情報★
6月17日(月)開催、渋谷店ワイン会。
『Vin Blanc Battle Royale』
~ フ ラ ン ス・白 ワ イ ン の 玉 座 に 座 る の は 誰 だ !? ~

フランス・白ワインの美しすぎる頂上決戦をお楽しみ頂きます。
1本目はあのアンセルム・セロス氏に『サーカスの猛獣使い』とまで言わせた
異端児、D・ダグノーが創りあげたドメーヌの『シレックス』の2009年ヴィンテージ
故人の意思を忠実に受け継ぐ息子ベンジャマン氏が生産したファースト・ヴィンテージ。
2本目はこちらも異端児中の異端児、マルセル・ダイスの代表作で、ダイス本人曰く
「このワインは、私の人生における記念碑であり、過去100年間アルザスが大いに害されてきた
テロワールよりもブドウ品種という観念的支配から決別宣言したもの」と言わせる
アルテンベルグ・ド・ベルグハイム・リースリング、貴重な1本をお楽しみ下さい。
3本目はエルミタージュの地に1481年君臨するドメーヌ
賞賛の言葉は数えきれない名門ジャン・ルイ・シャーブの造るエルミタージュ・ブラン
マルサンヌとルーサンヌから生み出される白い花、トリュフ、白桃、マーマレードの豊かなニュアンスに力強いミネラルがプラスされた、パワフル・エレガンスな1本をお楽しみ下さい。
4本目は皆さんご存知『モンラッシェ』、「脱帽し、ひざまずいて飲むべし」という賛辞が有名ですが。世界中最高峰の産地、ソゼはテナール男爵家から購入するマストより、白き至宝を生み出します。
5本目はグラーブ地区唯一の1級格付けシャトーの造る白ワイン『オーブリオン・ブラン』です。
セミヨンとソーヴィニヨン・ブランを約半分ずつという独自のアッサンブラージュ造る白ワイン。
熟成して更にその魅力を高めるワインですが30年の熟成をしたも物がご用意出来ました。
そして、最後に甘口を・・・かのR・パーカー氏が100点を献上した事でも有名なロワールの至宝
ドメーヌ・ユエのキュヴェ・コンスタンス、数年に一度しか生産されないレアなワインで
華麗なるバトル・ロワイヤルの余韻を存分にお楽しみください。

▼ワインリスト▼
■2009 ブラン・フュメ・ド・プィイ・シレックス
     (ディディエ・ダグノー)
■1998 アルテンベルグ・ド・ベルグハイム・グラン・クリュ・リースリング
     (マルセル・ダイス)
■1997 エルミタージュ・ブラン
     (ジャン・ルイ・シャーヴ)
■1997 モンラッシェ・グラン・クリュ
     (エティエンヌ・ソゼ)
■1983 シャトー・オーブリオン・ブラン
     (グラーヴ)
■2003 ヴーヴレ・キュベ・コンスタンス
     (ユエ)
※ヴーヴレ・キュベ・コンスタンスは30cc、その他は各60ccでございます。



日時 6月17日(月)
時間 お好きな時間にどうぞ(但しワインは18:00に抜栓します)
料金 ¥29,800-(料理付き・消費税込み・サービス料別)
場所 シノワ渋谷店 それぞれのテーブルにてお楽しみいただけます
定員 12名様 お1人様より承っております
※当日、ワインのコンディションよっては
 同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。
※お申し込み、キャンセルは開催の3日前までにお願い致します。
※定員に満たない場合は延期または中止の場合もございます。
※締切日以降のキャンセルにつきましたは
 別途キャンセル料をご請求させて頂きます。

開催間近!!渋谷店ワイン会『ローヌの知られざる秘宝』
こんにちは。
シノワ渋谷店11月ワイン会のご案内です。

今回のテーマは秋を楽しむのにふさわしい
ワインの生産地『ローヌ』が舞台です。
北ローヌからは妖艶なスパイスの香り漂う“シラー”主体の
コート・ロティやエルミタージュ
南ローヌからはコンポートにした黒系果実を思わせる
艶やかな甘い香りの“グルナッシュ”主体シャトー・ヌフ・デュ・パプ
南北のローヌで生み出される至宝の数々を選りすぐってご案内いたします。
1本目は『シャトー・ヌフ・デュ・パプの伝説的生産者』と言われるアンリ・ボノーのフラッグ・シップ“レゼルヴ・デ・セレスティン”
2本目はローヌ最大生産者ギガルの“トゥルク”コート・ロティ、アンピュイの北西斜面に広がるコート・ブリュヌの超優良区画物
3本目はこの地で500年以上の歴史を持ち『神が与えた土地』を守り続ける生産者ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ
4本目はR・パーカ氏が★★★★★生産者と評する1552年創業の名門ロジェ・サボンのシャトー・ヌフ・デュ・パプ
5本目は守護神ステランベルグの教会が建つエルミタージュの丘に広がる優良区画ラ・シャペル生産者はもちろんP・ジャブレ
そして最後はフランソワ・ヴィラール渾身の作、コンドリューの最上区画の一つ“ポンサン”のボトリティス(貴腐)の付いた葡萄のみを
粒摘みして造られるQuintessence=真髄と名づけられた、年産4樽のみの激レアデザートワインで甘いひと時をお楽しみください。

お申し込みはお早めに。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           11月 19日(月) 

         『ローヌの知られざる秘宝』
     ~ 北ローヌ・南ローヌの厳選された秘宝の数々 ~

      
        ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
    TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
     【コース料理付@23,600(消費税込)】

2006 シャトー・ヌフ・デュ・パプ・セレスティン(H・ボノー)
2000 コート・ロティ・ラ・トゥルク(E・ギガル)
1985 エルミタージュ(J・L・シャーヴ)
1978 シャトー・ヌフ・デュ・パプ(R・サボン)
1976 エルミタージュ(P・ジャブレ)
2004 カンテサンス・ヴァンダンジュ・タルディヴ(F・ヴィラール)   

              (各60cc、甘口のみ40cc)

時間 ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。


明日開催、渋谷店ワイン会!!
こんにちは
明日開催の渋谷店ワイン会
モンタルチーノの宝石『ブルネッロ』
残席がございます!!
なかなか経験出来ない
豪華ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの競演です。
是非この機会に究極のブルネッロをご体感ください。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・・・
1970年代頃までトスカーナでも最も貧しく
不遇の時代を経験した町“モンタルチーノ”で産まれる
ブルネッロ(サンジョベーゼ)の重心が低く
しっかりと骨格を持ちながら
この上なくエレガンスさを感じさせてくれるワイン。

1本目のアイテムは皆様ご存知!!
先日シノワ渋谷店が表紙にもなった
某人気ワインコミック『神の○』の第九の使徒しての名高い
ポッジョ・ディ・ソットの
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2005年からです。
生産者ピエロ・パルムッチ氏が
仏・ブルゴーニュのグラン・クリュの
ワインを目指し・創りあげた1本。

2本目はブルネッロ・ディ・モンタルチーノを代表する生産者
ジャンフランコ・ソルデーラ氏率いる
カーゼ・バッセのトップ・キュベ“ソルデラ”です。
葡萄畑はもちろんの事、その周辺環境にまでこだわって
栽培された葡萄を伝統的なスラヴォニア産オークの大樽で60カ月熟成させた、
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノいやイタリアが世界に誇るワインです。

3本目はレッチャイヤのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ1997年です。
レッチャイヤは1983年にマウロ・パチーニ氏よって立ち上げられたドメーヌ
シストベースの古い粘土質土壌を有し
並びに有るビオンディ・サンティと同じテロワールの好立地。
最後にご案内するビオンディ・サンティと飲み比べても面白い1本です。

4本目はテヌータ・カパルツォ
90年代のビッグ・ヴィンテージ90年産の
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノを単一畑物の“ラ・カーサ”です。

5本目はいよいよ登場!!バンフィ社のフラッグシップにして
優良年にしか生産されないワイン・・・そうです“ポッジョ・アローロ”です。
金の丘と名づけられたこのワインもトータルで60ヶ月にも及ぶ熟成を経てのリリース
しかも今回ご用意したのは1985年なんとファースト・ヴィンテージです。

そして、最後を飾る1本はブルネッロ=“小さな茶色いやつ”と名づけ
1800年代からモンタルチーノの地でワインを造り続け
南トスカーナでも最も貧しい町と言われた町を潤すきっかけを作った生産者
“ビオンディ・サンティ”
の70年代の優良年1971年産
40年以上の熟成を経た珠玉のワインをお楽しみいただきます。

これまでにもブルネッロ・ディ・モンタルチーノを
広く深くお楽しみ頂けるチャンスはありません!!
お申込みはどうかお早めに!!

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            10月 22日(月) 

        モンタルチーノの宝石『ブルネッロ』
    〜力強さを持った、イタリアワイン究極のエレガンス〜
      
        ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
    TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
  【コース料理付@22,800(消費税込)】

2005 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(ポッジョ・ディ・ソット)
2003 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ソルデラ(カーゼ・バッセ)
1997 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(レッチャイヤ)
1990 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ラ・カーサ(カパルツッオ)
1985 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ポッジョ・アローロ(バンフィ)
1971 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(ビオンディ・サンティ)
                            (各60cc)
時間  ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所  シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員  限定12名様
料金  表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
<おすすめポイント>
・『神の○』第九の使徒襲来。
・龍の如く、大きく力強いイルカ(ソルデラ)の実力は?
・となりのサンティとレッチャイヤの飲み比べ。
・黄金の丘に降り立つ、黒き衣をまとったワインの神秘をお楽しみください!!

9月10日渋谷店ワイン会『ジュヴレ・シャンベルタンのスター軍団』
こんにちは。

シノワ渋谷店9月ワイン会第1弾のご案内です。
今回のテーマはズバリ!! ”ジュヴレ・シャンベルタン”
55haのグラン・クリュと84haのプルミエ・クリュを有し
コート・ドール(黄金の丘)北部を代表する村
そんな
ジュヴレ・シャンベルタン村の
優良生産者にフィーチャーしたワイン会。

スタートから豪華なグラン・クリュ3本をお楽しみいただきます。
1本目は神様『アンリ・ジャイエ』に賞賛され
脚光を浴び 一躍、スター生産者に登りつめた
シャルロパン・パリゾの
古木が多く凝縮感お楽しめるマジ・シャンベルタン。
2本目は価格高騰で気軽に飲むことが
許されなく成りつつある
ドメーヌ、クロード・デュガの
シャペル・シャンベルタン
3本目は人気ドメーヌ・ポンソの
『さくらんぼ』と名づけられた
ジュヴレ・シャンベルタン村
最小の特級畑グリオット・シャンベルタン
4本目5本目は優秀年1999年の村名対決
たかが村名、されど村名な2アイテム!!
この村きっての人気ドメーヌ、アルマン・ルソーと
C・デュガ以上の高騰ぶりを見せる
B・デュガピィの豪華対決。
6本目はシャンボール・ミュジニー村のスター生産者
G・ルーミエの手がけるシャルム・シャンベルタン
ミッシェル・ボンヌフォン持つ畑を借りて作られる
ジュブレ生まれシャンボール育ちの1本
最後は熟成したクロ・ド・ベーズ
グレート・ヴィンテージ1985年造り手は
R・グロフィエと文句無しの1本

スター生産者達の眩し過ぎる星々を
グラス(小宇宙)に浮かべてお楽しみ下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         9月 10日(月) 

   『ジュヴレ・シャンベルタンのスター軍団』
     ~ 綺羅星のごとく輝く優良生産者達 ~

      
      ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
 TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
  【コース料理付@25,800(消費税込)】

2004 マジ・シャンベルタン(シャルロパン・パリゾ)
2004 シャペル・シャンベルタン(クロード・デュガ)
2004 グリオット・シャンベルタン(ポンソ)
1999 ジュヴレ・シャンベルタン(A・ルソー)
1999 ジュヴレ・シャンベルタン(B・デュガピィ)
1995 シャルム・シャンベルタン(G・ルーミエ)
1985 シャンベルタン・クロ・ド・ベース(R・グロフィエ)
 
                   (各60cc)
時間  ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所  シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員  限定12名様
料金  表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。


ブラン・ド・ブランの世界
◇ ブラン・ド・ブランの世界 ◇
~ シャルドネが織り成す爽快感と複雑味の共存する泡の世界 ~

8月の渋谷店ワイン会第2弾はシャンパーニュ
しかもシャルドネ種100%のブラン・ド・ブランをフィーチャー
スタートの1本目はディエボルト・ヴァロア フルール・ド・パッションです。
19世紀後半にはヴァロワ家によって創業を始めている 歴史ある小規模メゾン
コート・デ・ブラン地区100%グランクリュ
クラマン村に拠点を構える老舗の最上級キュベから

2本目と3本目は1990年以来のビック・ヴィンテージと言われる
2002年物を水平対決でお楽しみ下さい。
シノワのグラス・シャンパーニュでもお馴染みのドゥーツ社
こちらも最上級キュベ アムール・ド・ドゥーツ
対戦相手は アンリ・ジロー ブラン・ド・ブラン
1990年物から22年ぶりのリリースとなる
全世界2000本のプレミアム品です。

4本目と5本目には近年評価・価格共に急上昇の
ジャック・セロス
フラッグ・シップ的存在で『ソレラ・システム』
を取り入れた セロス氏の真骨頂
シュヴスタンスとシュヴスタンス登場以前までのフラッグ・シップ
ミレジム・エクストラ・ブリュット1998年物を
セロス好きにはたまらない飲み比べでお楽しみいただきます。

そして
最後の1本にはシャンパーニュ・ブラン・ド・ブランの代名詞
サロン キュベ ”S”
コート・デ・ブラン地区ル・メニル・シュル・オジェ村の特級畑
ジャルダン・ド・サロン=サロンの庭と呼ばれる
最上の畑 から手間暇惜しまず
丹精に育て上げたれたシャルドネ種から創りあげられる
最上級のシャンパーニュ、1996年物を心行くまでお楽しみ下さい。

季節が夏から秋へと変わり行く中
暑さの和らぎと陽の短さに『夏』の名残惜しさも覚えつつ
稔りの季節『秋』の 訪れが待ち遠しい
そんな時期の日曜のディナーのお供にシャンパンーニュはいかがでしょうか?

▼ワインリスト▼
■2005Diebolt Vallois Fleur de Passion
ディエボルト・ヴァロア・フルール・ド・パッション
■2002Amour de Deutz
アムール・ド・ドゥーツ
■2002Henri Giraud Blanc de Blanc
アンリ・ジロー・ブラン・ド・ブラン
■N.V.Jacques Selosse Substance Extra Brut
ジャック・セロス・シュブスタンス・エクストラ・ブリュット
■1998Jacques Selosse Millesime Extra Brut
ジャック・セロス・ミレジム・エクストラ・ブリュット
■1996Salon Cuvee " S "
サロン・キュヴェ・エス

※ワインは各60cc となります



日時 8月26日(日)
時間 お好きな時間にどうぞ(但しワインは18:00に抜栓します)
料金 ¥27,800-(料理付き・消費税込み・サービス料別)
場所 シノワ渋谷店 お客様それぞれのテーブルにてお楽しみいただけます
定員 12名様 お1人様より承っております

※当日、ワインのコンディションよっては同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。
※お申し込み、キャンセルは開催の3日前までにお願い致します。
※定員に満たない場合は延期または中止の場合もございます。
※締切日以降のキャンセルにつきましたは、別途キャンセル料をご請求させて頂きます。

8月の渋谷店ワイン会です。
こんにちは。

シノワ渋谷店ワイン会のご案内です。
8月の渋谷店ワイン会は

ディディエ・ダグノー
「プィィ・フュメの野性児」没後4年目のオマージュ
と題してお届けするワイン会です。

2008年9月自ら操縦する小型飛行機の事故で
この世を去った「プィィ・フュメの野性児」
D・ダグノー

独学ながらデュブルデュー氏の醸造手法を
アンリ・ジャイエ氏からワインの哲学を学び
さらに独自の哲学のもと
旧態依然したフランスワイン界にあって
「アンファン・テリブル」(恐るべき子供たち)と
恐れられる存在のトップ・ドメーヌに登りつめた
稀代の天才醸造家の在りし日の輝かしい足跡を辿ります。

ラインナップはもちろんD・ダグノー氏本人が
手がけた物ばかり
始めに2004年のブラン・フュメ・ド・プイィ
エチケットに描かれた楽譜はシャンソン歌手の
ジョルジュ・ブラサンスのために作られた"悪い噂"と名づけられた曲
メロディーはいかにも前衛的でD・ダグノーらしいチョイス。
続いての2本は、古代の壁画のような馬の絵が印象的で
プレ・フィロキセラの木も含むと言われる
ピュール・サン=”血統書”を2005年と1994年の飲み比べ。
4本目は前者と同じサンタンドレの丘にありながら
異なったテロワールを持つビュイソン・ルナール2001年を
そして、エチケットの火打石が目を引く代表作シレックスを
こちらは2004年と1995年の飲み比べで。
最後はD・ダグノーの手がけた貴重なジュランソンの甘口
レ・ジャルダン・ド・バビロンをお楽しみ下さい。


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            8月 13日(月) 

          『ディディエ・ダグノー』
   〜「プィィ・フュメの野性児」没後4年目のオマージュ〜
      
        ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
    TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
  【コース料理付@19,800(消費税込)】

2004 ブラン・フュメ・ド・プイィ
2005 ブラン・フュメ・ド・プイィ・ピュール・サン
1994 ブラン・フュメ・ド・プイィ・ピュール・サン
2001 ブラン・フュメ・ド・プイィ・ビュイソン・ルナール
2004 ブラン・フュメ・シレックス
1995 ブラン・フュメ・シレックス
2004 レ・ジャルダン・ド・バビロン(こちらは30cc) 
                            (各60cc)
時間  ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所  シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員  限定12名様
料金  表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。

『白い巨塔』からの挑戦状!!
こんにちは。
シノワ渋谷店7月のワイン会のご案内です。
7月の渋谷店ワイン会は
【モンラッシェからの挑戦状】
と題してお届けする豪華ブルゴーニュ・白ワインの競演です。

最初のお楽しみは、コシュ=デュリの二本立て
自分では買わなくても、何時かは飲んでみたいと
思われる方も多いコシュ=デュリのアリゴテからスタートです。
相手は同じコシュ=デュリ
アリゴテとシャルドネの2009年水平飲み比べ!!

早速登場のグラン・クリュ・シュヴァリエ・モンラッシェ
モンラッシェの真上、標高260m〜300mに位置する特級畑
『騎士』の名が付いたこの畑から生まれる白ワインは
シャープさとフィネスを兼ね備えた味わい
シャサーニュ・モンラッシェ村最高峰の生産者
ラモネの2007年作で・・・

巨匠G・ルーミエのコルトン・シャルルマーニュ
葡萄栽培はS・ビーズのパトリック・ビーズが担当する
わずか0.2haのマニア垂涎の品
しかも優良ヴィンテージ2002年の10年熟成物で。

そして、コルトン・シャルルマーニュと並び
『白い巨塔』の地位を脅かす存在ムルソー村!!
代表生産者の一人コント・ラフォンの評価は特級並みの
一級畑『ペリエール』熟成の1991年。

最後の挑戦者は・・・
ブルゴーニュ白ワイン最高生産者との呼び声も高い
『ルフレーヴ』の特級畑バタール・モンラッシェの優良年1992年。
そして
最後に『白い巨塔』 モンラッシェ 
飲み頃1997年エティエンヌ・ソゼをどうぞお楽しみ下さい。



 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           7月 17日(火) 

         『Montrachetからの挑戦状』
   〜モンラッシェ 最高のテロワールが産む『白い巨塔』〜
      
        ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
    TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
  【コース料理付@29,800(消費税込)】

2009 ブルゴーニュ・アリゴテ(コシュ・デュリ)
2009 ブルゴーニュ・ブラン(コシュ・デュリ)
2007 シュヴァリエ・モンラッシェ(ラモネ)
2002 コルトン・シャルルマーニュ(ジョルジュ・ルーミエ)
1991 ムルソー・ペリエール(コント・ラフォン)
1992 バタール・モンラッシェ(ヴァンサン・ルフレーヴ)
1997 モンラッシェ(エティエンヌ・ソゼ)
                     (各60cc)
時間  ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所  シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員  限定12名様
料金  表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
  ※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。

◇ 女王の戴冠式 ◇
こんにちは楽しい
シノワ渋谷店 6月のワイン会のご案内です

6月の渋谷店ワイン会は6月2日に在位60周年を迎えられた、
イギリス・エリザベス女王陛下にちなみ
『女王の戴冠式~ボルドーワイン真の女王は・・・』
と題して、ボルドー・マルゴー村の頂上対決をお楽しみ頂きます。

皆様もご存知の通り、フランス・ボルドー地方はかつてイギリスの領土とされ、
イギリス貴族の館すなわち、シャトーでのワイン造りが
今日のボルドーのワイン作りの基盤となっています。

そんな、ボルドー地方の中でも一番女性らしい
エレガントで繊細な味わいと言われる生産地『マルゴー村』
その中でも70年代後半までマルゴー村のフラッグシップとして君臨し続けた
『シャトー・パルメ』
1本目は74年以来の難しい年と言われる92年
そこはパルメ、ボルドー・ベスト・ワイン獲得!!
収量を徹底して落として守り抜いたクオリティーの一品を・・・
そして89年、優良年の中にあって
スーパースターと言われるほどの出来栄え!!
そして3本目は78年
因縁の年になった70年代屈指の良年、熟成後の成果は?

そして、1855年に第1級に選ばれながら
70年代後半まで不遇の時代を過ごした
『シャトー・マルゴー』
ボルドーにとっては困難なヴィンテージとされる93年
そこはマルゴー他の追随を許さぬ出来栄え。
2本目は81年、ロバート・M・パーカーJr氏に
『ワイン・オブ・ザ・ヴィンテージ』の
最強候補の1つと言わせた程の年
そして、最後は75年女王に復権以前のマルゴーだけに
希望と不安が交錯する魅惑の1本。

今回のワイン会はまさに
一つの島国に君臨した二人の女王
『エリザベス』と『メアリー』
『パルメ』と『マルゴー』も
二人の女王のような結末を迎えてしまうのでしょうか?



▼ワインリスト▼
■1993 Ch.Margaux シャトー・マルゴー
■1992 Ch.Palmer シャトー・パルメ
■1989 Ch.Palmer シャトー・パルメ
■1981 Ch.Margaux シャトー・マルゴー
■1978 Ch.Palmer シャトー・パルメ
■1975 Ch.Margaux シャトー・マルゴー
※ワインは各60cc となります

日時 6月18日(月) 時間 お好きな時間にどうぞ
   (但しワインは18:00に抜栓します)
料金  ¥35,800-(料理付き・消費税込み・サービス料別)
場所 シノワ渋谷店 お客様それぞれのテーブルにてお楽しみいただけます
定員 12名様 お1人様より承っております
※当日、ワインのコンディションよっては
 同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。
※お申し込み、キャンセルは開催の3日前までにお願い致します。
※定員に満たない場合は延期または中止の場合もございます。
※締切日以降のキャンセルにつきましたは、
 別途キャンセル料をご請求させて頂きます。

〜渋谷店5月のワイン会の御案内です〜
こんにちは。

5月の渋谷店ワイン会は
『ボルドーワイン一流の気品 ムートンに続け!?』と題して
もし将来、
メドックの格付け改定が有れば一級に昇格必至のシャトーを
ズラリ並べてお楽しみいただきます。

オープニングの1本はなんと!!いきなり!!
90年代最高と言われるのヴィンテージ1990年
ムートン・ロートシルトからスタートです。

先ずは一級昇格を成し遂げたムートン・ロートシルトの
お手本を味わっていただき
スーパーセカンドの実力をお確かめ下さい。

2本目は70年代までシャトー・マルゴーに代わり
マルゴー村を孤高の存在で牽引し、
今なお評価を上げ続けるシャトーパルメ
優秀年の1988年!!

3本目はサン=テステフを80年代から
牽引するシャトー・コス・デストゥルネル
やっと飲み頃の1986年!!

4本目は『女将ラングサン夫人』のリーダーシップの下
一級昇格を目指すシャトー・ピション・ラランド1985年

5本目は激戦区サン=ジュリアンの勝ち組
シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ
しかも大成功の1975年

そして・・・
フィナーレを飾る1本は・・・
半世紀の熟成を経た、
ジャン=シャルル・カーズ時代1962年の
シャトー・ランシュ・バージュをお楽しみ下さい。

皆さんは、どのシャトーを一級に昇格させますか?



 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           5月 21日(月) 

    『 ボルドーワイン一流の気品 ムートンに続け!?』 
          〜 次の一級昇格は・・・ 〜
      
        ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
     TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    
  【コース料理付@27,800(消費税込)】

1990 シャトー・ムートン・ロートシルト(ポイヤック)
1988 シャトー・パルメ(マルゴー)
1986 シャトー・コス・デストゥルネル(サン=テステフ)
1985 シャトー・ピション・ロングヴィユ・コンテス・ド・ラランド(ポイヤック)
1975 シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(サン=ジュリアン)
1962 シャトー・ランシュ・バージュ(ポイヤック)

                            (各60cc)
時間 ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
  ※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。

新春スペシャルワイン会『マグナムボトルの真価』!!
こんにちは。

シノワ渋谷の新春を飾るに相応しい
スペシャルワイン会のご案内です。

今回は造り手渾身の作、マグナムボトルをフィーチャー。
なんと『神様』アンリ・ジャイエの熟成マグナムボトルも登場!!
究極のラインアップのこのワイン会に
ご参加いただけるのは、シノワのお客様だけです!

新春スペシャルワイン会の最初を飾るのはドン・ペリニヨン


それも近年最高のヴィンテージ1990年のマグナムボトルで・・・、まずは喉を潤してください。

そして、1本目の赤ワインは『神』の後を継ぐ者、
エマニュエル・ルジェ

グラン・クリュ・エシェゾー1995年。

続いて『神』と血を分けた兄弟、兄ルシアン・ジャイエ

1er ボーモン、市場ではほとんど見かけることのないルシアン・ジャイエのワイン
さぁ『神』の後継者と実兄の競演やいかに!!

後半はDRCの熟成トリオ
まずは1983年のグラン・エシェゾー。

『深い森を散歩する夢見がちな貴族』と形容されるこのワイン。
マグナムボトルの宮殿で夢から覚めた真の貴族の姿とは!?。

続いて、1974年のリシュブール

このヴィンテージは大変難しい年でしたが
そこはさすがにDRC!!
マグナムボトルで熟成されたこのワインには
他の追随を許さぬ領域があります。

DRCトリオのラストは1979年のラ・ターシュ

ヴィンテージによってはロマネ・コンティをも凌ぐともいわれるこのワイン
32年の時を経て開花する大輪の花の姿は・・・。

そして、フィナーレを飾るのは、2007年に永眠し
現在世界で最も入手困難な「ブルゴーニュの神様」
アンリ・ジャイエの登場!
『神』の後継者と実兄の競演に続いて
故アンリ・ジャイエ自身の1986年1er レ・ブリュレです。

リシュブールとクロ・パラントゥーに地続きのこの畑
天国のジャイエの魂を感じてください。
偉大な遺産、しかもマグナムボトル
これはそうそうお目にかかれる代物ではありません。

さあ、
地球という惑星が生み出した奇跡のワイン群
その美しさと真価をお楽しみください。

お申込みはお早めに!!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            1月 30日(月) 

          『 マグナムボトルの真価』 
      
        ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
   TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    

1990 ドン・ペリニヨン
1995 エシェゾー (エマニュエル・ルジェ)
1993 ヴォーヌ・ロマネ・レ・ボーモン(ルシアン・ジャイエ)
1983 グラン・エシェゾー(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)
1974 リシュブール (ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)
1979 ラ・ターシュ(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)
1986 ヴォーヌ・ロマネ・レ・ブリュレ(アンリ・ジャイエ)
※ワインは各60ccとなります。

時間  ご自由    (但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所  シノワ渋谷店  (各テーブルにてお楽しみください)
定員  限定24名様
料金  ¥108,000ー(料理別・サービス料別・消費税込)

※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。
それ以降のキャンセルにつきましては全額キャンセル料を頂戴いたします。



☆渋谷店恒例年末スーパーワイン会☆
こんにちは

今年もはやいもので1ヶ月をきってしまいました。
師走と言えば、忘年会にクリスマス、最後に大晦日など
催しものが目白押しでが、なんと言ってもシノワ渋谷
『年末スーパーワイン会』、これ無しでは年は越せません!!
今年も究極と至高の2つのプランをご用意いたしました。



 12月30日(金)   『年末スペシャルワイン会!』 
      
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ☆ プランA ☆  2007年D.R.C.の全貌 7種
        
 ■2007 モンラッシェ            
 ■2007 エシェゾー         
 ■2007 グラン・エシェゾー     
 ■2007 ロマネ・サン・ヴィヴァン   
 ■2007 リッシュブール  
 ■2007 ラ・ターシュ
 ■2007 ロマネ・コンティ
(すべてドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)

         ※ワイン7種類 各60cc

 時間  ご自由   全て18:00 抜栓予定)
 場所  シノワ渋谷店  (各テーブルにてお楽しみください)
 定員 限定12名様
 料金  99,800円 <税込み・サービス料別・料理なし> 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    



もちろん今年もやります!
ロマネ・コンティを含むD.R.C.全アイテムの飲み比べ!
世界最高峰の白ワイン、モンラッシェを含む
ロマネ・コンティまでのすべてのアイテムを
一堂に飲む機会はシノワのお客様だけの特権です!

ロマネ・コンティ・・・
世界中のワインの頂点、比類なき唯一絶対の存在
その甘美な液体の中に2000年の悠久のロマンと
輝きを感じてください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   ☆ プランB ☆ 時の恵み、熟成の真価

■1961 シャンボール・ミュジニー・1er V.V.(グリヴレ)
■1964 シャンボール・ミュジニー・レザムルーズ(ルロワ)
■1962 ラ・ロマネ(ルロワ)
■1942 ラ・ターシュ(DRC)
■1972 シャトー・ラトゥール
■1947 シャトー・ラトゥール 
■1922 シャトー・ラトゥール
  
       ※ワイン7種類 各60cc

時間  ご自由 (全て18:00 抜栓予定)
場所  シノワ渋谷店 (各テーブルにてお楽しみください)
定員  限定12名様
料金  99,800円 <税込み・サービス料別・料理なし>
   
※ワインは大変デリケートな為19:00までのご来店をおすすめいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    



もう1つのプランは、今年もシノワが総力を挙げて揃えた
渾身のオールドヴィンテージ7本です!
ブルゴーニュ・ボルドーの代表生産者の
熟成の真価をご体感ください。

ブルゴーニュからは4本のラインナップ。
まず、1961年のシャンボール・ミュジニー・1級・V.V.
造り手はなんと言っても今は亡き伝説のドメーヌ『グリヴレ』、
マニアの皆様には垂涎の品、謎の多いこのドメーヌの謎解きが
出来る機会は滅多にないです!!

そして、『ルロワ』から2本。
特級に限りなく近い畑レ・ザムルーズと
特級畑ラ・ロマネです。
特にロマネ・コンティの真上に位置するラ・ロマネは、
今ではリジェ・ベレールが単独所有する最小アペラシオン。
しかも1962年は、生産本数1748本
ルロワからリリースという激レア、幻のワインです。
マイケル・ブロードベントもこのワインに
星星星星を進呈しています。

続いて、『DRC』のラ・ターシュ
しかも超貴重な1942年の古酒の登場です。
この年はアンリ・ルロワとエドモン・ド・ヴィレーヌが
共同出資で、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ=DRCを
発足させた記念すべきヴィンテージ。
70年の時を経てなおも輝き続ける
キラ星のようなワインをお楽しみ下さい。

さらに、ボルドーはシャトー・ラトゥールの熟成3本立て!!
しかも
25年(四半世紀)刻みの垂直テイスティングという
興味深いラインナップ。
まずは1972年
その他の生産者がことごとく
苦戦を強いられたヴィンテージです。
しかし、ラトゥールはこのような年にこそ
真価を発揮するのは周知の事実ですが
まぎれも無く別格です。

2本目は1947年の偉大なヴィンテージ。
60年以上経過しても未だに若々しい、孤高の風格。
また、この2本目からはセギュール侯爵家時代の品
今とは違うスケール感をお楽しみ下さい。

そして、そしてフィナーレを飾るのは1922年!!
89年間というとてつもなく長い時間の
旅を終えた先の澄み切った一切の雑味を削ぎ落とした
並のワインでは到達する事の許されない世界。

古酒との出会いは一期一会。
この機会を是非お見逃しなさいませんように!

ローヌワイン会『華麗なる黄金郷』
こんにちは嬉しい

11月のシノワ渋谷店ローヌワイン会のご案内です。

今回は題して『華麗なる黄金郷』
ローヌワインを味わう最高のラインナップをご用意!!


【コース料理付@22,800(消費税込)】

2001 シャトー・ヌフ・デュ・パプ・キュヴェ・ローレンス
(ドメーヌ・デュ・ペゴー)

2001 コート・ロティー・ムーリンヌ
(E・ギガル)

1995 コート・ロティー・キュヴェ・ローズ・プールプル
(ピエール・ガイヤール)

1988 エルミタージュ
(ジャン・ルイ・シャーヴ)

1981 エルミタージュ・ラ・シャペル
(ポール・ジャブレ)

1966 シャトーヌフ・デュ・パプ・ラ・グラップ・デ・パプ
(ポール・ジャブレ)

時間 ご自由   (但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。


5星生産者ペゴーのヌフ・デュ・パプと
ギガルの三兄弟の長男ムーリンヌが01対決!!
ガイヤールの95良年飲み頃コート・ロティーをへて
エルミタージュの双璧をなす
シャーブとジャブレの80年代熟成品楽しい
最後はジャブレの
ヌフ・デュ・パプ・ラ・グラップ・デ・パプ拍手拍手拍手
しかも1966年の古酒びっくり
秋を満喫するのに申し分の無い
ローヌワインの
華麗なる黄金郷
をお楽しみください。


『欧州チャンピオンズ・リーグ』
こんにちは

10月17日(月)に渋谷店で10月のワイン会を開催!!

朝晩肌寒くなり、いよいよ秋本番!!食べて良し、飲んで良しの最高の季節。
こんなワインにとって最高な季節に放つ
渋谷店の新機軸!!
ヨーロッパの主要ワイン生産国から一本ずつ(王者フランスは二本)
一国を代表するに相応しい銘柄をピックアップしました。
まさにワイン界のチャンピオンズ・リーグ
とにかく、以下のラインナップをご覧ください!!
まさに渋谷店ならではです。

〈1回戦〉
篠原オーストリアワイン大使(オーストリア大使館公認)
からお楽しみワイン、オーストリアからの手持ちの品です。
??????????
??????????
??????????
オーストリアワイン大使篠原のスペシャルチョイス(お楽しみ)

〈2回戦〉
ドイツの至宝、マキシミンのヘレンベルグびっくり
しかもアウスレーゼびっくりびっくり
ヴィンテージも1990年と入手困難な一品
守りの堅さはオリバー・カーン以上!?


1990 マキシミン・グリュンホイザー・ヘレンベルグ・ リースリング・アウスレーゼ(C・フォン・シューベルト)


〈3回戦〉
王者フランスからの1本目はブルゴーニュから
A・ルソーのグラン・クリュ『シャンベルタン』ラブ
三回戦から決勝を思わせるような戦いが・・・

2007 シャンベルタン(A・ルソー)

〈4回戦〉
欧州屈指のサッカー大国イタリアの真打ち
爛イヤのバルバレスコ瓩靴も71年の熟成品
若造には真似ない熟練したパスワークで鉄壁ディフェンス!!
ん〜我々に勝ち目はあるのか!?

1971 バルバレスコ(ガイヤ)


〈準決勝〉
王者フランスからの2本目
ボルドーの巨塔『ムートン・ロートシルト』
ラベル中央に立つ男は・・・
ジダンかプラティニ・・・謎の男の正体とは???

1983 シャトー・ムートン・ロートシルト

〈決勝〉
情熱の国スペインの文句無しのA代表
ヴェガ・シシリア・ウニコ!!
グッドヴィンテージにしか生産されないウニコ
その中でも90・91・94のスリートップをブレンドされた
『エスペシャル』で最強オフェンス目が離せない決勝対決!!

N.V “ウニコ”レゼルバ・エスペシャル(ヴェガ・シシリア)


最後は余韻を楽しむかのようなヴィンテージポート
テイラーの1992年
熱き戦を思い出しながらじっくりとお楽しみください。

1992 テイラーズ・ヴィンテージ・ポート

※ワインは各60cc (ポートワインは30cc)となります
※HILDON(ヒルドン) 英国王室御用達のミネラルウォーター付き


     【コース料理付@25,800(消費税込)】

時間 ご自由   (但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。

ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp

残席が少なくなっております、お申し込みはお早めに!!

【あこがれのシャンパーニュを一堂に!】ワイン会のご案内
8月23日(火)に渋谷店はワイン会を開催!

今回のテーマは、真夏にふさわしく「シャンパーニュ」
しかも、「プレステージ・シャンパーニュ」です。

誰もが一度は飲んでみたいと思う、憧れのシャンパーニュが
ズラリ!
本当に贅沢な企画です。
泡好きな皆様見逃せません!

★シノワ渋谷店ワイン会★
8月 23日(火) 
『 プレステージ・シャンパーニュの世界 』 


〜登場ワインリスト〜      
2002 “ベル・エポック” ペリエ=ジュエ
2002 “クリスタル” ルイ・ロデレール
1999  エリック・ロデス・アンボネイ・ピノ・ノワール
1990 “グラン・ダネ” ボランジェ
1990  クリュッグ
N.V.  クリュッグ・ロゼ
(各70cc)


【コース料理付@24,500(消費税込)】

時間  ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所  シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定10名様
料金  表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。

ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp


それでは登場ワインを順番にご紹介いたします。

2002 Belle Epoque (Perrier-Jouet)
ベル・エポック(ペリエ=ジュエ)


スタートはやさしく丸みを帯びた味わいのメゾン、
ペリエ=ジュエのプレステージ、“ベル・エポック”
エミール・ガレのイラストがボトル全体にあしらわれた、
見た目にもとても豪華で美しいシャンパーニュです。


2002 Cristal (Louis Roederer)
クリスタル(ルイ・ロデレール)


お次はドン・ペリニヨン等と並んで、
プレステージ・シャンパーニュの代名詞的存在、
ルイ・ロデレールの”クリスタル”です。
名前の通りキラキラとミネラルが弾けるような
鮮烈でシャープな味わいが特徴。


1999 Eric Rodez Ambonnay Pinot Noir
エリック・ロデス・アンボネイ・ピノ・ノワール


こちらは知名度はさほどではありませんが、
美味しいですよ。
レコルタン(自家でブドウ栽培から瓶詰めまで一貫して行う
小規模生産者)の雄、エリック・ロデスの
特級アンボネイ村産の
ピノ・ノワール100%の1999年ものです。
黒葡萄(ピノ・ノワール)由来のベリー風味と、
大柄でありながら整った味わいの構成が魅力。


1990 Grande Anne (Bollinger)
グラン・ダネ(ボランジェ)


ジェームズ・ボンドのお気に入り、“グラン・ダネ”の
最良年1990年ものです。
ボランジェは、クリュッグと並び
重厚で風格ある味わいの銘柄。
個人的には最も好きなメゾンです。


1990 Krug
クリュッグ


お待たせしました!
プレステージ・シャンパーニュと言えばこれ!
シャンパーニュ・メゾンの最高峰クリュッグ。
卓越したブレンドのマルチヴィンテージ・キュベが
同社のスタンダードですが、
特に素晴らしいヴィンテージは、単一年でリリースされます。
やっと飲み頃に入った1990年ヴィンテージ。
ご期待ください!


N.V. Krug Rose
クリュッグ・ロゼ


フィナーレはまたしてもクリュッグ!
しかもレアなロゼ・シャンパーニュ!
どこまでもどっしりと重量級。かつ品格ある香り。
これはほとんどシャンパーニュであってシャンパーニュでない?
ブルゴーニュのグラン・クリュが発泡しているような??
とにかく一度お試しください!!


いかがでしょう?
これだけのシャンパーニュが一度に飲める機会、
そうはございません。


お申込みはどうかお早めに!!

【ワイン会ワイン紹介】その3
4月18日(月)開催の渋谷店ワイン会
トリを飾る2本のご紹介です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1964 Chateau Pichon Longueville
   Comtesse de Lalande
シャトー・ピション・ロングヴィル・
   コンテス・ド・ラランド


ボルドーでも極めて人気が高く、
そして舌を噛みそうな長い名前の、ピション・ラランドの古酒です!
ポイヤック村にしては珍しいメルロ比率高めのつくり、
華やかな味わい(とかっこいいラベル)で人気のシャトー、
ちなみに今回の64年ものはネゴシアンラベルです。

1964年は一般的にはそこまで評価の高い年ではありあせんが、
マイケル・ブロードベントの本では☆4つで高評価、
ラランドも☆4つで高評価。
私自身未飲ですが、ボトルコンディションも上々ですし、
これは期待できそうです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1962 Chateau Margaux
シャトー・マルゴー


トリは5大シャトーの半世紀近くを経た古酒!
1962年は良年です。

5大シャトーの中でも最も人気の高いマルゴー。
端正な味わいで「女王」と呼ばれます。

偉大なシャトーの偉大なる所以は、
その熟成した時の味わいの凄味に顕れます。
5大シャトーは素晴らしいものなら100年飲めますから!

淡いのに、どこまでも華やかで、甘さと錯覚するようなやさしい風味、
飲んだらホロリと涙してしまうかも
(↑私の味わい予想です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上3回にわたりまして、ワイン会登場ワインの
ご紹介をいたしました。
いかがでしたでしょうか。

それでは18日(月)にお待ちしております!

しのはら

【ワイン会ワイン紹介】その2
4月18日(月)の渋谷店開催ワイン会
ご紹介の続きです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1982 Chateau Montrose
シャトー・モンローズ


続いて登場するのは20世紀で最も偉大なヴィンテージ、
1982年ものの、モンローズです。
(他に20世紀を代表すると言われるヴィンテージとして、
1900年、1928年、1945年、1961年などがあります)

シャトー・モンローズは格付け2級ですが、
古典的な作りで、時に1級を凌駕する事があります。
サン・テステフ村にある二つの2級の一つですが、
味わいは隣のポイヤック村の
5大シャトーの一角、シャトー・ラトゥールに
似ているとよく言われます。
質実剛健、という言葉がよく似合うシャトー。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1982 Chateau Ducru Beaucaillou
シャトー・デュクリュ・ボーカイユ


こちらも格付け2級ですが、味わい的に2級でも上位に位置し、
スーパーセカンドとも言われるシャトーです。
サン・ジュリアン村らしい、精緻で、バランスの整った、
美しい味わい。優しい品のいい香りが特徴です。
ラベルも素敵ですよね。
個人的に好きなシャトーのひとつです。

この二つの1982年ものの飲み比べは、
考えただけでもワクワクしますね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<つづく>

【ワイン会ワイン紹介】その1
4月18日(月)開催のワイン会で、
登場するワインをご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2004 Y (Chateau d'Yquiem)
   イグレック(シャトー・ディケム)


まずは白ワインです。
「Y」はフランス語では「イグレック」と読みます。

世界最高の貴腐ワインとして、
甘口ワインの世界に君臨する、シャトー・ディケム、
そのシャトー・ディケムが極少量生産する、
辛口がこの、イグレックです。
辛口とはいえ実際は中辛口といった感じで、
その緻密な味わい、素晴らしい香りのみならず、
他のボルドーブランとは一線を画す個性があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

1993 Chateau Mouton Rothschild
シャトー・ムートン・ロートシルト


お次は5大シャトーのひとつ、ムートンが登場!
原則不変とされてきた1855年の格付けを打ち破り、
1973年に2級から1級に昇格を果たした、
唯一のシャトーです。
毎年ラベルが変わることでも有名なこのシャトー、
1993年はバルテュスが描いています。
この1993年にラベルには一悶着あったのですが、
それはここでは省略しますね。
高いカベルネ比率と好ましい新樽風味による、
豪華絢爛なつくりが特徴ですが、
この1993年は例年よりはやや穏やかなつくりでしょうか。
すでに飲みごろで上品なブーケが漂います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<つづく>

【4月はボルドー♪】カベルネに酔いしれるワイン会
毎月一度のお楽しみ、
シノワ渋谷店ワイン会。

毎回テーマを掘り下げて
素晴らしいワインを一度に飲み比べ、
ワイン好きにはたまらないイベントです。

4月は18日(月)に開催。
現在お申込み受付中です!
以下のラインナップをご覧になって、
ピン!と来たら、
お気軽にお電話にてお問い合わせください。
お待ちしております!

シノワ渋谷
03-5457-2412


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆4月18日(月)シノワ渋谷ワイン会☆
「ボルドー、カベルネの偉大な表現力」



2004 イグレック(シャトー・ディケム)
1993 シャトー・ムートン・ロートシルト
1982 シャトー・モンローズ
1982 シャトー・デュクリュ・ボーカイユ
1964 シャトー・ピション・ロングヴィル・
   コンテス・ドゥ・ラランド
1962 シャトー・マルゴー


各60奸
コース料理つき
(前菜、メイン、デザートをお選び頂くプリフィクス3皿)
27,800円(税込、サービス料別)

※お好きな時間にご来店頂き、それぞれのテーブルにてご自由に
 お楽しみください。ただしワインは18時に抜栓いたします。
※定員12名様です。おひとり様より承ります。
※当日、ワインのコンディションによっては同等クラスの別銘柄と
 交換させていただく場合もございます。
 予めご了承ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回のワイン会のテーマは、「ボルドー、メドック」
言わずと知れたフランス2大銘醸地のひとつ、
ボルドーの中でも、いわゆる「左岸」のワインを集めました。
5大シャトーを始め有名シャトーがひしめく
世界屈指のワイン産地です。

ここの主役のブドウは何と言ってもカベルネ・ソーヴィニヨン。
今や世界中で栽培される国際品種ですが、
その故郷はここ、ボルドー、メドック地区です。
若いうちは渋み、酸味が強く、飲みにくいこともあるこの品種ですが、
卓越した熟成能力をもち、
飲みごろのワインは何とも言えない品格のある香りを放ちます。

今回は5大シャトーのうち2つが登場。
しかもマルゴーは1962年もの!
他にもスーパーヴィンテージ1982年の
モンローズとデュクリュ・ボーカイユの飲み比べなど、
見どころ(飲みどころ?)満載です!!

各ワインのご紹介はまた後日いたしますね♪

篠原


【もう2度と出会えないワインばかり!】渋谷店年末ワイン会B
年内最終営業日の12月30日、
毎年恒例の年末スペシャルワイン会、
2プラン開催されます。

プランAは前回ブログでご案内した
2006年D.R.C.全アイテム。

そして、今回ご案内するこのプランBは、
この機会を逃したらもう絶対に飲むことが出来ない、
超レアな古酒ばかり7本です!

この機会を絶対にお見逃しなく!!

年末スペシャルワイン会 プランB
選ばれしワインのみが到達する「熟成のその先」


1970 ボンヌ・マール(ヴォギュエ)
1970 ミュジニー(ヴォギュエ)
1963 ミュジニー(ヴォギュエ)
1950 シャトー・ラフィット・ロートシルト
1950 シャトー・ラトゥール
1929 シャトー・オー・ブリオン
1928 シャトー・シュヴァル・ブラン

7Glassセット 99,800円 (各60cc)


日時:12月30日(木)
時間:お好きな時間にどうぞ
   (但しワインは18時に抜栓します)
料金:99,800円(消費税込み、サービス料別)
   ※お料理はつきません
定員:12名様 お一人様より承っております


お問い合わせ、お申込みはTELにてお気軽にどうぞ!
シノワ渋谷 03-5457-2412
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<登場ワインのご案内>
まずは、40年以上の熟成を経たブルゴーニュを3本。
造り手はすべて、コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ。
1972年まで至高のワインを造り続けていた伝説的なドメーヌ。
そのワインは、現在のそれとは明らかに異なります。

1970年物の、たいへん熟成能力が高い特級畑「ボンヌ・マール」と、
栄光に包まれた偉大なる特急畑「ミュジニー」を並べて、
そこに、非常に珍しい1963年物のミュジニーも加えて、
贅沢すぎる水平&垂直試飲の出来上がりです!

1970 Bonnes-Mares (Comte Georges de Vogue)


1970 Musigny (Comte Georges de Vogue)


1963 Musigny (Comte Georges de Vogue)

・・・・・・・・・・・・・・・・・
続いて舞台はボルドーへ。
1950年ものを並べて2本。
ボルドー・メドック地区の格付け第一級シャトーの筆頭、
シャトー・ラフィット・ロートシルトと、
ラフィットと人気を2分するシャトー・ラトゥール。
永遠のライバルといわれるこの2シャトーの、
還暦対決!!

1950 Chateau Lafite Rothschild


1950 Chateau Latour

・・・・・・・・・・・・・・・・
そして今年のトリを飾るのは、
20世紀の神話、
連続するスーパーヴィンテージの1929年と1928年物です!
1929年は優雅でフィネスに富むヴィンテージ。
1928年は豊潤さを極めたヴィンテージと言われています。
ただ実際に飲むチャンスは滅多にありません!
それを2本並べて飲めるなんて!!
造り手も超一流です。
1929年はシャトー・オー・ブリオン。
1928年はシャトー・シュヴァル・ブラン。
ご用意する私たちもワクワクしています!!

1929 Chateau Haut Brion


1928 Chateau Cheval Blanc

・・・・・・・・・・・・・・・
2010年も色々なワインとの出会いがあったかと思います。
その最後の1ページに、
一生色褪せない素晴らしい7本との出会いを、
ぜひお加えください!!
シノワ渋谷でお待ちしております。

【ロマネ・コンティを飲めます!】年末スペシャルワイン会のご案内1
12月30日(木)は、シノワ渋谷の年内最終営業日となります。
そして、この日は、毎年恒例、シノワ最強のイベント
☆年末スペシャルワイン会☆
を開催します!

この日開催されるワイン会は2プランございます。
今回はそのうちプランA
「2006年D.R.C.の全貌」のご案内を致します。

年末スペシャルワイン会 プランA
2006年D.R.C.の全貌


2006 モンラッシェ
2006 ヴォーヌ・ロマネ・1級
2006 エシェゾー
2006 グラン・ゼシェゾー
2006 ロマネ・サン・ヴィヴァン
2006 リシュブール
2006 ラ・ターシュ
2006 ロマネ・コンティ
(すべてドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)

8Glassセット 99,800円 (各60cc)


そう、今年ももちろんプランAはD.R.C.です!
(D.R.C.とは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの略)
オーナーのヴィレーヌ氏も太鼓判のモンラッシェを含み、
良年のみ造られるヴォーヌ・ロマネ1級から
ロマネ・コンティまで、
すべてのアイテムを一堂に飲む機会は
シノワのお客様だけの特権です!

しかしなんと言っても、
ロマネ・コンティだけは機会があるごとに飲むべき!
まるで天上から聴こえてくるアリアのような美しさ、
そして究極の純粋さを是非ご堪能ください。
リリースから1年が経過し、
ワインのコンディションも落ち着きました。

さあ、この甘露で聖なる至高の液体を飲む機会を
お見逃しなく!

日時:12月30日(木)
時間:お好きな時間にどうぞ
   (但しワインは18時に抜栓します)
料金:99,800円(消費税込み、サービス料別)
   ※お料理はつきません
定員:12名様 お一人様より承っております



お問い合わせ、お申込みはTELにてお気軽にどうぞ!
シノワ渋谷 03-5457-2412
・・・・・・・・・・・・・・
<登場ワイン ご案内>
耳にタコ、かも知れませんが、
よろしければご覧ください☆

Montrachet

A・デュマが「脱帽し、ひざまづいて飲むべし」と言った
ご存知 世界最高の白ワイン。モンラッシェ。
D.R.C.のものはもちろんその中でも最高峰。

Vosne Romanee 1er
"Cuvee Duvault Blochet"


D.R.C.のヴォーヌ・ロマネ1級は良年のみ作られます。
特級畑の若木を中心としたブレンドです。

Echezeaux

D.R.C.のもつ特級畑のなかで、
もっとも早くから香りが開くのが、
このエシェゾー。

Grands Echezeaux

「深い森を散策する夢見がちな貴族」と喩えられる
D.R.C.のグラン・ゼシェゾー。
よく意味がわかりませんね…実際飲んでみるのが一番?

Romanee St-Vivant

ロマネ・サン・ヴィヴァンは
ロマネ・コンティの斜面下の特級畑。
明確なオリエンタルスパイスのニュアンスが際立ちます。

Richebourg

「百の花の香りを集めたような」リシュブール。
年によってはロマネ・コンティを凌駕することもある畑。
ここからがD.R.C.本命中の本命です!

La Tache

「ロマネ・コンティの腕白な弟」ラ・ターシュ。
ダイナミックな味わい。特有のカンゾウのニュアンス。
とてもファンの多いD.R.C.のモノポール(単一所有畑)

Romanee Conti

そして、そして、ロマネ・コンティ!
明らかに言えることは、
周囲のすべての畑の特質を兼ね備えた
「完璧な球体」といわれる全方位的なバランスのよさ。
あとは皆さんご自身で感じてみてください!





【渋谷店クロ・ヴージョワイン会】登場ワインのご紹介
毎月大好評のシノワ渋谷店、月イチのワイン会、
次回は10月18日(月)に開催です!

今回のワイン会のテーマは、「クロ・ド・ヴージョ」
そう、、フランス・ブルゴーニュ地方の最も名高い特級畑です。
たくさんいるクロ・ド・ヴージョの生産者の中でも
シノワ太鼓判の優良生産者の、
飲み頃の素晴らしいヴィンテージばかりを
ズラっと6種類!
並べてお楽しみください!

10月18日(月) 
『 特級畑クロ・ド・ヴージョの競演 』 

■2003 クロ・ヴージョ   (ルネ・アンジェル)
■2003 クロ・ド・ヴージョ (プリューレ・ロック)
■2000 クロ・ド・ヴージョ (メオ=カミュゼ)
■1989 クロ・ド・ヴージョ (アラン・ユドロ=ノエラ)
■1989 クロ・ド・ヴージョ (セルヴィル=タショ)
■1976 クロ・ヴージョ   (シャトー・ド・ラ・トゥール)
   各60cc
 
【コース料理付@22,600(消費税込)】
★時間  ご自由      
(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
★場所  シノワ渋谷店 
(各テーブルにてお楽しみください)
★定員 限定12名様

今回は、
登場するワインを1本ずつご紹介します。


2003 Clos-Vougeot (R.Engel)
クロ=ヴージョ(R・アンジェル)

ルネ・アンジェルはヴォーヌ・ロマネ村中心に素晴らしいワインを
造っていたドメーヌでしたが、
2004年に相続の関係でなくなってしまいました。
そのクロ・ヴージョはクロ・ヴージョの中でも最高の立地で、
あまたいるクロ・ヴージョの所有者の中でも
特に評価の高い生産者でした。
もうこれ以上生産される事のない極上のクロ・ヴージョです!



2003 Clos de Vougeot (P.Roch)
クロ・ド・ヴージョ(P・ロック)
ドメーヌ・プリューレ・ロックは、
D.R.C.(ロマネ・コンティ社)の2人の共同経営者のひとり、
アンリ・フレデリック・ロック氏が個人で手掛けるドメーヌです。
早くからビオディナミに取り組み、
濃密でありながらやさしさあふれる味わいは、
非常に魅力的です。



2000 Clos de Vougeot (Meo-Camuzet)
   クロ・ド・ヴージョ(メオ=カミュゼ)
人気のメオ=カミュゼもクロ・ヴージョの極上の区画を所有しています。
かつて「ブルゴーニュの神様」アンリ・ジャイエも
このメオ・カミュゼの小作人として
メオの畑でブドウ造りに励んでいました。



1989 Clos de Vougeot (Servelle-Tachot)
   クロ・ド・ヴージョ(セルヴィル=タショ)
現在アミオ・セルヴィルとして評価の高いドメーヌの
代替わりする前の名義です。
20年熟成した極上品。



1989 Clos de Vougeot (A.Hudelot-Noellat)
   クロ・ド・ヴージョ(A・ユドロ=ノエラ)
アラン・ユドロ=ノエラもやさしい上品なワイン造りで
人気のドメーヌです。
こちらもセルヴィル=タショと同じ89年産で
充分に熟成した味わいをお楽しみください。



1976 Clos-Vougeot (Ch.de la Tour)
   クロ=ヴージョ(Ch・ド・ラ・トゥール)
そしてトリは完全に熟成しきった
1976年のシャトー・ド・ラ・トゥール。
クロ・ヴージョの看板的なドメーヌです。
クロ・ヴージョの敷地内にシャトーをもち、
畑の中でワインを仕込むことができるのも
ここの強みです。



【渋谷店クロ・ヴ―ジョワイン会】早い物勝ち!
===シノワメールより転載===

シノワ渋谷店10月のワイン会のご案内です。
今回も皆さん大好きなフランス、
ブルゴーニュ地方の赤ワインをどうぞ。
コート・ドールでも最も由緒ある畑、
特級畑クロ・ド・ヴージョのみのワイン会です!
グラン・クリュばかりを6種類!
これは大変豪華な飲み較べですね。
華やかで高貴な香りの連続にクラクラしちゃいますよ!

クロ・ド・ヴージョは、
特級畑ミュジニィと、
グラン・エシェゾー、エシェゾーに隣接する
素晴らしい立地。
1113年、シトー派の修道士10数人がこの地に移り住み、
自分たちの畑を石垣(クロ)で囲んだのが、
この畑のはじまりです。
以来フランス革命まで、
シトー派の修道士たちの献身的な畑仕事もあって、
ロマネ・コンティ、シャンベルタンと並び、
ブルゴーニュ最高のワインと言われてきました。

よく出来たクロ・ド・ヴージョは、
力強さと優美さを兼ね備え、
全方位的にバランスのとれた味わいになります。

ただ、現在では80人もの所有者がいて、
どれを選んでいいかわからない・・・という、
選択に知識と経験が要求される
「やっかいな」畑でもあります。

でも、そこはご安心を。
今回のワイン会では、シノワ太鼓判の
クロ・ド・ヴージョのなかでも
選り抜きの生産者ばかりを揃えました!
ヴィンテージも良年ばかりですよ。

美味しい&知的に楽しいブルゴーニュワイン会。
毎回楽しく盛り上がっています。
今回もお申込みはお早目にどうぞ!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月18日(月) 

『 特級畑クロ・ド・ヴージョの競演 』 
      
ご予約・お問い合わせ  シノワ渋谷
TEL:03−5457−2412/info@chinois.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  【コース料理付@22,600(消費税込)】

■2003 クロ・ヴージョ   (ルネ・アンジェル)
■2003 クロ・ド・ヴージョ (プリューレ・ロック)
■2000 クロ・ド・ヴージョ (メオ=カミュゼ)
■1989 クロ・ド・ヴージョ (アラン・ユドロ=ノエラ)
■1989 クロ・ド・ヴージョ (セルヴィル=タショ)
■1976 クロ・ヴージョ   (シャトー・ド・ラ・トゥール)
     各60cc

★時間  ご自由      
 (但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
★場所  シノワ渋谷店
(各テーブルにてお楽しみください)
★定員 限定12名様
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆脳内で再現?分割前のクロ・ド・ヴージョ☆

クロ・ド・ヴージョの畑を語る上で、必ず登場するのが、
「クロ・ド・ヴージョは斜面上部から、
『教皇の畑』、『王の畑』、『修道士の畑』と
3つの区画に分けられ、
一番標高の高い『教皇の畑』が一番優れていて、
『修道士の畑』は特級のレベルに達していない」
といった類の話です。
確かに他のグランクリュとの位置関係や、
土壌の組成などをみれば、
『教皇の畑』が最上なのは明白でしょう。

しかし、ルロワのように斜面下部から
誰よりも素晴らしいクロ・ド・ヴージョを作る人もいます。
これが一筋縄ではいかないところであり、
また面白いところでもあります。


しかし、そもそも、このように
「良くも悪くも一つの畑の中にムラのある」
クロ・ド・ヴージョが
中世より長きにわたって、
「一分の隙もない」ロマネ・コンティと
並び称されていたのはなぜなのでしょう?

実は、これには勤勉なシトー派修道士の
卓越したブレンド技術によるところが大きかったのです。
修道士たちはおそらく、
クロ・ド・ヴージョ内の極小区画それぞれの
微妙な味わいの違いを熟知していて、
どんなヴィンテージでも安定して
完成度の高いワインに仕立て上げていたのでしょう。
クロ(石垣)の内側全部から熟練の手により作られる
「ただひとつのクロ・ド・ヴージョ」、
どんな味だったのでしょうね〜。

畑がたくさんの所有者に分割されてしまった現在では、
往時のクロ・ド・ヴージョの味わいを
伺い知ることは出来ませんが、
優秀な生産者による6本を
同時に味わう今回のワイン会では、
マスターブレンダーになった気分で、
クロ・ド・ヴージョのオリジナルの味わいを
脳内で再現していただくのも
知的な楽しみとして、アリかと思います。


もちろん難しい理屈抜きで、
文句なく美味しいワインばかりですので、
「旨いワインが飲めればそれでいい」という皆様も
絶対に大満足です!

おいしいブルゴーニュのワイン会は、
いつも
早い物勝ち!です。

お早目のお申込みをお待ちしております。


【シャルドネに浸る7月】渋谷店ワイン会のご紹介
毎月恒例の渋谷店月イチのワイン会。
テーマを決めて贅沢なワインを飲み較べ、
お食事もついて
とっても楽しく、お得なイベントです。

定員にすぐに達してしまう事もしばしば。
メルマガにて募集し、
先着順となりますので、
シノワメールにご登録して頂くのがご参加への近道です。
http://chinois.jp/mailmag.html

ただ、急な空きが出たりすることもございますので、
ご興味がおありでしたらお気軽にお問い合わせください。

7月は20日(火)に開催。
申し訳ございませんが、
今回も定員に達し、
現在キャンセル待ちのみ受け付け中です・・・

今回はブルゴーニュのシャルドネ、
一流生産者のよく熟成した
素晴らしい味わいをお楽しみ頂けます。
内容はコチラから↓
http://chinois.jp/shibuya/regulartasting.html

登場するワインの写真を
UPしておきます。


2005 シャブリ・モン・ド・トネル
   (フランソワ・ラヴノー)
コート・ド・ボーヌの最高の生産者にも
全くひけをとらない、ラヴノーのシャブリからスタート。



1997 ピュリニィ・モンラッシェ・クロ・デュ・カイユレ
   (ランブレイ)
赤の特級、クロ・ド・ランブレイを大部分所有する
ドメーヌが造るめずらしい白。



1997 ピュリニィ・モンラッシェ・ピュセル
   (ポール・ペルノ)
ピュリニィ最高の生産者が造る
バタール・モンラッシェすぐ隣の畑。



1993 ムルソー・ジュヌヴリエール
   (コント・ラフォン)
世界中のシャルドネ生産者の目標、コント・ラフォン。
ペリエールとともに彼を代表する畑のものを。



1990 シャサーニュ・モンラッシェ・カイユレ
   (ラモネ)
シャサーニュと言えばこの人。ラモネ。
最高のヴィンテージ90年。



1990 ピュリニィ・モンラッシェ・クラヴァイヨン
   (ルフレーヴ)
そして最後はピュリニィの盟主、ルフレーヴ。
90年の2本を並べてお楽しみください。


【今週はW杯で盛り上がり・・・】来週はワイン会で盛り上がりましょう!
こんにちは。

サッカーW杯、ついにはじまりましたね。
そして日本、何と白星発進!
いやー、めでたいです。

私(シノハラ)が優勝候補に推すアルゼンチンも白星発進で
どうやら期待がもてそうです。

でも毎日サッカーばかり見てると、
ちょっと他の事がやりたくなります。

来週月曜はポルトガル―北朝鮮、スイス―チリと地味なTV中継。
そこをピンポイントで突いて、渋谷店はワイン会開催です。

詳しいワイン会の内容は以前にもお伝えしたとおり。
http://blog.chinois.jp/?cid=4445

今回は登場するワインを画像付きでご案内します。


1999 Pommard Rugiens (Courcel)
クルセルは、濃密で力強い、
実にポマール好きの理想にかなったワイン造りをする
優良生産者。
そして最良年1999年のポマール最高の一級畑リュジアン。
一本目にして既にクライマックス的なワインです。


1995 Volnay Caillerets Clos des 60 Ouvrees
(Pousse d'Or)

ポマール最高の畑がリュジアンなら、
ヴォルネイ最高の畑は、このカイユレ。
そのカイユレの中のリュー・ディ(小区画)
「60ウーヴレ」を単独所有する、
プス・ドールの、ドメーヌのプライドをかけた作品がこれ。


1990 Pommard Grands Epenots (M.Gaunoux)
「きら星のように輝くポマールの造り手の中にあって、
ミッシェル・ゴヌーの名はなお燦然と輝いている」
(M・クレイマーの「ブルゴーニュワインがわかる」より)
この言葉がすべてでしょう。
ポマール最高の生産者。
畑はリュジアンに肉薄する一級畑のグラン・ゼプノです。


1990 Volnay Santonos du Milieu (C.Lafon)
ブルゴーニュを代表する白ワインのカリスマ生産者、
コント・ラフォン。
実は赤のヴォルネイも作っていて、
素晴らしい品質です。
サントノは行政区画的にはムルソー村なのですが、
ヴォルネイ・カイユレに隣り合い
ヴォルネイを名乗れる特例の畑。


1989 Pommard Les Vignes (Domaine Leroy)
D.R.C.(ロマネ・コンティ社)の元共同経営者にして
神がかり的なテイスティング能力と、
絶対に妥協を許さない気高いプライドの持ち主、
ラルー・ビーズ・ルロワ女史が
1988年よりスタートさせたドメーヌ・ルロワ。
今やそのワインは本当に入手困難になりました。
この機会を逃したらもう飲めないかも?


1988 Volnay Champans (M.d'Angerville)
トリはヴォルネイの盟主、
ダンジュルヴィユの一級畑シャンパンを。
この生産者のワインはヴォルネイ的なやわらかいタッチを持ちつつ、
しっかりしたストラクチャーも感じられます。
一級畑シャンパンは
鉄っぽいニュアンスを感じる特徴的な畑と言われています。


・・・いかがでしょう?
これだけ飲めて、お料理もついて、
18,500円は、相当お得かと思います。

ワイン好きなら、ハズせないイベントですよ!
お申込みはお早めに!!
↓にどうぞ。
info@chinois.jp
03-5457-2412

【仮想W杯決勝】シノワ渋谷店6月のワイン会のご案内
※メールマガジンより転載※

こんにちは。

毎月一度のお楽しみ、シノワ渋谷ワイン会のご案内です☆
今回のワイン会は、ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ地区において最高の赤ワインを産する
ポマールとヴォルネイの二つの村をフォーカスします。

6月21日 (月) 
『ポマールvsヴォルネイ、宿命のライバル対決
 W杯優勝国も分かるかも??』 
【コース料理付@18,500(消費税込)】


■1999 ポマール・リュジアン 
 (クルセル)
■1995 ヴォルネイ・カイユレ・ソワサント・ウーヴレ 
 (プス・ドール)
■1990 ポマール・グラン・ゼプノ 
 (ミッシェル・ゴヌー)
■1990 ヴォルネイ・サントノ・ド・ミリュー 
 (コント・ラフォン)
■1989 ポマール・レ・ヴィーニョ 
 (ドメーヌ・ルロワ)
■1988 ヴォルネイ・シャンパン 
 (マルキ・ダンジュルヴィユ)
各60cc
 
時間 ご自由(但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
場所 シノワ渋谷店(各テーブルにてお楽しみください)
定員 限定12名様
料金 表示の料金にプラス10%のサービス料を頂戴いたします。
※キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
☆☆☆『過小評価されている2つの村』☆☆☆
ブルゴーニュと言うと、どうしても
ロマネ・コンティやミュジニィ、シャンベルタンのある
コート・ド・ニュイ地区が真っ先に思い浮かびますね。
それは当然といえば当然かもしれません。
たいていレストランに行くとワインリストには
コート・ド・ニュイのワインがずらりと並んでいますしね。

いろいろなレストランに行くと、
同じように分厚いワインリストでも、
それぞれのレストランの特色、考え方が反映されていて、
見ているだけでも結構おもしろいものです。

シノワのワインリストは、
「知名度にとらわれず、おいしく、コストパフォーマンスに優れたもの」
という基準を重視していますが、
その結果か、よくよく見ると
随分と特徴的な部分がいくつかあります。
その一つに上げられるのが、
「ポマール・ヴォルネイがやたらと多い」と言う事です。
シノワでは、特にヴォルネイは
ヴォーヌ・ロマネやシャンボール・ミュジニィと同じくらい
充実しています。
特級畑はありませんが、
この二つの村は、本当に優れたテロワールに恵まれ、
優秀な生産者が多く、
実力ではブルゴーニュのトップクラスの村なのです。


☆☆☆『対照的な味わい』☆☆☆
よく、ポマールは「骨太で男性的な味わい」、
ヴォルネイは「優美で女性的な味わい」と言われますし、
実際どのワインを飲んでも、
本当にそう思えます。

ポマールは本当にがっしりとしていて、濃密。
最高の畑「リュジアン」になると
そこに畏敬の念を感じさせるような深みが加わります。
ヴォルネイは絹のように滑らかで、優雅。
最高の畑「カイユレ」は
その完璧なバランスで、実に「癒し」を感じさせてくれます。

コート・ド・ニュイ地区の
「ジュヴレ・シャンベルタン村」と
「シャンボール・ミュジニィ村」も
「男性的」、「女性的」とよく対比して語られますが、
この二つの村が比較的面積が大きく、
またモレ・サン・ドニ村という
中間的な味わいの村が両者の橋渡しをする事を考えると、
隣り合う、小さな、ポマール・ヴォルネイ両村の
味わいの落差は本当に驚くべきものがあります。
「テロワールが際立つ」という点において、
この二つの村に並ぶものはありません。


☆☆☆『ワインで仮想W杯決勝 ブラジルvsアルゼンチン』☆☆☆
実は私(シノハラ)、
サッカーW杯の優勝国を当てることに関しては
自信を持っております。

そこで、突然ですが、断言させて頂きます。
11日から開催のサッカーW杯、
優勝するのはズバリ、
「ブラジル」か「アルゼンチン」
です!

「スペインは?」「イングランド!」「オランダ・・・」
いろんな声が聞こえてきそうですが、
まあ、お待ちください。

こんなデータをご存知ですか?
データその1.
「W杯で欧州と南米以外の国が決勝に進出したことはない」
W杯は一ヶ月に及ぶ長丁場。
最後にものを言うのは総合力です。
当然といえば当然ですよね
今回も総合力で決勝進出まで行きそうな国は
欧州と南米以外に見当たりません。

そして大事なのが、データその2.
「W杯で過去に欧州以外の開催で欧州の国が優勝したことはない」
ヨーロッパの選手はヨーロッパ以外の国で長期間戦うことに
慣れていないですから、
実力を出し切れないんでしょうね・・・

という事で、今回は
「ブラジル」と「アルゼンチン」で決まりです!

そして、両国を見ると、
「ドゥンガ率いる、カカなど体格のいい選手を揃え、
フィジカルが強いブラジル」
・・・ポマールそっくり!
「マラドーナ率いる、メッシなど小柄でも
華麗なテクニックを持つ選手が多いアルゼンチン」
・・・ヴォルネイそっくり!
ではありませんか!!


と、いう訳で今回のワイン会は
「仮想・W杯決勝・ブラジルvsアルゼンチン☆」
という見方でもお楽しみいただけます!!

さしずめ
カカ → ミッシェル・ゴヌー
メッシ → マルキ・ダンジュルヴィユ
と言ったところでしょうか?

「ゴールを決めるのは、どのワインか?」
たまにはそんなバカバカしい事を考えながら
ワインを飲むのも楽しいですよ。

(※ちなみにワイン会の当日6月21日(月)の
サッカー中継は「ポルトガルvs北朝鮮」と
「チリvsスイス」の2試合ですので
見なくてOKです(笑))


皆様のお申し込みをお待ちしております!
‥‥‥‥‥・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◇当日、ワインのコンディションよって
は同等クラスのものと交換させて
いただく場合もございます。予めご了承ください。
  

【ヴォーヌ・ロマネ一級】七つも!並べてお楽しみあれ
月イチ恒例の渋谷店ワイン会。
毎回趣向を凝らしたワインの飲み比べをご提案しております。
ひとつひとつのワインももちろん素晴らしいものばかり。
お料理もついていて、大変お得な、楽しいイベント。
今月は、ブルゴーニュ、ヴォーヌ・ロマネ村のワイン7種の
おいしく楽しい飲み比べです!

☆3月の渋谷店ワイン会☆
<地球が生んだ奇跡の村 ヴォーヌ・ロマネ一級>
3月23日(火)開催

ワイン:ヴォーヌ・ロマネ村一級畑7種
・02 ヴォーヌ・ロマネ・レ・ショーム (メオ・カミュゼ)
・01 ヴォーヌ・ロマネ・オー・ブリュレ (M・グロ)
・01 ヴォーヌ・ロマネ・クロ・デ・レア (M・グロ)
・99 ヴォーヌ・ロマネ・レ・ブリュレ (ルネ・アンジェル)
・99 ヴォーヌ・ロマネ・レ・ルージュ (ジャン・グリヴォ)
・96 ヴォーヌ・ロマネ・レ・スショ (C・コトティド)
・82 ヴォーヌ・ロマネ・ラ・グラン・リュ (F・ラマルシュ)

各60cc
19,500円
お料理つき
お時間はご自由です。(但しワインは18時に抜栓します)

・・・・・・・・・・・・・・
ロマネ・コンティやラ・ターシュ、リシュブールだけが
ヴォーヌ・ロマネではありません!
「ヴォーヌに並のワインはない」とは
よく言われる言葉。
ここで産するすべてのワインが際立った味わいを持っています。
世界中のピノ・ノワールファンを虜にし、
世界中のワイン生産者を嫉妬させる
まさに「奇跡の村」なのです!

この村のワインは、
独特の甘美でエキゾチックな香りを持っていますが
一級畑のものは、
更にその畑独特の「テロワール」を
明確に感じることができます。

現在は特級に昇格した
「ラ・グラン・リュ」の古酒を含めた7本の
贅沢極まりない飲み比べで、
眩暈のするような香りに包まれつつ、
ヴォーヌ・ロマネの全体像に迫ってみてはいかがでしょう?

【ロマネ・コンティ!】こんなワイン会やってます
年内最後の営業日は、毎年恒例の
渋谷店年末スペシャルワイン会を開催!
ご予約で埋まってしまっているのですが、
こんなラインナップでやっております・・・

「参加したい!!」という皆様、
ワイン会のお申込みはメルマガの告知でほとんど埋まってしまいますので、
「シノワメール」にご登録頂くのが第一歩です。
http://chinois.jp/mailmag.html
・・・・・・・・・・・・
「年末スペシャルワイン会!」

「プランA 新しい伝説!2005年D.R.C.赤6種」


2005 エシェゾー
2005 グラン・ゼシェゾー
2005 ロマネ・サン・ヴィヴァン
2005 リシュブール
2005 ラ・ターシュ
2005 ロマネ・コンティ
    (すべてドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)

各60cc 99.800円 (税込、サ別)

「プランB ボルドー黄金時代の記念碑 赤6種」


1961 シャトー・ラフィット・ロートシルト
1959 シャトー・マルゴー
1959 シャトー・オーゾンヌ
1953 シャトー・ラトゥール
1947 シャトー・オー・ブリオン
1945 シャトー・シュヴァル・ブラン

各60cc 99,800円 (税込、サ別)

すごすぎて、説明のしようがありません・・・
年に一度はこういうワインを飲みたい!という皆様
ぜひメルマガご登録くださいね。

それでは、お身体にお気をつけて、よいお年をお迎えくださいませ。
今年一年シノワをありがとうございました。

来年は6日(水)からの営業となります。
来年もよろしくお願いいたしします。

【こんなワイン会やってます】ローヌの3大頂点
メルマガをお読みになって頂いてる皆様はご存知かとは思いますが、シノワ渋谷の10月のワイン会のご案内をさせていただきます。

ご存知ない皆様、シノワ渋谷では、だいたい月1回、ワイン好きならこれは!と思うワインを6本程度揃えて、お食事付きのワイン会を開催しております。

先着10名様限定、なのですが、メルマガの募集でたいていすぐに埋まってしまいます。
今年開催のワイン会は今のところすべて募集初日に定員に達してます☆
ちなみに次回は10月13日(火)開催です。
今月は久しぶりにローヌ地方のワインの飲み比べです。
内容はコチラ↓



☆ ローヌの3大頂点 ☆
 
■2002 エルミタージュ・ブラン・ド・ロレ (M・シャプティエ)<白ワイン>
■2001 コート・ロティ・グラン・プラス (J・M・ジェラン)
■2001 シャトーヌフ・デュ・パプ・キュベ・ローレンス (ペゴー)
■1995 エルミタージュ (J・L・シャーヴ)
■1992 シャトーヌフ・デュ・パプ (ラヤス)
■1992 コート・ロティ・ラ・ランドンヌ (ギガル) 
                          各70cc
 
 時間  ご自由      (但しワインは全て18:00に抜栓予定です)
 場所  シノワ渋谷店  (各テーブルにてお楽しみください)
 定員 限定10名様
 料金  19500円(プラス10%のサービス料を頂戴いたします。)

ギガルのランドンヌ、
ラヤスのヌフ、
シャーヴのエルミタージュが飲めて、
(しかも飲み頃)
お食事もついて、この値段!

手前味噌になりますが、そりゃ予約も一日で埋まるというもの。

私も参加したい〜っ!という、皆様!
メルマガに登録するのが、一番の近道です・・・

メルマガ配信はシノワHPからご登録可能です。
ご興味おありでしたら、是非ご登録ください☆
http://www.chinois.jp/mailmag.html

シノハラ



 

ワインバー